AGAに効果のある塗り薬にはどんなものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では薄毛に悩む人が1000万人以上いるといわれていて、その数は実に総人口の1/10で、そのほとんどが「AGA(男性型脱毛症)」であると考えられています。

さて、このAGAを治療する場合に、今や効果的なお薬が様々登場していますが、今回はその中でも「塗り薬」にしぼって調べてみたいと思います。

 

AGAに効果のある塗り薬

AGA(薄毛)に最適な塗り薬は2種類あり、

  • 「ミノキシジル」
  • 「スピロノラクトン」

です。

ミノキシジルは多くが液体(ローション)なので液だれを起こしますが、使い方に慣れるとお手軽な塗り薬です。

一方、クリームタイプのものは、液だれの心配がなく使いやすいのが特徴です。

AGA(薄毛)に有効な塗り薬は、「ミノキシジル」が最適ですが、

  • ロゲイン
  • カークランド
  • リアップ

などは全て液体タイプのローションなので、頭頂部からサイドにローションが流れてしまうところが難点です。

しかしながら、これが「ミノキシジルクリーム」のクリームタイプのミノキシジルになると、塗りたいところにだけ塗りこむことができるので、クリームがその場所にとどまってくれるのでとても便利です。

現在、ミノキシジルクリームは、「NR-10」の「ミノキシジル16%+αクリーム」の一製品のみです。

もう一つは、「スピロノラクトン」という成分を配合したAGA(薄毛)用の塗り薬があり、このスピロノラクトンとは女性ホルモンを分泌させる効果があり、この効果よって「男性ホルモン(テストステロン)」を抑制することができ「DHT」の発生を抑えることが可能となります。

日本皮膚科学会(2017年)のガイドラインによるとミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。とされています。

しかし外用ミノキシジルであれば日本でも厚生労働省から認可されています。

ミノキシジルをAGA治療で使用する場合は内服薬ではなく、リアップなどの外用ミノキシジルを使用するのがおすすめです。

日本皮膚科学会(2017年)のガイドラインによるとミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。とされています。
しかし外用ミノキシジルであれば日本でも厚生労働省から認可されています。
ミノキシジルをAGA治療で使用する場合は内服薬ではなく、リアップなどの外用ミノキシジルを使用するのがおすすめです。

女性ホルモンを分泌させることで様々な副作用を連想してしまい「女性っぽくなったりする?」と考えてしまいそうですが、飲み薬ではなく塗り薬なので、副作用としての女体化のリスクはほとんどないようです。

[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム

「ポラリスリサーチボラトリーズ社」から発売されていて、通称「ポラリス」と呼ばれています。

これには、ミノキシジルがなんと「16%」も含まれていますが、5年以上、抜け毛が続いている方にも有効とされているので期待がもてるお薬です。

しかしながら、高濃度ですと逆に副作用の心配がありますが、(通常ミノキシジルの濃度は1~5%)ほとんど口コミからはないようでした。

ただ、副作用の出る可能性は1%を切っているものの出た方もいることはいるので、その辺のところを念頭に入れておいた方が良いでしょう。

余談ですが、「ポラリスリサーチラボラトリーズ社」の母体は「Divine Skin Inc.」というアメリカ上場企業なので怪しい企業でないことは確かです。

ジェンヘアースピロノラクトン5%クリーム

30年以上前から降圧利尿剤として使用されている「スピロノラクトン」というお薬ですが、薄毛改善効果ありで特に、近年増加傾向にある女性の薄毛には有効的とされています。

スピロノラクトンの育毛効果
男性ホルモンの「テストステロン」が変化した、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質がヘアサイクルを乱してしまうものです。

通常ならば数年間は持続する髪の毛の成長が半年から一年くらいで抜け落ちてしまい、これにより

  • 抜け毛
  • 薄毛

になってしまいます。

これは、DHTが毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターと結合したことで、脱毛因子のTGF-β(トランスフォーミング増殖因子)を誘導して毛母細胞の分裂が抑えられるからです。

これにより、休止期で停滞する毛包が多くをしめてしまうので、髪の毛は

  • 細く
  • 短く
  • 軟弱

になってしまいます。

スピロノラクトンのAGAに対しての作用は、DHTとアンドロゲンレセプターとの結びつきを阻害し脱毛因子が現れるのを防いでくれます

このことで、

  • 毛母細胞の分裂頻度が正常化し、
  • 再度髪の毛が数年間成長するようになります。

AGA治療薬のプロペシアとはアプローチが違い、プロペシアが無効とされている女性のAGA(FAGA)に対しても効果が期待されています。

また、プロペシアが効かなかった男性に対しても有効性を発揮する可能性があるので、大いに試してみる価値がありそうです。

関連記事:プロペシアとは

まとめ

男性の場合はプロペシアに加えて、ザガーロという強力な内服薬が2015年に承認されていて、今のところスピロノラクトンをあえて使用する必要はないようです。

それでも使ってみたい方はスピロノラクトンをそのまま使用せずに、「ジェンヘアースピロノラクトン5%クリーム」がおススメです。

この育毛クリームは、

  • 抜け毛
  • 薄毛

を改善するという目的に沿って製造されていますし、

  • 臭い
  • 副作用

もありません。

やはり、一番のおススメは通称「ポラリス」で、ミノキシジルがなんと「16%」も含まれているものです。

  • 5年以上抜け毛が継続している方にも有効とされているので、期待が持てる
  • 副作用も殆ど見られない

お薬とされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る