頭頂部がハゲてくるのはAGAの特徴なの?

       
  • 公開:2018/5/25 更新:2018/5/31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何だかヘアスタイルがきまらない」
「髪の毛のボリュームがなくなってきたような気がする」

など感じて、頭頂部に鏡をあてて見てみると、そこで初めて髪の毛が薄くなっていることに気がついて、「早く何とかしなければ!!」と考えたら放っておかずに抜け毛や薄毛の対策をスタート!です。

抜け毛や薄毛は時間とともに進行していくもので、早めの治療で改善の道へとつながって行きます。

さて今回の記事では、頭頂部がハゲてくるのはAGAの特徴なのかを探っていきたいと思います。

頭頂部のハゲはAGA?

髪が抜けるのは自然な事

頭頂部からハゲになった場合、「AGA(男性型脱毛症)」の可能性があり、AGAは、男性ホルモンの働きによって発症する脱毛症なので、男性ホルモンの影響を受けやすいとされている

・頭頂部(つむじ)
・おでこの生え際

から毛が薄くなっていきます。

人間の髪の毛はのサイクルは、毛周期と呼ばれる「髪の毛が生えてから抜けるまで」を繰り返しているので、髪の毛が抜けるのは自然なことなのです。

進行性脱毛症とは

しかしながら、成長のサイクルである毛周期が乱れてしまうことにより必要以上に抜けてしまうのは困りものです。

AGAになると正常な毛周期がキープできずに、成長して行く段階でどんどん髪の毛が抜け落ちてしまいます。

髪の毛を生やすために必要な毛母細胞には限りがあるので、抜け落ちていくほどに新しく生えてくる髪の毛の本数は減少の一途をたどって行きます。

また、AGAは「進行性の脱毛症」なので、自然に治ることはないですし放っておけば放っておくほど手遅れになったり、治るまでに時間やお金を要することになってしまいます。

 

AGAの原因とは?

男性ホルモンの関係や遺伝が原因と考えられていて、進行するという特徴があるので、強いストレスなどが原因で一時的に髪の毛が抜け落ちてしまうものとか円形脱毛症などとは別のものです。

ストレス性のものであればストレス軽減されれば、髪はまた元のように健康的に元気を取り戻しますが、AGAの場合はストレスがなくなっても変化はなく、少しずつ髪が細く薄く軟弱になっていきます。

関連記事:AGAについて

 

頭頂部の薄毛がもしも「AGA(男性型脱毛症)」だったら?

AGAの症状を改善するためには、投薬によって「ジヒドロテストステロンの働きを抑制」することがおススメです。

そして、そのお薬のおススメは三種類ですが、それぞれを見ていきましょう。

 

AGA(男性型脱毛症)の治療薬

AGA治療薬は以下の通りとなります。

プロペシアフィナステリド
・ザガーロ(デュタステリド
・外用ミノキシジル

プロペシア(フィナステリド)

プロペシアに含まれている有効成分は「フィナステリド」で、AGA(男性型脱毛症)の進行を遅らせることが目的とされています。

世界で初めてAGA治療薬として開発され、全世界60カ国で認可されていて最も使用されているAGA治療薬の一つで、日本国内では「ジェネリック医薬品」での販売もされています。

いつでも服用できるお薬ですが、次の服用までは24時間ほど置くことが望ましいとされているので、毎日決まった時間に継続して飲むことがおススメです。

⇒プロペシアの本日の最安値はコチラ!
 

ザガーロ(デュタステリド)

ザガーロに含まれている有効成分は「デュタステリド」で、ザガーロは2015年9月に厚生労働省から認可され、翌年2016年6月に販売が開始されたばかりのAGA治療薬です。

デュタステリドは、もともとは「前立腺肥大症(BPH)の治療薬」として使われていた成分で、前立腺肥大症の治療薬として100ヶ国以上で認可されているものです。

プロペシア同様にいつでも服用できるお薬ですが、次の服用までは24時間ほど置くことが望ましいとされているので、こちらも時間を決めて継続して飲むのがおススメです。

ミノキシジル

ミノキシジル外用療法は、「男性型脱毛症診療ガイドライン」にて、「AGA治療の第一選択薬」として推奨されていて、患部に直接塗れるところがお手軽で使いやすいところです。

もともとミノキシジルは、血管を拡張させる働きがあり高血圧の方が服用する内服薬として使用されていて、その投薬による治療患者に多毛症が見られました。

このことで、ミノキシジルが発毛に効果があることが判明し、AGA治療として用いられるようになりました。

育毛効果を実感するまでには、6ヶ月ほどはかかるとされているので気長な継続が必要となります。

 

まとめ

頭頂部からハゲになった場合、「AGA(男性型脱毛症)」の可能性があります。

AGAは、男性ホルモンの働きによる脱毛症なので、男性ホルモンの影響を受けやすい

・頭頂部(つむじ)
・おでこの生え際

から毛が薄くなっていきます。

AGAは自然に治らない進行性の脱毛症なので、放置しておくとどんどん薄毛が進んでしまいますが、今回ご紹介したように科学的に効果が認められている治療薬があるので、それらを用いて早め早めの治療で対策&改善をしていきましょう!

関連記事:AGA治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る