プロペシアの服用を中断するとどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療薬の定番であるプロペシア

試しにちょっと使ってみたいという方もいるかもしれませんが、AGAというのが非常にデリケートな症状であることを忘れてはいけません。

合わないならやめればいいだけだし…と軽い気持ちで服用を開始してしまうと、思わぬリスクに巻き込まれるかもしれません。

そこで今回は、プロペシアを中断するとどうなるか。というテーマでお話をしていきたいと思います。

関連記事:AGA治療について

プロペシアの服用を中断するとどうなる?

プロペシアの服用を中断することによって考えられるのは、以下の2通りのケース。

  • 何も変化がない
  • 抜け毛が再度、進行しはじめる

どういうことか、1つずつみていきましょう。

何も変化がない

治療薬の使用をストップし、何も変化が見られないというのは、裏を返せば治療薬によって期待できる効果をきちんと得られていなかったことが考えられます。

プロペシアに期待されている効果というのはつまり、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑え、抜け毛の進行を防ぐという点にあります。

プロペシアを使用すれば、ジヒドロテストステロンの抑制がされることは確かなのですが、抑制されたからといってすぐに、変化が見られるわけではありません。

特に、使用開始後1?2ヶ月といった短期間で結果を求めるのは無理があります。

AGA治療薬を服用することによって見られる変化というのは、個人個人の生活習慣や元々の体質に依存する部分も大きい。

つまり、長期間継続していればきちんと結果を得られていたかもしれないのに、途中でストップしてしまったがために、

一見何の変化も起こらなかったように見えているだけという可能性があるということです。

AGA治療はあくまでも、コツコツと長期間にわたってケアしていくものなので、当然といえば当然のことなのかもしれませんね。

抜け毛が再度、進行しはじめる

こちらは先ほどのケースとは逆で、目で見てわかるほどに、有効成分が作用していたことがわかります。

なぜなら、抜け毛が再度進行しはじめるということは、プロペシアに含まれている有効成分のフィナステリドがジヒドロテストステロンの抑制に成功し、

抜け毛の進行を遅らせてくれていたためです。

残念ながらせっかく抜け毛の進行を防いでくれていても、プロペシアの服用をストップしてしまっては、

せっかく地道に積み上げてきた結果が水の泡となってしまい、再びジヒドロテストステロンが猛威を振るうことになります。

 

プロペシアの服用を中断するタイミング

それでは仮に、プロペシアの服用をストップするのであれば、どのようなタイミングが適切なのでしょうか。以下の2通りについてみていきましょう。

  • 6ヶ月以上の継続使用をしても、変化が見られない場合
  • 副作用が現れた

6ヶ月以上の継続使用をしても、変化が見られない場合

プロペシアは即効性が期待できる薬ではなく、徐々に変化が見られるタイプの治療薬です。

そのため、最低でも6ヶ月の継続使用が推奨されるケースが多いのですが、

この6ヶ月を経過しても変化が感じられない場合は、使用をやめることをオススメします。

なぜなら、プロペシアの添付文書には、以下のような記載があるためです。

6ヶ月以上服用しても薄毛の進行遅延に変化が見られない場合は中止すべき

とはいえ、せっかく6ヶ月も続けたのに…といった思いや、使用をストップして急激に抜け毛が進行したらどうしよう…といった不安があるかもしれません。

そんな方は前述した内容に立ち返ってみましょう。

「効果を感じられなかった方」が使用をストップしたとしても「特に何の変化もない」のは、

プロペシアの有効成分であるフィナステリドの働きと、AGAの仕組みを考慮すればお分かりの通りです。

急に薄毛が進行するということはないので、安心して使用を中断しましょう。

副作用が現れた

薬を服用する以上、やはり副作用のリスクが伴うのは仕方がないことです。

プロペシアの服用に際しても、いくつかの副作用の可能性が示唆されていますが、何らかの症状が現れた場合、まずは服用をストップするべきしょう。

副作用の症状は、使用をストップすることによっておさまっていくことがほとんどです。

使用を一時中断した上で、経過を見守ってみてください。

 

プロペシアの服用を中断しても、副作用が残る可能性がある?

確率としては稀ですが、服用をストップしたにもかかわらず、副作用の症状がおさまらないことがあるのも事実です。

これはポストフィナステリド症候群と呼ばれており、残念ながら今のところ、有効とされている対処法は見つかっていません。

これが安易に治療をスタートしてはいけない理由でもあります。

AGA治療に対しては真摯に向き合い、長期的な視野を持った上で医師と相談し、慎重に判断を下すようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

AGA治療を安易に判断してはいけません。

長期間にわたる治療が必要な症状であることや、

中断した場合に想定されるリスクの可能性をしっかりと理解した上で、プロペシアの服用をスタートしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る