ミノキシジルで体毛は濃くなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAの治療方法で、ミノキシジルが発毛に効果的とされていますが、その一方で、それが頭の毛だけでなく頭髪以外の体毛も濃くなるのでは?と思われている方も多いのではと思いますが、今回はこのミノキシジルで体毛も濃くなってしまうのかについて調べていきたいと思います。

また、一口にミノキシジルといっても

  • 外用薬
  • ミノキシジル内服用(ミノキシジルタブレット)の通称「ミノタブ」といわれているもの

があるので、こちらも比較してみていきましょう。

ミノキシジルの働き

ミノキシジルは、もともとは血圧を下げる薬として開発されたものでしたが、副作用で体毛が濃くなったという方が出たことで、今では発毛効果のある主成分として使用されていて、その効果や効能を発揮しています。

ある意味では、副作用に着目した薬ということになり、ミノキシジルは

  1. 血管を拡張し血流を促進して
  2. 毛根に多くの栄養を行き渡らせ
  3. 細胞の活動を活性化して
  4. 育毛を促す

働きをしています。

この効果から、髪の毛以外の体毛が濃くなってしまう可能性があるということになってしまうわけですが、

  • 髪の毛以外の毛が濃くなったり
  • 以前より成長が早くなったり

するケースがあります。

ただ、体毛の変化も育毛の経過と同じように個人差が大きいので、必ずしも同じような症状が現われるというわけではありませんし、全く出ないケースもあります。

裏を返せばミノキシジルの効果が発揮されているので、そのような現象が起こってしまっているともいえるので、ミノキシジルの使用を止めてしまえば体毛ももとに戻ることにはなりますが、髪の毛の発毛効果もなくなってしまうのでそのことを考えると止めてしまうのは得策ではありません

 

ミノキシジル外用薬と内服薬の違い

ミノキシジル外用薬は部分的に使うものなので、全身の体毛が濃くなるというのはあまりないのですが、個人輸入を使って5%よりも高い濃度のものを使う場合には、副作用のリスクについて考慮して使用しましょう。

ミノタブを使う場合は先ほどのように注意が必要となり、

  1. 飲むタイプなので全身に成分が行き渡りやすく
  2. 副作用が強く出て体全体の毛が濃くなるケースがみられます。

全身の体毛が濃くなる可能性があり、

  • 背中の毛
  • お尻の毛

など生えてくれなくて良いところまで生えてしまうこともあります。

毛が濃くなる以外の副作用も強く出る可能性もあるので、ミノキシジルの外用薬を使用することをおススメします。

日本皮膚科学会(2017年)のガイドラインによるとミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。とされています。
しかし外用ミノキシジルであれば日本でも厚生労働省から認可されています。
ミノキシジルをAGA治療で使用する場合は内服薬ではなく、リアップなどの外用ミノキシジルを使用するのがおすすめです。

 

 

体毛が濃くなった場合の対策法

ミノタブを使用しない場合でも、まれに体毛が濃くなる場合があるので、ここではその対処法についてお話ししたいと思います。

脱毛

濃くなった体毛は定期的に脱毛するのが良いでしょうし、その脱毛方法にも様々な仕方があるようですのでその例をあげてみましょう。

大きく分けると

  • プロに行ってもらう方法のエステや美容外科などで永久脱毛をするという方法がありますし、
  • 自宅でしたらカミソリで剃るのが一番手っ取り早い方法です。

また、

  • 脱毛ワックスや脱毛フォームなどがありますし、
  • 家庭用の光脱毛の機械を使用して自宅で永久脱毛をするという方法もあります。

ミノキシジルを使用している間は、体毛が濃くなる多毛症はある程度はさけられないことですが、永久脱毛を行ってしまえば体毛が濃くなる心配はなくなります。

最近では、メンズエステの数も充実してきていますので気軽に永久脱毛を行うことができ、これですと体毛が濃くなる悩みからは解放されます。

ミノキシジルタブレットのミノキシジル濃度を低くする

ミノキシジルタブレットには、ミノキシジル濃度が

  • 2.5mg
  • 5mg
  • 10mg

の3種類があり、濃度が高くなればなるほど体毛が濃くなるという副作用が出やすくなります。

この濃度を低くするとAGA治療効果への期待も低くなりますが、体毛が気になる方は一度ミノキシジル濃度を低くするということも考えてみてはいかがでしょうか。

ミノキシジルが含まれる外用薬を使用する

体毛が濃くなるリスクをどうしてもさけたい方は、ミノキシジルが含まれる外用薬を使用するのが賢明だといえるでしょう。

まとめ

ミノキシジルで体毛は濃くなるのかですが、

  • 体質
  • 薬の効果の現れ方の副作用

にもよりますので一概には言えないところがありますが、ミノキシジル外用は部分的に使うものなので、全身の体毛が濃くなるというのは特殊なケースを除いてはないということです。

ただ、ミノキシジルには外用薬の他に「ミノキシジルタブレット」、通称「ミノタブ」と呼ばれている内服薬使う場合は注意が必要となります。

飲むタイプなので全身に成分が行き渡りやすいため、

  1. 外用薬よりも効果が現れやすいメリットはあるものの、副作用が強く出てしまい体全体の毛が濃くなるケースがある
  2. 体毛が濃くなる以外の副作用も強く出る可能性もある

という様々なリスクを考えると、ミノキシジルの外用薬を使用することをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る