f03d3ffb99f4e47c3348eb0d988b4812_s

中高年の男性が注意すべき病気の一つに前立腺肥大が挙げられます。

実は前立腺肥大は、EDを引き起こす原因になる事が分かっています。

勃起力を維持するためには、前立腺肥大を予防・改善する事が重要ですが、

そこで活躍するのが、なんと「かぼちゃの種」なのです。

今回は、ヨーロッパでもその効果が認められているかぼちゃの種の効果と食べ方についてお伝えします。

 

前立腺肥大とEDの深い関係

339415d324adc6c7bcb42f21423976a4_s

前立腺とは、男性特有の臓器であり、くるみ程度の大きさをしています。

前立腺は生殖器としての一面を持っており、精液の一部を分泌しています。

つまり、前立腺の異常は、精子など精力に大きな影響を与えるのです。

さらに、男性の自信の根源である勃起力にも前立腺は深く関わっています。

 

こんな症状があったら前立腺肥大の危険信号

最近、以下のような症状を感じていませんか?

  • 残尿感がある
  • 尿の切れや出が悪い
  • 排尿時に痛みを感じる
  • 尿が飛び散る
  • 頻尿でトイレに行く回数が増えた

思い当たる項目がある方は、前立腺が肥大している可能性があります。

前立腺は膀胱の下に位置しており、中に尿道が通っています。

加齢などによって前立腺が肥大すると、尿道が圧迫されて、様々な尿のトラブルを引き起こすようになるのです。

尿について悩みを抱えている方は、早めに泌尿器科を受診するようにしてください。

 

前立腺肥大は他人事ではない?

前立腺肥大は特定の人が罹患する病気だと他人事のように考えていませんか?

実は前立腺肥大は、中高年なら誰でも患ってもおかしくない病気なんですよ。

前立腺の肥大は、加齢によって進行し、

  • なんと60歳の日本人男性では60%
  • 80歳以上になるとさらに増えて80%以上

もの罹患率となっています。

前立腺肥大は、他人事ではないのです。

 

前立腺肥大がEDを引き起こす

前立腺肥大は、尿トラブルを起こすだけではありません。

精力の要でもある勃起力を低下させ、EDを引き起こす原因にもなります。

前立腺が肥大する事で、骨盤内の血行が悪くなる事がEDを併発させると考えられています。

実際に、前立腺肥大の治療を受ける事でEDが改善した事例が多数報告されています。

40歳以上の男性で勃起力に不安を感じている方は一度、前立腺肥大になっていないか泌尿器科を受診してみてください。

 

参照:https://www.hama1-cl.jp/

 

かぼちゃの種で前立腺肥大が予防・改善できる!

3ce44c7194e46244ad34f8bda918e75d_s

前立腺肥大を予防・改善する効果があるとして古くから研究されてきたのが、「かぼちゃの種」です。

かぼちゃの中でも、特にペポカボチャと呼ばれる種類が「薬用かぼちゃ」としてヨーロッパでは用いられています。

特にドイツではペポカボチャの種が、前立腺肥大の予防・治療薬として保健省から認可されているんですよ。

欧米以外でも、かぼちゃの種は「南瓜仁(なんかにん)」として漢方の世界でも用いられています。

 

 

かぼちゃの種に含まれる成分

cc59893aaa9a4a8b58f840e8d708f0d5_s

かぼちゃの種には、前立腺肥大の予防・改善を始め、精力アップに有効な成分が豊富に含まれています。

かぼちゃの種に含まれている有効成分は以下の通りです。

  • リグナン
  • 植物ステロール
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • セレン

 

リグナン

リグナンはポリフェノールの一種であり、

  • 活性酸素を除去する作用
  • 炎症を抑制する作用

があります。

さらに、女性ホルモンに似た作用を有しており、乱れたホルモンのバランスを整える効果があります。

前立腺肥大には、女性ホルモンの補充が有効であるため、リグナンを含有するかぼちゃの種が予防・改善に効果を発揮するのです。

 

植物ステロール

かぼちゃに含まれている植物ステロールには、前立腺の細胞の生まれ変わりを正常にする作用があります。

そのため、リグナンとともに前立腺肥大を予防・改善する効果が期待できます。

 

ビタミンE

ビタミンEは、「セックスビタミン」とも呼ばれています。

末梢の血流量を増加させ、血液の流れをスムーズにする働きがあるため、勃起力の増大に効果が期待できます。

さらに高い抗酸化作用も持っているため、精子の劣化防止にも有効です。

 

亜鉛

「セックスミネラル」として有名なのが、亜鉛です。

亜鉛は性ホルモンの分泌や生殖機能の健全化になくてはならないミネラルです。

  • 精力アップ
  • 不妊の改善

などに効果が期待できます。

 

セレン

セレンも亜鉛と並んで、精力アップに効果の高いミネラルです。

セレンは精力を減退させる活性酸素を分解する働きを持っています。

ビタミンEと一緒に摂取する事でより高い効果が期待できるため、かぼちゃの種はまさにベストな食材なのです。

 

参照:http://www.wakasanohimitsu.jp/

 

かぼちゃの種の精力への効果

871631f0bcad40eff482e86458fde75b_s

前立腺肥大を予防・改善する

  • リグナン
  • 植物ステロール
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • セレン

などを含有する事で、かぼちゃの種は様々な角度から精力に効果を発揮します。

かぼちゃの種の精力への効果は以下の通りです。

  • 血行を促進して勃起力を高める
  • 前立腺肥大を予防・改善してEDを防止する
  • 活性酸素を除去して精子の質と量を改善する

 

かぼちゃの種の正しい食べ方

fdf18e1209fa88e30850479fea5dd924_s

それでは、最後にかぼちゃの種の正しい食べ方をお伝えします。

  • ペポカボチャを用意する。
  • かぼちゃから種を取り出し、水を張ったボウルの中でワタとぬめりを洗い落とす。
  • 天日で1~2日乾燥させる。
  • フライパンに入れ、弱火で少し色が付くまで空煎りする。
  • 両端を噛んで殻を割って中身だけを食べる。
  • 目安は1日あたり20~30粒。

 

まとめ

前立腺肥大がEDの原因になるなんて、驚いた方も多いでしょう。

前立腺の肥大は40歳から始まり、中高年男性では珍しくない病気です。

自分は大丈夫だと過信せずに、勃起力の低下や尿トラブルなど思い当たる節がある方は、専門医を受診しつつ、かぼちゃの種を試してみてください。

参考
「下半身の若さがみるみるよみがえる100のコツ」 主婦の友社