私たちの身近には、精力剤として活躍する飲み物が存在します。

その飲み物が、牛乳です。

実はインドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは、牛乳は精力を高めるのに非常に効果的な食品とされているんですよ。

ですが、牛乳で精力アップするためには、少し飲み方にポイントがあります。

そこで今回は、牛乳に秘められた

  • 精力アップ効果
  • 牛乳の正しい飲み方

についてお伝えします。

 

アーユルヴェーダーでは「牛乳」は最強の精力剤

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダは、世界の3大伝統医学として人々の健康に貢献してきました。

このアーユルヴェーダにおいて、人に活力を与えて体を若返らせる素晴らしい飲み物として重宝されているのが、牛乳です。

それでは、牛乳はどうして

  • 精力アップ
  • 活力を取り戻す

のに効果を発揮するのでしょうか?

その理由が、次の2つです。

  • 牛乳はすぐにオージャスになる
  • 牛乳は全ての組織をパワーアップさせる

 

牛乳は30分でオージャスになる

牛乳は摂取するとわずか30分でオージャスになります。

オージャスとは、生命エネルギーのことを指し、活力源として働きます。

精力を高めるためには、体の中のオージャスを増やして活力を取り戻す必要があります。

牛乳は30分でオージャスになるため、

  • 効果的に体のオージャスを増加
  • 精力の増加
  • 体の老化防止

にも貢献するのです。

 

牛乳によって全ての組織がパワーアップする

牛乳はすぐにオージャスになるだけではなく、精液を増やすという効果も持っています。

食品は摂取すると、

  • 血漿
  • 血球
  • 筋肉
  • 脂肪
  • 骨髄・神経
  • 精液・卵子

の順でこれら7つの組織(ダートゥ)を作るのに使われ、一番最後にオージャスになります。

実は、牛乳はこれら7つの全ての組織を増やして強化する食品でもあります。

そのため、牛乳を飲むことで体を強くして、精液の質と量を高めることができるのです。

 

牛乳は栄養学的にも精力アップに優れた飲み物

牛乳はアーユルヴェーダだけではなく、栄養学的にも精力アップに優れた飲み物であると言えます。

牛乳には精力アップに貢献する多様な栄養素が豊富にバランスよく含まれているんですよ。

 

牛乳のアミノ酸スコアは100点満点

牛乳は良質なタンパク質を豊富に含んでいます。

アミノ酸スコアとは、精力にも効果を発揮する9種類の必須アミノ酸をどれだけバランスよく含んでいるかを表した指標です。

牛乳はこのアミノ酸スコアが100点満点なんですよ。

 

牛乳にはミネラルやビタミンも豊富に含まれている

牛乳は脂肪分やタンパク質ばかり含んでいるというイメージがありますが、

実はミネラルやビタミンも豊富に含有しています。

牛乳に多く含まれているミネラルとしては、

  • カルシウム
  • リン
  • カリウム
  • 亜鉛

などが挙げられます。

また、牛乳に多く含まれるビタミンとしては、

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12
  • パントテン酸
  • ビタミンD

などが挙げられます。

  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンB群

は特に精力アップには欠かせない栄養素ですよね。

 

牛乳にはリラックス効果もある

牛乳にはなんと、リラックス効果もあります。

そのため、心因性のEDなどにも効果が期待できます。

牛乳にはアミノ酸の一種であるトリプトファンが豊富に含まれています。

トリプトファンは、神経伝達物質やホルモンとして働くセロトニンを作る原料となります。

さらにトリプトファンによって作られたセロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンに変換されます。

メラトニンには、睡眠を促すほか、高い活性酸素除去作用もあります。

つまり、牛乳を摂取することで、

  • 精神の安定
  • 安眠
  • 抗酸化作用

に効果が期待できるのです。

参考:
http://www.meiji.co.jp/

 

精力アップに効果的!牛乳の正しい飲み方

オージャスを増やして精力をアップするためには、牛乳を正しい方法で飲むことが重要です。

アーユルヴェーダにおいて牛乳の効果を高める正しい飲み方は、次の4つがポイントになります。

  • 胃が空っぽの空腹時に飲む
  • 一緒に食べるものに注意する
  • 温めて飲む
  • 1日あたり1~2杯を目安に飲む

 

空腹時に飲むことで牛乳の効果がきちんと得られる

牛乳で精力アップするために最も重要なポイントが、「空腹のときに飲む」ということです。

牛乳がすぐオージャスになるためには、消化をよくしなければなりません。

食後など胃の中に何かが入っている状態では、牛乳の消化が悪くなってしまい、オージャスになりにくくなってしまうのです。

そのため、消化が悪いと感じるときは、牛乳は控えるようにしましょう。

 

牛乳と一緒に食べてもよいもの、食べてはいけないもの

牛乳はできるだけ他のものと一緒に飲食しないようにするのが、基本です。

しかし、食べ物の中には牛乳と相乗効果を発揮するものもあります。

牛乳と一緒に食べてもよいとされているのは、

  • お米
  • パン
  • ドーナツ
  • クッキー

などの穀物を含んだ食べ物でオージャスになりやすいものです。

一方で、牛乳と相性が悪く一緒に飲食すると体調トラブルの原因になる食品も存在します。

牛乳と相性の悪い食品は、

  • お酢
  • 果物
  • ヨーグルト

などの酸味を有する食品です。

 

牛乳は1日に1杯温めて飲む!

アーユルヴェーダにおける牛乳の1日の摂取目安量は、1~2杯です。

この量の牛乳を冷たいままではなく、温めて飲むようにしましょう。

温めて飲むことで、牛乳の消化をよくすることができます。

直接温める以外にも、お湯で割って飲むという方法もおすすめです。

 

まとめ

牛乳に精力アップ効果があるなんて少し驚きですよね。

高い精力剤に手を出さなくても、身近な食材である牛乳で精力が回復できれば男性にとっても嬉しいことでしょう。

牛乳だと精力アップのために飲んでることもばれないので、一石二鳥ですよね。

牛乳はアーユルヴェーダだけではなく、栄養学的にも優れた飲み物です。

ぜひ正しい飲み方で日々の生活にプラスしてみてくださいね。