ミノキシジルによる副作用はどんなものがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はミノキシジルによる副作用について紹介していきます。

ミノキシジルについては下記のページもチェックしてみてください!

関連記事:ミノキシジルについて

 

ミノキシジルによる副作用はどんなものがあるか

そもそも、ミノキシジルを服用することで、どのような副作用があるのでしょうか。

ミノキシジルを使用した場合、一部の人ではありますが、以下のような症状が出る可能性があります。

多毛症

  • ヒゲ

といった頭皮以外の箇所の発毛も促進されてしまう症状のこと。

ミノキシジルのタブレットを服用した際に見られる副作用です。

頭皮のかゆみ・炎症

こちらは塗り薬を使用した場合に起こる副作用の中で、最も可能性の高い症状です。

塗り薬に含まれる成分が、アレルギー反応の原因となって起こります。

使用を継続していると、頭皮へのダメージが蓄積され、

  • 炎症
  • 湿疹

などにつながることもあるため、肌トラブルを感じたらすぐに使用を中止しましょう。

フケ

ミノキシジルには、血管を拡張することで、血流を促進する効果があります。

これにより、栄養が全身に供給されやすくなるのは良いことなのですが、皮脂の過剰分泌というデメリットにつながることもあります。

頭皮に余った皮脂はフケとなり、頭皮を触ることによって大量に落ちてきてしまいます。

頭痛

ミノキシジルを使用することで、頭痛を訴える人もいます。

  • 血管の拡張
  • 血流の促進

が原因とされている傾向もありますが、違和感があれば、すぐに使用を中止し、様子をみるようにしましょう。

眠気

眠気を感じるようになる原因は以下の2つとされています。

  1. 血管が拡張⇒血圧が下がり、眠気を催す。
  2. 体内で吸収されたミノキシジルの成分が肝臓で処理される。これにより、肝臓が疲弊すると、眠気が伴う。

注意点として、使用後すぐに眠くなることがあるため、運転を控えている場合は、使用を避けた方がベターでしょう。

めまい

ミノキシジルによって

  • 血管が拡張され、
  • 急激に血圧が下がると、

めまいを起こしてしまう人もいます。

  • 肝臓
  • 心臓

に負荷がかかっている場合があるため、すぐに使用を注意し、医師の判断を仰ぎましょう。

むくみ

ミノキシジルに限った話ではありませんが、一般的に、医薬品を使用すると、最終的には腎臓で処理された後、体外へ排出されます。

ミノキシジルが腎臓に負荷をかけてしまえば、その機能は落ちてしまい、腎臓が持つ機能である利尿作用にも悪影響が出ます。

これが、むくみの原因です。

 

ミノキシジルによる副作用はどんなものがあるか

ここからは、女性に特化した副作用について紹介します。

不妊症

ミノキシジルを使用することで、

  • 性欲減退
  • 性的不能

などの副作用が起こり、不妊になってしまうケースも報告されています。

もちろん、男性側に原因がある可能性も否めないですが、こういったリスクが含まれていることも、念頭に置いておきましょう。

胎児への悪影響

大正製薬の商品であるリアップの女性版で、リアップジェンヌというものがありますが、その商品の注意書きに、以下のようなものがあります。

「妊婦並びに授乳中の方は、使用してはいけない」

つまりこれは、胎児に悪影響が及ぶ可能性を示唆しているとも考えられます。

対象となる方は、絶対に使用しないようにしましょう。

 

どのくらいの人が副作用になるの?

代表的な育毛剤であるリアップ

これを発売するにあたり、大正製薬が副作用に関する臨床検査を実施しています。

結果としては、ミノキシジルを使用することで副作用があったのは、全利用者中、10%にも満たなかったようです。

また、副作用になる確率は、以下のように使用量に比例することもわかっています。

  • リアップ(ミノキシジル1%)の場合…利用者の約5%が副作用に
  • リアップ×5(ミノキシジル5%)の場合…利用者の約9%が副作用に

ミノキシジルの含有量が多いリアップ×5の方が効果は高いとされていますが、その分、副作用になる割合も増えていることがわかります。

また、育毛効果を期待して使用する成分である以上、長期間にわたって継続する必要があることも考慮に入れておきましょう。

 

塗り薬とタブレットでは、どちらが副作用になりやすい?

塗り薬とタブレットにはそれぞれ、以下のような特徴があります。

  • 塗り薬は効果は緩やかだが、副作用は出にくい。
  • タブレットは体感が比較的早いが、副作用は出やすい。

つまり、効果や実感はゆっくりでもいいから、できるだけリスクを避けたいという方は前者。

それに対し、多少のリスクは飲むから、できる限り早く効果を出したいという方なら後者がオススメと言えます。

ただし、ミノキシジルタブレットなどの内服薬は、日本では正式には認可されていません

使用する場合は、そういった点も含め、慎重に考慮しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

可能性が低いとはいえ、中には重篤化する可能性もある副作用も含まれるのがミノキシジルです。

使用する場合は、医者の指示に従い、正しく扱うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る