フィンペシア服用の正しい用法・容量とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はフィンペシアの服用における正しい用法・用量について紹介します。

取扱い説明書に記載されている正しい飲み方

薬というものは、作用がある反面、副作用もあるため、取り扱いには注意が必要です。

フィンペシアの取り扱い説明書に記載されている正しい飲み方をみてみましょう。

一日一回

基本は一日一回の服用でオッケーです。

錠剤を分割する必要もなければ、回数を増やすことで、効果が上がるわけでもありません。

一般的に薬局などで売られている商品の中には、毎食後に服用するタイプのものもありますので注意しましょう。

また、

どのタイミングで飲んでも構いませんが、飲むタイミングは固定してしまうのがいいようです

理由としては、フィンペシアの有効成分であるフィナステリドの血中濃度を一定に保つためです。

毎日同じタイミングで飲むようにすれば、習慣化しやすいというメリットもありますね。

一日1mgが上限

一日の服用量は、1mgが上限とされています。

ちなみに説明書には、「男性成人には通常、0.2mgを一日一回、経口投与する」といった記載がみられます。

関連記事:フィナステリドについて

 

耐性が出てきたら使用量を増やすべき?

フィンペシアを継続して服用していると、耐性ができてしまい、薬による効果が薄くなるという説もあります。

この場合、使用量を増やすべきかどうかという問題が出てきますが、用量を増やすことは推奨されません

その理由として、

  • 薬の効果が薄くなるということに関し、正確なデータが得られていない
  • 規定量を超えてしまうと、副作用を被るリスクが高まる

ためです。

 

用量を誤ってしまうとどうなる?

用量に関する基本的な考え方は、以下の通りです。

  • 用量が少ないと、効果が比較的緩やかで、副作用のリスクもより低い。
  • 用量が多いと、効果が比較的顕著で、副作用のリスクもより高い。

つまり、前述したように、適量以上のフィンペシアを服用してしまうと、副作用のリスクは高まります

なお、副作用には以下のようなものが挙げられます。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 精液減少

いずれも頻繁に起こるものではありませんが、AGA治療薬という性格上、最低でも3ヶ月~6ヶ月程度は継続して使用する必要があることを忘れてはいけません。

中には1年や3年といった長い期間にわたり、継続している方も。

当然、使用期間が長くなればなるほど、副作用のリスクは高まります

以上を踏まえれば、規定の使用量を超えて使用し続けることは、非常に危険性の高いことだとお分かりいただけるでしょう。

 

たくさん飲めば飲むほど効果的?

前項で、用量が多いと、効果が比較的顕著であるという記載をしていますが、あくまでもこれは、規定量範囲内(0.2mg~1mg)での話。

早く結果を出したいからといって1mgを超える量を服用したとしても、さらなる効果は期待できません

多用することで、育毛効果が見られたという話も実例もないのです。

それどころか、規定量を超えることによって、副作用のリスクが高まることは大いに考えられます。

規定量以上の服用は単に、薬の浪費をするのみならず、自らの体にダメージを与える行為であることを認識しておきましょう。

 

フィンペシア服用における禁止事項

フィンペシアの説明書における効果・効能の説明に、以下のようなこと記載されています。

  • 男性型脱毛症にのみ適応されること
  • 20歳未満での安全性や、有用性は確立されていないこと
  • 女性に対しての適応がないこと

そもそもの話、フィンペシアは男性専用のAGA治療薬のため、女性に対する効果は期待できません

それどころかフィンペシアは女性にとって、触れてもいけない程の危険な薬です。

その証拠に、飲み薬のフィンペシアには厚めのコーティング剤が施されており、ピルカッターなどを用いてそれを切断することも禁じられています。

最悪のケースとして、妊娠中の女性が触れたり服用したりすると、胎児が奇形児になってしまう恐れがあります。

薬の成分は血中にも及ぶため、授乳中ももちろん避けるようにしてください。

また、男性であっても20歳未満の方の使用は推奨されていません

20歳未満であっても薄毛に悩める男性は実在しますが、安全性はもちろんのこと、有用性においても結果が証明されていないため、使用は避けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

実際に効果を実感している方がいるAGA用の薬とはいえ、

  • 用法
  • 用量

をきちんと守らなければ、思わぬリスクを招いてしまう可能性も考えられます。

個人的な判断ではなく、必ず

  • 説明書に沿って使用する
  • 医師(特に頭髪専門のクリニック)の指示に従うようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る