プロペシアを服用中の献血は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療として有効と言われているプロペシアですが、プロペシアは効果が高いものの

  • 副作用
  • 注意事項

もある薬となります。

プロペシアの服用中に

  • 行ってはいけないこと
  • 行っても問題ないこと

など知らない人も多いと思います。

今回はその中でもプロペシアの服用中に献血を行っても大丈夫なのかという点について詳しく解説していきます。

プロペシアの服用中は献血NG?!

自分の血を献血することで、少しでも人の役に立てたらと思う気持ちはとても素晴らしいことです。

しかしプロペシアを服用している場合の献血は出来ません

ただの薬だから関係ないと考えている人も多いかもしれませんが、プロペシア服用中に献血してしまうことで自分ではなく他人への被害が出てしまう可能性があるのです。

なぜ献血をしてはいけないのか?

プロペシアの服用中に献血をしてはいけない理由は、薬の成分にあります。

プロペシアの主成分であるフィナステリドが原因です。

フィナステリドはAGAの原因であるDHTという男性ホルモンの生成を抑制してくれます。

このDHTに直接働きかけるのではなく、DHTの生成に深く関係している酵素5αリダクターゼを阻害してDHTに転換されるのを阻止してくれるのです。

そのためフィナステリドが配合されているプロペシアは、AGAの進行を止める働きがあります。

それではなぜプロペシアを服用中に献血をしてはいけないのかというと、献血したことによってその血が女性に輸血される可能性があるからなのです。

プロペシアの説明書には禁止事項として、

  • 妊婦
  • 妊娠している可能性のある人
  • 授乳中の人

には投与してはいけないという内容が記載されています。

  • 投与
  • 皮膚に触れること

どちらも禁止されています。

これは皮膚に触れることで、皮膚から成分が体内に入っていく可能性があるからです。

プロペシアを服用している間は、プロペシアが肝臓によって代謝されます。

これによって主成分のフィナステリドが血液に吸収されて、体内に運ばれていくのです。

そのためプロペシアの服用中には血液中にフィナステリドが含まれているということになります。

その血液を献血するのですから、献血された血液が

  • 妊婦
  • 妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人

に輸血される可能性がないとは言い切れません。

妊婦や授乳中の人に輸血をするとどうなるのか

なぜ

  • 妊婦
  • 授乳中の人

人にプロペシアの

  • 服用
  • 接触

が禁止されているかというと、胎児に影響を与える可能性があるからです。

母親が輸血をされた血液が、母親の体内を巡ってお腹の中にいる胎児に届いてしまう可能性があります。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、DHTの発生を阻害する働きがあります。

このDHTは思春期を超えた男性にとっては

  • 脱毛
  • 薄毛

の原因となりますが、これから成長していく胎児や子供にとっては男性器を分化させる役割があります。

そのため胎児や子供の場合は男性器の発達に異常をきたす可能性があるのです。

胎児が女の子でも、婦人系の問題が生じる可能性があるため、胎児にとっては性別関係なく危険なものとなるのです。

 

献血をもし行ってしまった場合は?

もしも知らずにプロペシアを服用中に、服用をしていることを申告せずに献血してしまった場合はどうなるのでしょうか。

採決された血液は検査される

献血によって採決された血液は、輸血用に使用される前に血液に異常がないか検査が行われます。

検査によって基準値を下回った場合は、血液が輸血用に使用されることはありません。

しかし検査を通ってしまう可能性もゼロではありません。

だからこそ自分で判断して、プロペシア服用中は献血をしないことが大切なのです。

誤って献血してしまった場合の対処法

もし知らずに献血してしまった場合は、早急な対処が必要となります。

献血された血液は検査を行った後、用途によって保存期間が決まっています。

一番早ければ、外科手術などの輸血用として4日後には使用されてしまうそうです。

そのため、素早い対処が必要です。

献血を行った場合、献血後に渡されるリーフレットに連絡先が記載されているため、早急に連絡するようにしましょう。

献血した血液には採血番号が振り分けられているので、番号を伝えればより速やかに対処可能となります。

 

献血をしたい場合はどうしたらいいの?

プロペシアの服用中に献血は行ってはいけません。

しかし、一生献血が行えないというわけではないのです。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは血液を通して体内に巡るため、血液内からフィナステリドの成分が消えてしまえば問題はありません

この成分が消える期間は1カ月程度と言われています。

つまりプロペシアの服用をやめてから1カ月以上経過していれば問題ないのです。

 

まとめ

プロペシアはAGAには非常に有効な薬ではありますが、服用中に献血を行えば多くの人に

  • 危険
  • 迷惑

を及します。

そのため

  • 服用している方
  • これから服用する方

献血に関しては注意を払うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る