グリチルリチン酸ってなに?どんな成分?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリチルリチン酸」という名前を聞いたことはありますか?

化粧品にも含まれている成分の名前ですが、今回はこのグリチルリチン酸について解説していきます。

グリチルリチン酸とは?

グリチルリチン酸は「カンゾウ(甘草)」という「生薬」に含まれる成分で、すぐれた「消炎作用」などがあります。

グリチルリチン酸は水に溶けにくいので、水に溶けやすすくするために、「カリウム」と化合させてできているのが「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

一般用医薬品では、「のどのはれ」や」「痛み」を鎮める目的で「かぜ薬」や「口腔内殺菌トローチ」などに使われています。

また、「胃粘膜」や「鼻粘膜」の炎症を鎮める目的で、「胃腸薬」や「鼻炎薬」、目の炎症を鎮める目的では「点眼薬」など様々な用途に使用されている成分です。

次に、カリウムと化合してできたグリチルリチン酸ジカリウムのお肌への効果を見ていきましょう。

 

グリチルリチン酸ジカリウムのお肌へ効果

強力な抗炎症作用

グリチルリチン酸ジカリウムは強力な抗炎症作用を持って、医薬品やスキンケア用品にも使用されています。

原料の「甘草」は昔から口内炎や喉の炎症のケアとして、「甘草湯にして生薬として用いられてきたものです。

アレルギー反応抑制作用

グリチルリチン酸ジカリウムにはアレルギー反応抑制作用もあるとされていますので、アレルギー体質の方でも比較的安心して使用しやすいものがあります。

しかしながら、すべてのアレルギー反応を抑えるというわけではないので、お肌の敏感な方の使用前には「パッチテスト」を行うなどの注意が必要です。

ウイルスや細菌の増殖の抑制

グリチルリチン酸ジカリウムには、ウイルスや細菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。

グリチルリチン酸ジカリウムの成分が含まれた化粧品やシャンプーを使用すると、皮膚や頭皮の細菌の増殖を抑えることができます。

これによりお肌の炎症やフケ、かゆみなどを防ぐことが可能となります。

こんな良いことづくめのグリチルリチン酸ジカリウムですが、副作用はないのでしょうか?

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムによる副作用

偽アルデステロン症を引き起こすことがある

グリチルリチン酸ジカリウムを服用すると「偽(ぎ)アルデステロン症」を引き起こす可能性があります。

「血圧を上昇させる物質」である「アルドステロン」が増加して高血圧になる「原発性アルドステロン症」という病気があるのですが、「偽アルデステロン症」はアルドステロンが増加していないのに同じようなの症状が出るものです。

「グリチルリチン酸ジカリウム」や「甘草」を服用した場合に起こり、高齢者や身体の小さな方に起こりやすいとされているので、グリチルリチン酸ジカリウムの容量に関わらず発症するものなので注意が必要です。

高血圧や低カリウム血症の症状を引き起こすことがある

「偽(ぎ)アルデステロン症」の症状として、「高血圧」や「低カリウム血症」の症状が現れます。

「高血圧」になると

・動悸
・頭痛
・頭重

などの症状が現れます。

また低カリウム血症は尿として排出されるカリウムの量が増加することで、

・手足の脱力
・筋力低下
・筋肉痛
・手足のしびれ
・足がつる

などの症状が現れるもので、これらの症状が出たら偽アルデステロン症の疑いがあります。

※「偽(ぎ)アルデステロン症」は、「甘草」を使用した「生薬」やグリチルリチン酸ジカリウムを使用した「風邪薬」や「胃腸薬」などを服用することで起こる副作用の可能性です。

少量の成分でも引き起こされることがあるので量は無関係ですが、化粧品としてお肌に塗る分には問題はないものです。

「偽アルデステロン症」はあくまでお薬として服用した場合に起こる副作用ですので、化粧品として使用する場合は副作用リスクはほとんどないという認識で良いでしょう。

しかしながら、まれにお肌に合わない方もいるので、敏感肌の方が使用する前には注意が必要です。

次にグリチルリチン酸ジカリウムの使用方法について見ていきましょう。

グリチルリチン酸ジカリウムの使い方

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、お肌の環境を整えたりキープしたりするのに効果的なので、育毛剤などをはじめ市販のスキンケア化粧品にも含まれています。

・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・殺菌作用

など様々な効果や効能が期待できる成分ですので、保湿クリームやローション、シャンプーなどを購入するときにグリチルリチン酸ジカリウムの配合したものを選んでみるのも良いでしょう。

そんなグリチルリチン酸が入っている育毛剤といえばチャップアップ!

モンドセレクションを受賞しているおすすめの育毛剤ですよ!

⇒チャップアップの購入はコチラ!

 

まとめ

グリチルリチン酸は「カンゾウ(甘草)」という「生薬」に含まれる成分で、すぐれた「消炎作用」などがあります。

グリチルリチン酸は水に溶けにくいので、「カリウム」と化合し「グリチルリチン酸ジカリウム」とします。

グリチルリチン酸ジカリウムは育毛剤や化粧品などに含まれているので、成分がふくまれた製品を使用してみるのも一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る