普段の生活に「ちょい足し」するだけで精力が増大できたら、とても嬉しくないですか?

実は、そんな便利な食材が身近に存在するのです。

それが、しょうがです。

しょうがには精力アップに効く作用がたくさん詰まっています。

今回は、しょうがをちょい足しするだけで精力を増強できてしまうお得な情報をお伝えします。

 

精力アップに欠かせない!しょうがの3大効果

しょうがが精力アップに効果抜群なのは、しょうがには3つの大きな健康効果があるからです。

しょうがの3大効果とは、

  • 血流アップ効果
  • 体温アップ効果
  • 脂肪燃焼効果

です。

 

血流アップ効果

  • 勃起力を高めたり
  • 精子の質や量、精巣の機能を向上させたり

するためには、血流をアップさせることが大切です。

しょうがは、精力アップに最も重要なこの血流増大効果に優れています。

しょうがには、辛味成分としてジンゲロールが含まれています。

このジンゲロールには、血管を拡張させる働きがあり、血流がアップするのです。

 

体温アップ効果

別の記事でも紹介しましたが、今、男性の間でも冷え症が増加しています。

体の冷えは、

  • 代謝
  • 免疫力
  • 内臓機能

を低下させ、EDを発症させます。

精力アップには、体温を高めることも大切なのです。

しょうがに含まれるジンゲロールは、血管を拡張して末端の冷えを緩和します。

さらに、ジンゲロールを加熱するとその一部がショウガオールという成分に変化するのですが、

ショウガオールには代謝を高めて体の中心部を温める働きがあります。

つまり、しょうがは体の末端と中心部のダブルの温め効果で、体温をアップしてくれるのです。

 

脂肪燃焼効果

精力の天敵となるのが、肥満です。

実はしょうがには、肥満を予防・改善するダイエット効果もあります。

しょうがに含まれるジンゲロンは、脂肪の燃焼を促進します。

さらに、しょうがには脂肪の吸収を防止する働きもあるため、脂肪が蓄積しにくい体を作ることができるのです。

 

しょうがは消化力アップにも効果あり!

しょうがは、アーユルヴェーダにおいて、消化力を高める食材として重宝されています。

消化力は精力にも大きな影響を与えます。

精力を高めるためには、オージャスと呼ばれる生命エネルギーを増やす必要があるのですが、

消化力が弱くなるとオージャスを上手く作れなくなるのです。

消化力を高めるしょうがは、アーユルヴェーダ的にも精力アップに効果的な食材なんですよ。

 

しょうがは「アーマ」を作らせない!溜めない!

消化力を低下させる原因の一つに、アーマが挙げられます。

アーマとは、食べた物の中で消化されずに体内に溜まった毒素のことを指します。

消化力が弱くなるとアーマが増え、アーマが増えると消化力が低下するという悪循環が起きます。

消化力を高めるためには、アーマを溜めないことが大切です。

しょうがには、

  • アーマを作らせない
  • 溜まったアーマを取り除く

というダブルの作用があります。

そのため、しょうがを食べることで、どんどん消化力を高めてオージャスを増やすことができるのです。

 

しょうがを食べると胃もたれや眠気も改善する!

しょうがによって消化力が高まると、精力アップ以外にも嬉しい効果が表れます。

期待できる効果は次の2つです。

  • 胃もたれの改善
  • 食後の眠気の改善

胃もたれや眠気に悩まされる男性は多いですよね。

実は、胃もたれや食後の眠気は、体の中に蓄積したアーマが原因で起こります。

しょうがはアーマを取り除いてくれるので、胃もたれや食後の眠気も改善できるのです。

 

精力アップに「ちょい足ししょうが」を実践しよう!

それでは、どのようにしょうがを食べれば、効果的に精力を増強できるのでしょうか?

おすすめの食べ方が、飲み物への「ちょい足し」です。

しょうがで精力アップするためには、習慣的にしょうがを食べることが大切です。

ですが、料理に使うにもレパートリーが尽きてしまいますよね。

一方、飲み物にしょうがを少し加えて飲むだけであれば、無理なく継続できます。

特におすすなのが、白湯へのちょい足ししょうがです。

白湯自体にも精力アップ効果があるため、相乗効果が期待できますよ。

 

しょうが白湯の作り方

しょうが白湯の作り方はいくつか方法があります。

今回は以下の3種類の方法をご紹介するので、自分に合う方法で試してみてくださいね。

  • 基本的な作り方
  • 即席でカップで作る方法
  • 持ち運びに便利な保温水筒で作る方法

どの作り方でも、しょうが白湯は1日あたり2杯程度を目安にして、

  • 食前
  • 食事と一緒

に飲むようにします。

飲みすぎは逆に胃腸に悪いため、注意してくださいね。

 

基本のしょうが白湯の作り方

まずは、基本的なしょうが白湯の作り方です。

  • 1. しょうがを薄切りする
  • 2. 薄切りしたしょうが2~3枚を水300~500mlに入れて沸かす

 

即席!カップでしょうが白湯を作る方法

次は、時間がないという方におすすめの即席しょうが白湯の作り方です。

  • 1. すりおろししょうがを、小さじ1杯程度用意する
  • 2. すりおろししょうがと水200mlを耐熱カップに入れる
  • 3. レンジの500wで2分半チンすれば完成

 

持ち運びに!保温水筒でしょうが白湯を作る方法

最後は、職場などに持ち運びたいという方におすすめの保温水筒でしょうが白湯を作る方法です。

  • 1. しょうがを薄切りにする
  • 2. 薄切りにしたしょうがを3枚保温水筒に入れる
  • 3. 熱湯400mlをそそぎ入れる
  • 4. フタをして3時間以上放置したら完成

 

まとめ

女性の中では、しょうがは冷え取り食材として人気ですが、男性の間ではまだまだ浸透していませんよね。

しかし、精力に問題を抱える男性にこそ、しょうがは効果を発揮してくれます。

今回はしょうが白湯をご紹介しましたが、その他にもココアや紅茶などへのちょい足しでも効果的です。

ぜひ自分に合った方法で、しょうがを日常に取り入れてみてくださいね。

参考:
「男のからだが甦る食、老ける食」 蓮村誠
「からだにいいこと」 2017年3月号