ザガーロってどんな薬?AGAに効果はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ザガーロ」とは2016年6月13日発売された男性型脱毛(AGA)治療薬ですが、

今回はこの「ザガーロ」とはどんなお薬でAGAに効果はあるのかなどを調べていきたいと思います。

ザガーロのはじまり

ザガーロには、「デュタステリド」という有効成分が配合されていて、そもそもこのお薬は、薄毛治療のために開発されたのではなく「前立腺肥大症」の治療用成分として開発されたものでした。

前立腺肥大症の治療薬として使われていた際の名称は「アボルブ」でしたが、そのアボルブに薄毛改善効果があることがが判明し、それを元に薄毛治療薬としてザガーロが作られました。

前立腺肥大症には、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが関係しているのですが、男性型脱毛症にもジヒドロテストステロンが関係しているので同様に効果が得られるものです。

関連記事:デュタステリド

ザガーロの効果&効能

脱毛部位の頭頂部や前頭部において、治療前と比べて太く長い増毛効果があるとされています。

男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)」に還元する5α還元酵素という物質は、「ⅰ型」と「ⅱ型」の2種類があることが分かっています。

この酵素へのアプローチの仕方がデュタステリド「ザガーロ」とプロペシア(フィナステリド)との大きな違いです。

プロペシア(フィナステリド)は、5α還元酵素のⅱ型のみを阻害するが、デュタステリド「ザガーロ」の場合には5α還元酵素のⅰ型とⅱ型の両方を阻害することができます。

そうなると、ⅰ型とⅱ型の両方を阻害するデュタステリド「ザガーロ」の方が、AGA治療薬として発毛効果があるのではないか?とメリットを期待してしまいそうです。

しかしながら、一概にはそうとも言えないないものがあり、5α還元酵素のⅰ型は「全身」の毛乳頭細胞中に存在していますが、5α還元酵素のⅱ型はAGAで薄毛の症状が出る「頭頂部」や「前頭部」の毛乳頭細胞中に存在しています。

このことから、AGAに関連性が高いのは5α還元酵素のⅱ型であるということが明らかになり、デュタステリドでⅰ型を阻害できたとしても、プロペシア(フィナステリド)と比較した場合には、AGAの改善にどれだけの発毛効果が出るのかは未知数といえるでしょう。
 

ザガーロの種類

ザガーロの販売元は、東京に本社を持つ「グラクソ・スミスクライン株式会社」で、医薬品に分類されていて

・ザガーロ カプセル0.1mg
・ザガーロ カプセル0.5mg

の2種類のお薬が販売されています

この2種類のお薬の違いは、有効成分デュタステリドの配合量によるもので、カプセルタイプになって1日1回1錠を水と一緒に服用します。

用法容量を守ることが大切ですが、飲む時間帯は特にないものの「24時間おきに飲む」必要があるので、ご自身の生活サイクルの中でのだいたいの服用する時間を決めておくのがオススメで、これにより習慣づけられるので飲み忘れがなくなるでしょう。

ザガーロの服用により効果の現れ方は個人差があり、3か月で効果が現れる方もいますが6か月間くらい服用を継続しなければならない方もいます。

また、やっと髪の毛が生えてきて発毛の効果を実感したところで、もういいやとお薬を切り上げてしまうと、髪の毛の状態が服用前に戻ってしまうという悲劇が待っています。

また、お薬だけに頼ることなく、普段の生活から食事や睡眠時間やストレスを見直し改善することで、更に発毛効果を促すことが可能となりますので生活習慣の改善にも努めましょう!

 

ザガーロの服用で注意すべき点

どのお薬でもそうですが、副作用やリスクが伴うのでよく考えてからスタートしましょう。

また、肝臓病を患っている場合や、持病がある場合は副作用が出る恐れがあるので、医師と相談しながら服用しましょう。

服用できるのはプロペシアと同じく、成人男性のみで女性や子どもが服用すると体に悪影響を及ぼす危険性があります。

妊娠中や妊娠の可能性がある女性には、胎児に悪影響を及ぼす危険性があるので取り扱いや服用の際は十分な注意が必要ですし、子づくりの計画があるご家庭では計画的にスタートされるのが重要です。
 

まとめ

ザガーロは、「デュタステリド」という有効成分が配合されていて、そもそもこのお薬は、「前立腺肥大症」の治療用成分として開発されたものでした。

前立腺肥大症には、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが関係しているのですが、男性型脱毛症にもジヒドロテストステロンが関係しているので同様に効果が得られます。

男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」に還元する5α還元酵素という物質は、「ⅰ型」と「ⅱ型」の2種類があり「ザガーロ」の場合には5α還元酵素のⅰ型とⅱ型の両方を阻害することが可能とされています。

脱毛部位の頭頂部や前頭部において、治療前と比べて太く長い増毛効果があるとされているので、AGAの治療にはかなり効果が期待がもてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る