グリチルリチン酸はフケの原因になるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンプーや化粧品などに含まれている「グリチルリチン酸」ですが、これはフケの原因になってしまうのでしょうか?

今回は、グリチルリチン酸とフケの関係について調べてみたいと思います。

その前に、グリチルリチン酸についておさらいしてみましょう。

 

グリチルリチン酸とは?

「グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)」は「甘草(カンゾウ)」の根茎または根から抽出した成分「グリチルリチン酸」の誘導体です。

育毛剤での表示では

・グリチルリチン酸2K
・グリチルリチン酸ジカリウム
・カンゾウ
・甘草
・甘草エキス

の名称で記載されていますが同じものです。

次は、グリチルリチン酸ジカリウムが髪の毛に与える影響について調べてみたいと思います。

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草という植物の根から抽出された成分であるグリチルリチン酸を、水に溶けやすくした成分のことをいいます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムが毛髪に与える影響

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているシャンプーや育毛剤には、頭皮の炎症やアレルギー反応を抑えて、健やかな頭皮や美しい髪をキープする効果が期待されています。

抗炎症作用

皮膚の炎症を抑える働きがあり、頭皮に使用した場合には頭皮湿疹や炎症を鎮めるとされています。

抗アレルギー作用

アレルギーによる肌荒れを抑えてくれる効果も期待でき、頭皮にもアレルギー反応によってかゆみや湿疹などができることがあり、グリチルリチン酸ジカリウム配合のシャンプーや育毛剤を使用すると頭皮環境の改善が期待できます。

殺菌作用

雑菌の繁殖を抑えてくれる働きがあるので、ニキビ肌用の化粧水などに使用されていて、これは、頭皮にも雑菌が存在しているので、その繁殖を抑制して頭皮環境も整えてくれます。

上記のような作用がありますが、毛髪が健康に育つためには、頭皮が健康である必要があり、

頭皮に

・かゆみ
・フケ
・炎症
・湿疹
・ニキビなどのようなできもの
・かさぶた

などのような症状がある場合は、頭皮トラブルの可能性があるので注意する必要があります。

上記のような症状は、頭皮湿疹や乾燥などの頭皮トラブルによるものかもしれませんので、グリチルリチン酸に限らず育毛剤や化粧品の使用には注意が必要となります。

また、症状が出ているにもかかわらずに大丈夫と、そのまま放っておくと頭皮の健康を損ない髪の成長に支障をきたす危険性があるので専門医に相談されるのがおススメです。

 

 

グリチルリチン酸はフケの原因になる?

今回のテーマですが、結論から言えばグリチルリチン酸とフケとの直接の因果関係はないものの、グリチルリチン酸とお肌自体がまれに合わない場合があり、これによりフケが生じたり頭皮が痒くなってしまったりすることがあります。

お肌が弱かったり季節の変わり目や体質の変化などで、今までかぶれなかったものがかぶれたりすることがグリチルリチン酸の使用時にも起こる場合があります。

なので、使用時にはパッチテストをしてからの使用がおススメですし、もしもかぶれてしまいしばらくしてもトラブルが改善されないときは専門医に相談するようにしましょう。

フケの原因にはならないことが分りましたが、副作用はないのでしょうか?

 

グリチルリチン酸の副作用

 

ステロイドと同じ作用がある

グリチルリチン酸にはステロイド剤と同じ作用があり、ステロイドとグリチルリチン酸の化学式が類似しています。

つまり、そうなるとステロイドと同じような免疫抑制作用があり抗炎症作用があるということになり、抗炎症作用があるクリームや化粧品を使うと確かに炎症がなくなりお肌はキレイになります。

しかしながら、恐ろしことには含有量が微量で本人も意識がないために長期に渡って使用してしまうところにあり一生使い続ける可能性が出てきてしまいます。

なので、グリチルリチン酸が含まれる化粧品を止めたとたんに、顔に赤みや発疹が出たという報告はたくさんあります。

ステロイド剤よりはるかに微弱ですが、長期連用になってしまうケースが多いようです。

パッチテストで自分に合うか確認しよう

ただ、育毛剤など頭皮に塗る場合の製品においてのグリチルリチン酸については含有量も少なく、お顔に塗るものとはまた違いますので副作用はほとんどないという認識で良いでしょう

しかしながら、まれにお肌に合わない方もいるので、パッチテストをしてからの使用が好ましいですし、もしもお肌に赤みやかゆみなどが現われた場合には使用を中止した方が良いでしょう。

 

 

まとめ

グリチルリチン酸はフケの原因になるかですが、これはグリチルリチン酸とフケの直接的な因果関係はないようです。

しかしながら、お肌が敏感肌だったり季節の変わり目や体質の変化などで、グリチルリチン酸の入った製品がお肌に合わずに、それによってフケやかゆみが引き起こされることがあります。

そんなときには使用を中止して様子をみても治まらない場合には、専門医に相談するのがおススメです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る