ミノキシジルの禁忌ってどんなものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシジル

などと同様にAGA治療に効果的と言われる治療薬です。

他の治療薬とは違って、

  • 外用薬
  • 内用薬

の2種類があるという部分でも特徴的と言えるでしょう。

日本皮膚科学会(2017年)のガイドラインによるとミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。とされています。
しかし外用ミノキシジルであれば日本でも厚生労働省から認可されています。
ミノキシジルをAGA治療で使用する場合は内服薬ではなく、リアップなどの外用ミノキシジルを使用するのがおすすめです。

非常にAGA治療に効果が高いと言われるミノキシジルですが、効果が高い反面、禁忌事項もあります。

一体どんな禁忌あるのか詳しく解説していきます。

日本皮膚科学会(2017年)のガイドラインによるとミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。とされています。
しかし外用ミノキシジルであれば日本でも厚生労働省から認可されています。
ミノキシジルをAGA治療で使用する場合は内服薬ではなく、リアップなどの外用ミノキシジルを使用するのがおすすめです。

ミノキシジルの役割について知る

どんな禁忌があるのか知るためには、ミノキシジルの役割について知る必要があります。

  • どんな薬であり
  • どんな効果が得られるのか

簡単に説明します。

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、本来高血圧症の治療薬として作られた薬となります。

そのため

  • 狭くなった血管を拡張する
  • 血圧を下げる

働きがあります。

血管を拡張することで、血流が改善されて頭皮に栄養が行き渡るようにサポートしてくれるのです。

多くのAGA患者は、頭皮が血行不良となり毛の成長サイクルが滞っているのです。

この毛の成長サイクルを改善し、

  • 発毛
  • 育毛

しやすい環境を作り出してくれる薬となります。

つまり

  • プロペシア
  • フィンペシア

のように、AGAの進行を抑制する薬とは違って「毛を生えさせる」薬となるのです。

そのため併用すれば相乗効果があると言われています。

関連記事:ミノキシジルについて

 

ミノキシジルの禁忌事項とは

それでは、ミノキシジルの禁忌事項について見ていきましょう。

服用に当たりしっかりと禁忌事項を把握しておけば、安全・安心して服用することが出来ます。

血圧降下剤との併用

ミノキシジルの服用時に併用禁忌薬として挙げられる薬は、血圧降下剤(降圧剤)となります。

上記で説明したように、ミノキシジルは血管を拡張する薬となります。

  1. 血管が拡張する
  2. 血流が改善する
  3. 血圧が低下する

ということになります。

そこに血圧降下剤を服用すれば、必要以上に血圧を下げてしまう恐れがあるのです。

そのため、

  • 血圧に問題のある人
  • 血圧降下剤を服用している人

は医師に相談しなければなりません。

アルコールの摂取

ミノキシジルの服用時に気を付けなくてはいけないことの一つに、アルコール摂取もあります。

理由は血圧降下剤と同様、アルコールには血圧を下げる働きがあるため、ミノキシジルとの併用によって血圧を大幅に下げてしまう可能性があります。

更には、ミノキシジルは薬なので肝臓に負担を与える可能性があります。

そこにアルコールを摂取すれば、アルコールは肝臓で分解されて解毒されるため、肝臓に更なる負担をかける可能性があるのです。

アルコールとの併用によって

  • 肝機能が弱まる
  • 正常に作用しなくなる

恐れがあります。

妊婦や授乳中の女性には注意

ミノキシジルは女性の脱毛症にも効果があります。

しかし胎児への影響を与える可能性があるため、

  • 妊婦
  • 授乳中の女性

は服用してはいけません。

母乳を通して成分が胎児に届いてしまう可能性もあるので、授乳中の女性も服用は危険です。

多毛症になる可能性もある

外用薬の場合でしたら頭にのみ効果を得られますが、内服薬の場合は血管を通って全身に効果が現れます。

そのため頭だけでなく、全身の他の部分にも効果が表れて多毛症になる可能性もあります。

女性が使用する場合は効果が出過ぎるかもしれないので、量の調整も必要です。

男性以上に効果が出てしまい、多毛症を引き起こす可能性があります。

成人していない人の使用

ミノキシジルは成人の服用を前提に造られた薬となります。

そのため未成年の服用は安全性が保障されていないので、副作用や危険が伴う可能性があります。

心臓系の病気を抱える人

ミノキシジルは血管を拡張する働きがある薬のため、副作用として

  • 動機
  • 胸の痛み

が挙げられています。

そのため

  • 心臓に病気を抱える人
  • 心臓に疾患のある人

の服用は避けるべきであると言えます。

内服薬ではなくて外用薬であったとしても、皮膚から吸収されて副作用が出る可能性もあるので注意が必要です。

服用によっては狭心症を引き起こす可能性もあるので、心臓に何か問題がある場合は医師への相談が必要です。

外用薬の場合は肌に合うかどうか

内服薬だけでなく、外用薬もあるミノキシジルですが、外用薬の場合はパッチテストを使用前に行う必要があります。

個人で肌の質が違うので、肌に合わない場合もあります。

  • 肌のかぶれ
  • 炎症

が起きないよう、腕の内側など皮膚の薄い部分で一度少量テストしてみてから、問題がなければ使用するようにしましょう。

 

まとめ

たくさんあるように感じるミノキシジルの禁忌事項ですが、他のAGA治療薬と同様のものも多くなっています。

またミノキシジルの働きを分かっていれば、禁忌事項も理解出来るものばかりとなっています。

難しい禁忌事項ではないので、きちんと薬を理解した上で服用するようにしてみてください。

そうすれば危険もなく、安心して服用しながらAGAに効果を得られることが出来るでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る