ミノキシジルを使うとフケがでる?それなら予防法は?(外用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノキシジルを使用するとフケがでるという方がいるという話を聞きますが、果たしてそれはどうしてなのでしょうか?

また、もしそうならば何か予防法はないのでしょうか?

今回は、そんなところを調べていきたいと思います。

 

ミノキシジルとフケの関係

フケの種類には大きく分けると2種類あり、その性質は大きな違いがみられるので、まずはその辺から探っていきましょう。

脂性フケ

こちらは洗髪してもすぐに出てきてしまうような、脂っぽいフケで体内で上手に皮脂のコントロールができていないために起こってしまうフケです。

  • シャンプーをたくさんすれば改善されるだろう
  • 皮脂を取り去るようなヘアケア製品を使用すれば良いだろう

と思いがちですが、体内の皮脂のコントロールの改善がなされないと逆効果になるパターンが多いようです。

また、このようなフケをそのままにしておくと、

  • 頭皮
  • 毛髪の環境

に影響を及ぼしてしまい

  • 抜け毛
  • 薄毛

の原因になってしまいます。

乾性フケ

こちらはパサついた感じのフケで頭皮に皮脂分泌が少ないときに起こるもので、特に湿度が低い冬の時期などにお肌が乾燥してしまいフケも発生しやすくなります。

アトピー性皮膚炎の方も、このようなフケが発生しやすい傾向にあります。

  • 脂性フケ
  • 乾性フケ

もミノキシジルとは直接関係がなくても起こるものですが、これがミノキシジルの場合にはどのようになるのでしょうか?

ミノキシジル使用のフケの場合

  • ミノキシジルに含まれる溶剤が、皮膚を刺激してアレルギーを起こす
  • ミノキシジルによる急激な血行促進により頭皮が痒くなり、その頭皮を掻いてしまうことによりフケが発生
  • 頭皮に吸収されなかったミノキシジルのカスのようなものが落ちてしまい、それが頭皮を刺激してフケになったり痒くて掻いたものがカサブタのようなものになったりする
  • 少しでも良い状態で導入しようとする気持ちから、髪の毛をガシガシ乱暴に洗いすぎたり過剰な洗髪がフケを発生させている場合

が考えられます。

さて、次にこのフケの予防と対策について考えてみましょう。

 

ミノキシジルの使用でのフケの予防&対策

  • 頭皮に刺激の少ないシャンプーやコンディショナーを使用する
  • 毎日の洗髪は良いことですが、二度洗いなど過剰にシャンプーをすることは控える。
  • 頭皮や髪は優しく洗うようにし、ガシガシと洗ったり痒いからと爪を立てたりして洗うのは止める。
  • シャンプー後のすすぎを丁寧にして、シャンプーが頭皮、髪、顔についたり残っていたりしないようにする。
  • フケの原因となる栄養過多の食べ物や、食材のバランスなどに気をつける。
  • 睡眠不足や夜遅くまで起きない
  • なるべくストレスをためない生活を心がけ、ご自分なりのストレス解消をする。
  • ウォーキングやサイクリングなど、適度な有酸素運動を取り入れて頭皮や毛髪環境を良くする。
  • タバコの吸い過ぎに注意する

また、

  • フケが目立たないヘアスタイル(ふんわりとしたウェーブなど)
  • 着用するもののカラー(黒や紺などをさけてアイボリーやホワイトなど)など

を工夫してみると、それほど気にならなくなるかもしれません。

 

まとめ

好転反応も含めてミノキシジルを使用すると、フケがでる場合があります。

フケには

  • 脂性フケ
  • 乾性フケ

の二種類があり、脂性フケは脂っぽいフケで、皮脂のコントロールが上手にできていないためにおこるフケです。

一方、乾性フケはパサついた感じのフケで、

  • 頭皮に皮脂分泌が少ないときに起こり、
  • 特に湿度が低い冬の時期などにお肌の乾燥でフケも発生しやすくなり、
  • アトピー性皮膚炎の方も、このようなフケの方が多い傾向にあります。

これらのフケは、ミノキシジルとは直接関係がなくても起こるものです。

ミノキシジルの場合には、

  • 薬剤によるアレルギー
  • 急激な血行促進

により頭皮が痒くなり、掻いてしまうことによりフケが発生してしまうなど様々な要因が考えられます。

ミノキシジルによるフケの予防や対策は、

  • シャンプーの仕方を工夫したり
  • 刺激の少ないシャンプーを選んだり

するなどして可能となります。

また、フケの原因となる

  • 栄養過多の食べ物や食材のバランスなどに気をつける
  • ストレスをためないこと
  • 運動をする

など、毎日の生活習慣にも気を配りましょう。

フケを気にしすぎるのもストレスになってしまうので、フケを目立たさせない

  • ヘアスタイル
  • 洋服のカラー選び

も考えてみましょう。

ミノキシジルを効果的に使用して、毎日の

  • 頭皮
  • 毛髪環境

も健康的になるように合わせて努力してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る