プロペシアはAGAにどんな効果がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGA治療に有効な治療薬として知っている方も多いプロペシアですが、どのように効果があるのか詳しく知らない方も多いと思います。

プロペシアが

  • どのように作用するのか
  • どんな効果を得られるのか

解説していきたいと思います。

  • これからプロペシアでの治療を考えている人
  • AGA治療に取り組んでいきたい人

には必見です。

プロペシアで得られる効果

飲む育毛剤ともいわれるほど効果が期待できるプロペシアですが、

  • 飲むことで具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。
  • 本当にAGA治療に有効なのでしょうか。

DHTを抑制する

髪には毛周期というものがあり、その周期に個人差はあるものの

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

を繰り返していきます。

この成長期が短くなり、休止期に留まるようになる状態となります。

そうすると毛が短く細くなってしまうため、毛が抜け落ちていきます。

この症状の原因となっているのが「DHT(ジヒドロテストステロン)」で、男性ホルモンから作られるものとなります。

プロペシアを服用することでDHTの生産が抑制されるため、毛周期が正常化されて頭髪を成長させるようになります。

酵素5αリダクターゼを阻害

フィナステリドには酵素5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

この酵素5αリダクターゼは、AGAを引き起こしやすくするDHTを作る原因となります。

つまり5αリダクターゼが男性ホルモンであるテストステロンに働きかけ、DHTが活発化されるのです。

その5αリダクターゼを阻害する働きがある為、AGAの元凶を絶つ役割があるといえます。

関連記事:フィナステリドについて

プロペシアは進行を遅らせる

プロペシアがDHTの働きを抑制し、5αリダクターゼを阻害する働きがあることが分かりました。

つまり、AGAの進行を阻害する効果がある薬なのです。

それでは髪を増やしたいのにプロペシアを飲んでも意味がないのかというと、そういうわけではありません。

AGAは進行性なので、治療には進行を止めることが必須となります。

だからこそAGA治療にプロペシアが有効とされているのです。

 

臨床試験による結果

プロペシアが本当にAGA治療に効果を発揮するのかどうかは臨床試験によって実験されています。

その臨床試験は二重盲検法という試験になっています。

  • 有効成分が入っている薬
  • 有効成分が入っていない薬

を飲んだ2つのグループを比較するものとなります。

日本での臨床試験結果

日本で1年間プロペシアを飲み続けた結果、プラセボを飲んだグループはほとんどがAGAは改善されずに7割が現状維持、2割が進行する結果となりました。

一方プロペシアの有効成分であるフィナステリドを0.2㎎飲んだグループの半数近くが改善され、フィナステリドが1㎎のグループに関しては6割近くの改善が見られたのです。

しかも飲んでいてAGAが進行した例はほとんどなく、プロペシアがAGA治療に有効であることが立証されています。

長期服用による効果

1年以上飲み続けた場合、6割近くの改善が見られましたが、それ以上服用を続けるとどうなるのでしょうか。

フィナステリド1㎎を1年以上飲み続けた試験も行われています。

服用

  • 2年では7割近く
  • 3年目では8割近く

と、飲み続けることで改善率は増加していきました。

つまりAGA治療は長期継続することで、効果が高まるのです。

⇒プロペシアが気になる方!本日の最安値はこちら!

プロペシアで効果が得られるまでの期間

プロペシアの効果や臨床試験結果を見てきて、プロペシアは即効性があるものではなく、ある程度使用し続けなければならないことが分かりました。

それではどれくらいの期間を目安に続ければいいのでしょうか。

もちろん個人差があるので、絶対とは言い切れませんが半年の服用でAGAが改善されたと感じる人は2.3割程度となります。

半数が改善は感じられるものの、まだ十分ではないと感じるのです。

やはり上記の臨床試験のように年数を重ねるごとに改善見込みが高まるので、数カ月で治療できるというものではありません。

 

ジェネリック医薬品やオリジナル治療薬でも効果は同じか?

ジェネリック医薬品とは、同じ有効成分を含む特許のきれた医薬品になります。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドが含まれているため、効果としては同じような効果を得られます。

またAGA治療のクリニックなどに行くと処方される、クリニックで調剤された薬にもフィナステリドが含まれていれば効果は同じです。

つまりクリニックで処方を受けなくても、効果は同じなので個人で薬を購入しても同じなのです。

 

まとめ

プロペシアはAGA治療に対して、原因から絶つことが出来る有効な薬であることが分かりました。

短期間で効果を得られるわけではないので、数カ月で諦めてしまわずに長期の目線で続けることが重要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る