プロペシアの副作用でむくみや下痢になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬を飲む上で気になるのが副作用ですよね。

今回は、プロペシアを服用する上での副作用について、紹介していきます。

 

プロペシアの副作用でむくみや下痢になる?

 

プロペシアを服用している方や、これから服用する方であれば、副作用で

  • むくみ
  • 下痢

になるといったことを聞いたことがあるかもしれません。

結論を言いましょう。

確かにプロペシアを服用することで、これらの副作用を被るリスクはありますが、その可能性は極めて低いと言えます。

そもそも、プロペシアを服用している方で副作用を抱えている方は約5%

もちろんその中でも、重度の症状を訴える人の確率はさらに低いものとなりますので、通常の用法・用量を守って正しく扱う上では、必要以上に心配することもないでしょう。

以上を踏まえた上で、

  • むくみ
  • 下痢

の原因とその対策を考えていきます。

プロペシアとむくみについて

 

そもそもプロペシアの作用としては、

  • テストステロン
  • 5aリダクターゼ

結合を阻止することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制するというもの。

  • これにむくみが関連している要素は見当たらず
  • 実際にプロペシアの副作用としてむくみが報告されることは極めて稀ですし
  • プロペシアの添付文書に記載されている副作用の項目にも「むくみ」はありません

ただし、プロペシアと飲みあわせの相性が良いミノキシジルであれば、むくみを引き起こす可能性は浮上してきます。

ミノキシジルは

  • 血管拡張をすることで血行を促進し
  • 毛母細胞に十分な栄養が供給される

といったことが期待されている治療薬。

この血管が拡張される際に、個人の体質によってはむくみが生じることもあるのです。

一般的なむくみの場合、

  • 水分不足
  • 運動不足
  • 血液やリンパの流れが悪い

などの理由で起こりますが、自然と解消され、何事もなかったかのように回復することがほとんどです。

ただし、ミノキシジルに起因するむくみの場合は注意が必要で、症状がすぐにはおさまらないどころか、体重が前日と比べて数キログラム増加してしまう方もいます

薄毛の進行を少しでも早く食い止めようと、プロペシアに加え、ミノキシジルを併用するケースはよくあることですが、これによって重度のむくみが生じるのであれば、すぐにミノキシジルの使用をストップしてみることが必要でしょう。

それによってむくみがおさまるようであれば、ミノキシジルが原因である可能性は非常に高いため、プロペシアとの併用は避けるようにすべきです。

ミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。(外用ミノキシジルは効果が認められています。)

逆に、すぐに忘れてしまうような軽度のむくみが生じるのであれば、そもそもそれは生活習慣によるところが大きいため、まずは基本的なライフスタイルを見直すことが大切です。

プロペシアと下痢について

 

むくみの副作用とは異なり、下痢になりやすいという報告は、プロペシア服用者から挙がることがあります。

ただし、プロペシアの添付文書に記載されている副作用の項目に「下痢」はないため、もしかしたら、他の原因が潜んでいるかもしれません。

プロペシアに限った話ではありませんが、副作用の可能性があるからといって、全ての原因を薬のせいにするのはよくありません。

薬による可能性を疑うと同時に、自身の生活習慣にも問題がないかを考えるのです。

たとえば下痢の原因としては、水分の摂り過ぎが挙げられます。

水分の過剰摂取によってお腹が緩い状態になると、その分、便に含まれる水分量も増え、下痢を引き起こします。

そうかと言って、水分の摂取量を極端に減らすのは間違い。

なぜなら、下痢によって水分のみならず、ナトリウムも大量に排出されているため、そのまま水分が補給されなければ、脱水症状に至る可能性もあるのです。

人はたった

  • 1%の水分を失うだけでも喉の渇きを覚えます
  • 3%や5%にもなると、めまいや頭痛といった症状にも発展してしまいます

したがって下痢の時こそ、

  • ミネラルなどの栄養分
  • 水分

を意識して摂取するようにしましょう。

その他にも、下痢の原因として以下のような項目が考えられます。

  • 食べ過ぎや飲み過ぎ
  • 食中毒
  • ウィルスの感染
  • アレルギー
  • 精神的なストレスの蓄積

下痢は腸内環境を大きく乱します。

こうした状況下では、せっかくの薬の効果も薄れてしまうため、早急に対処をしたいもの。

すぐに改善される場合は問題ないですが、いつまでもしつこく続く下痢の場合は、素人判断をせず、医療機関を受診し、プロの判断を仰ぐようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

むくみに関しても、下痢に関しても、プロペシアに原因を求めるのは性急なようです。

万が一こうした症状が出てきた場合でも、あせらずに経過を見守りましょう。

ほとんどの場合、生活習慣を改善することによって回復が見込めるので、ライフスタイルを見直す機会と前向きに捉えるのもいいかもしれませんね。

 

関連記事:AGA治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る