セロトニンという言葉を最近よく耳にしませんか?

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、心を安定させてくれる働きがあります。

実は、このセロトニンは精力にも大きな影響を与えます。

セロトニンが不足すると、EDになってしまうこともあるんですよ。

そこで、今回は、

  • セロトニンと精力の関係
  • セロトニンを増やす方法

についてお伝えします。

 

セロトニンってどんな物質なの?

セロトニンは、体内の様々な生理反応を調節する生理活性物質の一つです。

神経伝達物質としてだけではなく、ホルモンとしても働き、別名「幸せホルモン」などとも呼ばれています。

セロトニンは、

  • 脳内では約2%のみ存在
  • 約90%は腸内に存在

するとされています。

しかし、腸内で合成されたセロトニンは、脳まで届けることができないため、直接脳の神経には働きかけません。

そのため、脳と腸のセロトニンは別で考えなければいけません。

精力と深く関係するセロトニンは脳内セロトニンですので、

今回は、脳内セロトニンに的を絞ってお伝えします。

 

セロトニンが不足するとどうなるの?

脳内のセロトニンが不足すると、次のような症状が起こるようになります。

  • 睡眠障害
  • 精神が不安定になる
  • 自律神経のバランスが乱れ交感神経優位の状態が続く
  • 姿勢が悪くなる
  • 痛みを感じやすくなる

そのため、セロトニン不足は、

  • うつ病
  • 慢性疲労症候群
  • 睡眠障害
  • 自律神経失調症
  • 不安障害

などの病気のリスクを高めると考えられています。

精神疾患の治療薬には、

選択的にセロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内のセロトニンを増やす働きをするSSRIなどの抗うつ薬が広く用いられているんですよ。

 

セロトニンが不足する原因はストレスにあり

セロトニンが不足するのは、様々な原因が挙げられますが、大きな悪因となるのが「ストレス」です。

ストレスを感じる状態が長期間続くと、ストレスホルモンでコルチゾールを分泌するストレス防御反応が起きます。

実は、このストレス反応の活性化がセロトニンの分泌を抑制してしまうのです。

つまり、ストレスを慢性的に感じていると、脳のセロトニンは不足しやすくなるんですよ。

 

自律神経を整える!セロトニンの働きと精力の関係

不足すると心身に様々な影響を及ぼすセロトニンですが、

それでは、具体的にどのような働きを持っているのでしょうか?

また、セロトニン不足はEDの原因になるのですが、それはどうしてなのでしょうか?

 

セロトニンの働き

セロトニンは、神経伝達物質やホルモンとして様々な生体反応の制御に関わっています。

セロトニンが適切に分泌されることで得られる作用には、次の5つが挙げられます。

  • 自律神経のバランスを整える
  • 精神を安定させる
  • 脳を最適な状態に目覚めさせる
  • 若々しい姿勢を保つ
  • 痛みを緩和する

つまり、体と心のバランスをちょうどいい最適な状態に整えてくれるのが、セロトニンの働きなのです。

 

セロトニン不足はEDを発症させる?!

セロトニンと精力との関係では、自律神経の調整作用がキーポイントとなります。

セロトニンには、過剰に活性化した交感神経を抑制して、

  • 交感神経
  • 副交感神経

のバランスを整える働きがあります。

勃起するためには、副交感神経が優位の状態になって、血管を拡張することが必要です。

しかし、セロトニンが不足して自律神経の調整ができなくなると、

交感神経が優位な状態が続いてしまい、勃起できなくなってしまうのです。

EDの予防・改善のためには、セロトニンを増やしてセロトニン不足を解消しなければならないんですよ。

参考:
https://medicalnote.jp/

http://chuoh-clinic-osaka.com/

 

今すぐできる!セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やすのは、何も難しいことをする必要はありません。

実は、今すぐにでもできるとても簡単な方法で、セロトニンの合成を活性化させることができるんですよ。

セロトニンを増やすのに効果的な方法は、次の4つです。

  • 牛乳を飲む
  • 30分のウォーキングをする
  • 起き抜けに日光を浴びる
  • スキンシップでオキシトシンを増やす

 

牛乳を飲む

セロトニンを増やすためには、セロトニンの材料となるトリプトファンを摂取しなければなりません。

トリプトファンは肉や大豆食品に含まれていますが、牛乳に豊富に含有されています。

牛乳はアーユルヴェーダでも精力アップに効果的な食材だと考えられているため、一石二鳥の効果を得ることができますよ。

ただし、飲みすぎには注意しましょう。

 

30分のウォーキングをする

セロトニンの分泌を活性化させるのに有効なのが、リズム運動です。

精力アップに有効なリズム運動としておすすめなのが、ウォーキングです。

ウォーキングは、有酸素運動でもあるのでEDの原因にもなるメタボの解消にも一役買います。

ウォーキングをするときのポイントは、リズムに集中するために、朝の静かな時間や公園などで行うといいですよ。

 

朝起き抜けに日光を浴びる

日光によって目の網膜が刺激されるとセロトニン合成が活発になることが分かっています。

一方で、日光に当たらない生活はうつ病などのリスクを高めます。

朝の日光浴は自律神経の切替えにも有効ですので、

朝起きたら一番にカーテンを開けて、日光を取り込むようにしましょう。

 

スキンシップでオキシトシンを増やす

ストレスを緩和してくれると近年注目されているオキシトシンは、セロトニン分泌にもプラスに働いてくれます。

オキシトシンは、ハグなどのスキンシップによって分泌が促進されます。

愛する人とスキンシップをとって、オキシトシンを増やし、セロトニンの分泌量を高めてくださいね。

 

まとめ

脳内のセロトニンは、自律神経を整え、心身をちょうどいい状態に保ってくれます。

  • ストレス
  • 緊張

によって勃起力が低下した方は、セロトニンを増やす方法を取り入れてみてください。

セロトニンの分泌が適切になれば、心も体も精力も潤った生活を送れるようになりますよ。