プロペシアによる副作用にはどんなものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA薬で有名なのがプロペシア。

今回はプロペシアによる副作用について紹介していきます。

関連記事:プロペシアについて

 

プロペシアによる副作用はどんなものがあるか

薬を使用する上で避けて通れないのが、副作用のリスクを飲むことです。

もちろん、誰にでも起こるほど確率の高い話ではありませんが、きちんとリスクを把握した上で、薬と付き合っていくことが大切です。

以下に、プロペシアによる副作用について、紹介していきます。

肝機能障害

まず、プロペシアの副作用で最も怖いのが肝機能障害です。

肝機能障害には潜伏期間というものがあり、その間は自覚症状がない

つまり、血液検査などをし、自主的に調べないと治療がどんどん遅れてしまうのです。

このように、自覚症状のないまま過ごしていると、最悪の場合、黄疸(おうだん)といって、

  • 皮膚
  • 白目

の部分に黄色い色素が出てきてしまいます。

この段階まで放置してしまうと、もはや肝臓は元には戻らない程に傷ついてしまっていることもあるのです。

さらに、肝機能障害は

  • 肝硬変
  • 肝臓ガン

といった病気を併発する恐れもあります。

1万人に1人の確率と言われている肝機能障害ではありますが、AGA対策として服用する薬のため、どうしても継続的な使用が必要となることを忘れてはいけません

プロペシアを服用するのであれば、定期的な血液検査をすることで、数値に変化がないかを把握しておくことが大切でしょう。

乳ガン

正式に因果関係が証明されているわけではありませんが、長期間服用し続けた方で、乳ガンになってしまった男性がいることがわかっています。

なお、乳房が

  • 張ったり
  • 大きくなってしまったり
  • 押したりした際に痛みを伴うようになる

といった乳房における変化は、プロペシアの副作用として認められています。

性欲減退

プロペシアの副作用の中で、最も長引きやすいと言われているのが性欲減退です。

厄介なのが、プロペシアの服用をストップしても、この副作用は継続してしまうことです。

可能性としては、5%以下とされていますが、1%未満の症状として、

  • 勃起
  • 射精

が以前のようにできなくなったというケースもあります。

性能力の低下

プロペシアが精液に対して与え得る副作用として、以下のようなものがあります。

  • 精液量の減退
  • 精液濃度(精子の数)の減退
  • 精子の運動の鈍化
  • 精子の形の異常化
  • 精液が全く出なくなる

これらの症状は、添付文書によると、服用をやめると症状が改善されるという記載があります。

アレルギー

プロペシアには、有効成分であるフィナステリドの他にも、様々な添加物が含まれており、これらのうち、体質に合わないものがあれば、アレルギーを発症してしまいます。

  • 体がかゆくなる
  • じんましんができる
  • 重篤の場合は顔面やノドなどがむくむ

といった症状が表れます。

こちらもあまり頻度は高くありませんが、

  • 体がだるかったり
  • 気分が重くなったり

といった症状が見られます。

こういったリスクを気にしすぎることが精神的な負担となることもありますので、服用すると決めた場合は気を揉まないことが大切です。

 

女性はプロペシアに触れるのもダメ?!

そもそも、プロペシアは男性のAGA治療のための薬であり、女性が服用しても全く効き目がないどころか、非常に危険です。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドには、男性ホルモンを抑制する働きがあるため、

  • 女性
  • 特に妊婦の方

は絶対に使用してはいけません。

成分が皮膚から吸収されるリスクも考慮し、錠剤に触れることも避けましょう

万が一、妊婦さんが成分を吸収してしまった場合、生殖器が奇形になるという副作用のリスクがあります。

妊娠中や授乳中は、ストレスやホルモンバランスの乱れにより、

  • 髪の毛が薄くなったり
  • 抜け毛が増えたり

するもの。

非常に気になる時期ではありますが、プロペシアが女性に及ぼす副作用は非常にリスクが高いので、くれぐれも使用は控えるべきです。

関連記事:フィナステリドについて

 

副作用の兆候が見られた場合はどうするべき?

副作用によるデメリットを被る可能性が低いとはいえ、常にそのリスクは想定しておくべきです。

もし、服用後に何らかの体の変化や不調がある場合は、必ず一旦服用をストップし、医師の判断を仰ぐようにしましょう

前述したように、肝機能については定期的な自己検査が必要になってきます。

プロペシアの使用によるAGA治療をするということはつまり、こういった副作用のリスクに対してもきちんと向き合わなければならないことを意味します。

もちろん、自身のAGAについて大いに悩むのはわかりますが、体というのはそれよりも大切なハズ。

決して勝手な自己判断で治療を継続するといったことがないように注意してください。

 

まとめ

いかがでしたか。

薬による治療には、それ相応のリスクが伴うということを忘れてはいけません。

特に、服用を中止しても、進行が止まらない症状も中には含まれます

医師の判断を仰ぐのはもちろんのこと、最終的には自分で責任を取るという意志を持って治療に臨む必要がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る