グリチルリチン酸の効果・効能とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「グリチルリチン酸」「甘草の根」に含まれる有効成分で、「スクロース(砂糖)」の30~50倍の甘みを持つとされています。

また、グリチルリチンや甘草の根に含まれる成分は多数の薬効があり、特に「消化性潰瘍」や「去痰薬」としての効果があります。

他にも育毛剤や化粧品など様々なケア用品などにも配合されているグリチルリチン酸ですが、その効果や効能はどんなものがあるのでしょうか?

 

グリチルリチン酸の効果&効能

抗炎症作用

皮膚科でも使われているほどに効果が期待できるので、お肌が荒れがちな敏感肌の方に支持されています。

アレルギーのお肌の方に

抗炎症作用があることに加え、抗アレルギー作用にも期待できますが、すべての方のお肌に合うというわけではないので、化粧品を使用する前には必ずパッチテストを行なうことがオススメです。

ニキビができにくいお肌に

つぶれてしまったニキビの他にも、これからできてしまうニキビの予防にもなり段々とニキビができにくいお肌にしていきます。

・石鹸
・クリーム
・育毛剤
・美白用化粧水
・敏感肌用の化粧品
・ニキビの症状を緩和する化粧品
・口内炎やのどの炎症を抑える風邪薬
・フケやかゆみが出るのを抑えるシャンプー

など様々な用途に利用されています。

解毒作用

身体にとって毒となるものを分解する、「肝臓の機能を高める」効果があり、これにより

・慢性肝炎
・ウイルス性肝炎
・肝機能障害

などの予防や治療薬にも配合されています。

・胃潰瘍
・胃炎
・十二指腸炎

にも効果があり、急性胃炎などになると「カンゾウ」の成分が処方されることもあるようです。

そんなグリチルリチン酸が入っている育毛剤といえばチャップアップ!

モンドセレクション金賞を受賞しているおすすめの育毛剤ですよ!

⇒チャップアップ購入はコチラ

 

ステロイドと同じ効果が

ステロイドとは?

ステロイドとは、成分表示には「副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン」と書かれていて、人の身体の中では腎臓の上にある「副腎」という臓器で作られているホルモンです。

これがお薬で使用される「副腎皮質ホルモン」の場合には、「天然成分から人工的に作られた成分」なのです。

この成分は、

「抗炎症」
「抗アレルギー」

の効果があり即効性に優れているのでとても便利なものです。

病気になると体は治そうとして体内に炎症が起こり、そのために自分の細胞を傷つけてしまうということが体内で起こってしまいます。

身体のその部分の働きが弱くなることで、他の病気が引き起こされるということも出てきて、アレルギーの場合にも「身体の免疫機能(悪い物質を排出する作用)」が過剰に働いてしまいます。

身体に悪くない物質(植物や金属、食べ物など)
にも反応してしまい、これにより炎症やかゆみなどが起こり、この状態を抑制するためにステロイドを用います。

グリチルリチン酸2kのステロイド様作用

グリチルリチン酸2kは、ステロイドと同様な抗炎症、抗アレルギー効果があり、これを「ステロイド様作用」といい、即効性ではなく緩やかな効果を発揮します。

ステロイドと同じであれば副作用が気になるところですが、次に副作用について見ていきましょう。

グリチルリチン酸の副作用リスク

グリチルリチン酸ジカリウムにも副作用のリスクが存在し、「1日の摂取量が40mg」を超過すると「偽アルドステロン症」という症状をきたす可能性があるとされています。

この症状は、「副腎皮質ホルモンの一種」である「アルドステロン」の分泌量が正常であるのに、アルドステロンが過剰分泌された際に起こるアルドステロン症と同じ症状を示すというものです。

具体的には、

・高ナトリウム血症
・低カリウム血症

という形で症状が現れますが、化粧品の場合は配合量が少ないもので服用して摂取するわけではないので問題はないものです。

しかしながら、グリチルリチン酸の配合されている製品や他の成分も含め、ご自身のお肌に合わない場合や季節の変わり目や体質の変化などで、今まで使ってきたものでも急にお肌に合わなくなる場合もあります。

お肌の弱い方は特にそうですが、製品を使う前には「パッチテスト」をしてからがおススメですし、もしもお肌に合わなかった場合には使用を中止して、しばらく様子を見た上でそれでも治まらない場合には専門医を訪ねるのが良いでしょう。

 

 

まとめ

グリチルリチン酸の効果や効能は

・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・ニキビ抑制作用

があり、その成分は化粧品や風邪薬、石けんやシャンプーなど幅広く利用されています。
また、

「解毒作用」により

・慢性肝炎
・ウイルス性肝炎
・肝機能障害

などの予防や治療薬にも配合されています。
その上、

・胃潰瘍
・胃炎
・十二指腸炎
・急性胃炎

などになると「カンゾウ」の成分が処方されることもあるようです。

そして、ステロイドと同じ効果があり、即効性ではなく緩やかな効果を発揮するので上手に活用するのも一つです。

⇒グリチルリチン酸が入っている育毛剤といえばチャップアップ!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る