ミノキシジルを使うとかゆみが出る!対処法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

AGA治療薬の一つであるミノキシジルですが、その発毛効果への期待がとても高いので役立てたいところですが、副作用の一つとしてかゆみが出てしまうという報告もあります。

今回は、ミノキシジルのかゆみはどうして起こるのか、またその対処法などについて調べていきたいと思います。

関連記事:ミノキシジルについて

ミノキシジルを使うとかゆみがでるのは?

血管拡張作用によるかゆみ

血液の流れが良くなることでかゆみが出ることがあり、これは頭皮だけでなく身体が温まってくると何となくかゆみが出たりしますが、これは温まったことで

  • 血行が促進されて
  • 血流量が増えた

ということから、かゆみを感じてしまうのです。

特に、

  • 抜け毛
  • 薄毛

になっている頭皮は血流が悪くなっているので、そこにミノキシジルが作用することで血行促進されるのでかゆみが起きてしまいます。

アレルギー反応によるかゆみ

ミノキシジルは水に溶けにくい性質なので、液状の発毛剤にミノキシジルを溶かすために用いられる「溶剤」というものが使用されています。

これは

  • 「アルコール」
  • 「プロピレングリコール」

などの成分なのですが、これらの成分がお肌に合わない方にはアレルギー反応が起こってしまうことがあります。

このアレルギー反応は今まで何でもなくても、

  • 季節の変わり目
  • 体質の変化

などで突然発症することがあり、ミノキシジル自体が原因ではないこともあります。

ミノキシジルがお肌に合わないアレルギー反応

ミノキシジル自体がお肌に合わず、かゆみが起きてしまうこともあります。

ミノキシジルは、そもそもかゆみやアレルギーを誘発させる成分ではないのですが、 体質によってはかゆみが出てしまう方もいるようです。

 

ミノキシジルでかゆみが出たときの対処法

これは、お化粧品でのかゆみなどでもいえることですが、お肌に合わない成分をずっとつけたままにしておくのは良くないので、ミノキシジルでかゆみが出たら

  1. 頭皮や髪をキレイに洗い
  2. 使用を中止して
  3. なるべく早く医師に相談するようにします。
  • 髪や頭皮を洗う時
  • 散髪後

などに、

痒いからと爪を立てて患部を掻いてしまうのは、お肌に良くないので止めるようにして下さい。

かゆみの原因は素人判断では良くないので、まずは原因を知ることから始めたいのですが、使用した発毛剤を持って病院に行くようにします。

そのことで、何の成分でかゆみやアレルギー反応が出たのか分かるようになり、医師の診断や治療もしやすくなりますので、今後の発毛剤を使用する際にもアドバイスがもらえるようになります。

服用を中止するのは危険?

一番危険なのは、発毛効果が得たいばかりに我慢して無理やり使い続けることですので、それは逆に体にとって良くないので止めましょう。

また、ミノキシジルによるかゆみには成分だけでなく、そのミノキシジルの中の含有量も大いに関係があり、たくさん配合されていると頭皮が過剰に反応することがあります。

これには、ミノキシジルの含有量が多いほど、より高い効果が期待できることになりますが、逆に副作用であるかゆみも出やすくなることになるともいえます。

かゆみが出たときに、ミノキシジルの血管拡張作用によるかゆみだと判断できる場合には、含有量の少ないものに変えてみるのも一つです。

ご自身がアレルギーが起きない成分が溶剤として使用している発毛剤であれば、その発毛剤に変えることでアレルギーが起きない可能性が高いのですが、これはかゆみの原因が溶剤であると医師に診断してもらった場合です。

ご自身で勝手に判断するのは、かゆみを悪化させることもあるので医師に相談してからにしましょう。

発毛剤にはミノキシジルが含有されていないものもあるので、ご自分のお肌にあった発毛剤を使用するようにしましょう。

 

まとめ

ミノキシジルを使うとかゆみが出ることはありますが、その対処法も様々な方法があります。

一番大切なのは、ミノキシジルの何が原因でかゆみが出たのかを知ることから始まります。

大きく分けると

  • ミノキシジル自体が合わない・溶剤が合わないなど、お肌に合わないことのアレルギー反応で起こるかゆみの場合
  • 早く発毛の効果が得たいからと、使用頻度や一回に使用する用量を多くしてしまっているような場合

があります。

ミノキシジル自体が合わない場合には、使用を中止してミノキシジルではない製品に変える必要がありますので、ご自身に合った外用薬を探すことをおススメします。

また、溶剤が合わない場合には、そのアレルギー反応が出ている溶剤を変えることでかゆみが治まることがあります。

ただ、こちらの場合にはそのアレルギー物質を特定する必要がありますので、育毛剤を持参して医師に相談することが重要です。

大切なことは、使用しているミノキシジルの育毛剤が合わなかった場合には、取り合えず

  1. 使用を中止する
  2. 頭皮や髪を洗う

などして、そのままにしておかないことがおススメです。

また、容量や回数も守って正しく使用することが前提でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いまのあなたにおすすめ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬6種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る