【AGA】前頭部のハゲの原因と対策法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

生まれつきに額が広い人もいれば、毎日鏡でチェックしているからこそ微妙な変化には気づきにくいものです。

もしあなたが日常で次のように思った場合は薄毛のサインかもしれません。

  • ソリコミ様な髪の薄毛が出てきた
  • 横から見ると前髪に薄毛がある
  • 前髪にある髪が産毛のようなものが増えた
  • 前髪がまばらになってしまった

このような症状がみられた場合それはAGAであるかもしれません。

しかもAGAによる薄毛は進行性のものですので初期症状の段階で対策をする事が懸命です。

前頭部の薄毛に悩んでいる人の薄毛の原因の95%はAGAによる薄毛なんです

前頭部の薄毛には色々あります。

  • 初期段階のソリコミのような薄毛
  • さらに症状がすすんだM字のハゲ
  • 更に深刻なU字はハゲ

段階によって色々な呼び方で呼ばれています。

呼び方は薄毛のタイプ別に沢山あれど、これらの薄毛に悩む人のおよそ95%はAGAが原因なんです。

AGAに発症していった髪の毛は2~6年あったヘアサイクルが徐々に短くなってしまい、最後には1年未満ととても短い期間ヘアサイクルになってしまいます。

そして本来よりも早い段階で抜け落ちてしまいます。

ではこのAGAは放置しておいて心配はないのでしょうか?

 

AGAは進行していきます

AGAは放置しておいて治ることは基本的にありません。

それどころかドンドン症状は悪化していってしまいます。

また症状が軽い時のほうがAGA治療によって回復の可能性が高いですし、もう生えないと諦めている頭皮からも毛根細胞が生きていて発毛する可能性があります。

加えて治療の

  • コスト
  • リスク

も初期段階でいくと低くなります。

 

あなたの薄毛はAGAですか?AGAチェックリスト

こんな人の前頭部薄毛はAGAの可能性が高いです。

  • 近い親族が薄毛
  • 髪の毛が細くなってきた
  • 人から薄毛を指摘される
  • お風呂の排水講の抜け毛が多くなった(200本以上目安)
  • 枕もとの抜け毛が多くなった

この項目が当てはまる人の前頭部薄毛は高い確立でAGAです。

出来るだけ早い段階で対策しましょう。

 

前頭部のAGAはこんな症状です

AGAは遺伝的な要素が薄毛の原因として可能性が高いです。

AGAの原因は脱毛酵素5αリダクターゼなのですが、直接ヘアサイクルを乱すのは男性ホルモンにこの5αリダクターゼが作用して変化させた脱毛ホルモンのDHTです。

脱毛ホルモンのDHTが働きかけた毛根細胞は「死んだ状態」と判断されてしまします。

その様に判断された毛根細胞は血液から栄養をもらうことができず、髪の毛は「細く短い状態」になってしまいます。

そして、最終的に2~6年間あるはずだった髪の成長期は1年未満と恐ろしく短いスパンで抜け落ちてしまいます。

髪の生え変わりの回数にも限りがあり一般的に15回~20回といわれています。

少なくとも2年間あるはずだったこの成長期が1年未満で抜け落ちてしまうことはとても恐ろしいことですし、毛根細胞が加速度的に死んでしまうことが分かると思います。

  • 軟毛化はAGAの影響を受けにくい後頭部の髪の毛と比較してチェックしましょう。
  • 生え際の後退は自分で気づいた時はもう手遅れということが頻繁にあります。近い親族で薄毛の人がいる場合は病院でも自宅でキッドを使っても遺伝子検査が出来ますので、一度やってみることをオススメしています。

AGAの前頭部薄毛の症状と治療のタイミングは分かってもらえたと思うのですが、では具体的にどんな治療をすればいいのでしょうか?

関連記事:AGAについて

 

前頭部薄毛のAGA対策

AGA治療には大きく分けて、

  • 医療機関で診療を受ける方法
  • 個人輸入で薬だけをとり寄せて自分で対策していく方法

があります。

どちらも共にオーソドックスな方法として

  1. AGAの進行を止めるフィナステリド系の薬
  2. 髪の毛に発毛力を取り戻させるミノキシジル系の薬

の2つの種類のお薬を飲むことで対策していきます。

  • 医療機関でAGAを治療する場合
  • 個人輸入した薬でAGAを治療する場合

どちらも互いにメリットデメリットがあります。

医療機関AGAの治療をする場合のメリット

  • あなたのデータを取りながらやってくれるので安心安全
  • 薬の調節をしてくれる

デメリット

  • 費用が高い(月に2~3万かかります。)
  • 安全が第一ですので時間がかかる

個人薬を輸入してAGA対策をする場合のメリット

  • コストが安い(1/10の値段になることもあります。)
  • 早く始められる

デメリット

  • 自己責任

それぞれの薬には効き目が高いものが使用されています。

しかしその反面副作用もありますので気をつけてください。

 

まとめ

前頭部の薄毛は進行していく可能性が高いです。

また生え際は末期になると隠すのもとても難しくなります。

その為、是非初期症状の段階で対策をしましょう。

また近い親類で薄毛の人がいた場合は遺伝子検査をして自分がAGAの遺伝子を持っている事を自覚しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る