フィンペシアで性欲は減退する?勃起や精子に影響はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬による治療を始めた際に気になってしまうのが、様々な副作用の可能性についてですよね。

AGA治療薬であるフィンペシアには、性欲の減退など男性特有の副作用の可能性がささやかれていますが、実際のところ具体的な根拠などはあるのでしょうか。

治療に取り組まれる方であれば必ず確認しておきたい内容だと思います。

フィンペシアで性欲は減退する?

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドを取り入れることによる性欲減退についてですが、同じくフィナステリドを主成分とするプロペシアの販売元であるメルク社がこれを認め、副作用の可能性を肯定しています。

これにはどういった因果関係があるのでしょうか。

関連記事:フィナステリドについて

 

フィンペシアで性欲が減退する理由は?

フィンペシアの服用によって性欲減退が引き起こされるリスクがあるのは事実ですが、その因果関係については未だ宙ぶらりんのままで、様々な憶測が飛び交っている状況です。

その中でもこれが原因なのではないか。

とされているいくつかの仮説を紹介していきたいと思います。

テストステロンが減少するため

男性のたくましさの源ともされているテストステロンですが、これが減少すると精力ややる気の低下など、様々なマイナス要素が生じてしまいます。

実際に、テストステロンが多ければ多いほど、精力や性欲は上昇することが、科学的にも証明されています。

ところがフィナステリドによるテストステロン減少については立証されていません。

むしろ、5aリダクターゼがジヒドロテストステロンの生成を抑えることによって、テストステロンの量は増えるのではないかといった声もあるほど。

その一方で、フィナステリド服用者が女性化していったり、男性乳がんなどの副作用に冒されている例があるのも事実です。

この辺りの詳細に関しては、今後の研究に期待したいところですね。

頭頂部以外の部位で、5aリダクターゼが阻害されている

フィナステリドの働きは、5aリダクターゼとテストステロンの結合を防ぐことで、ジヒドロテストステロンの生成を抑えるというもの。

本来、この働きは生え際や頭頂部などに集中するのですが、これら以外の場所でも、5aリダクターゼは存在しています。

もし仮に、精巣などの箇所において5aリダクターゼが阻害されているとすれば、精子の生産過程に悪影響を及ぼしてしまう可能性も否定はできません。

AGA男性は元々精子の量が少ない

薄毛と精子の量に関して、興味深いデータがあります。

それは薄毛の男性はそうでない男性と比較し、精子の数が60%程度少なく、量も20%ほど少ないというもの。

つまりここから、AGA患者は治療薬を服用するしないにかかわらず、元々なんらかの原因があって、精子の量が少なくなっているのではないかという仮説が導き出されるのです。

思い込みによるもの

性欲減退に関して、興味深い実験がアメリカで行われています。

フィナステリドのプラセボ(偽薬)を投与された被験者のうち、約2%が性欲減退や勃起不全などの症状を訴えたというのです。

もちろん、このプラセボにフィナステリドは配合されていませんので、フィナステリド=性欲減退というイメージが先行してしまったことが原因と考えられます。

実際に、男性機能というのは非常にデリケートなもので、ストレスを抱え込んでいたりすると、本当に勃起しなくなってしまうものなのです。

 

フィンペシアをストップして、改善された例もある

前項で紹介したいずれの仮説についても決定打となる証拠がないため、性欲減退や勃起不全などの体験をされている方にとっては、非常にモヤモヤするかと思います。

そこで、改善策というわけではないですが一つ、知っておいていただきたいことがあります。

フィナステリドの摂取をストップして、性欲減退などの男性機能が回復した例がいくつかあるという事実です。

実はこれ、同じくフィナステリドを主成分とするプロペシアの添付文書に記載があります。

本剤の投与中止後に、精液の質が正常化または、改善されたとの報告がある。
※プロペシア医薬品インタビューフォームより

プロペシアとフィンペシアは同じ治療薬ではありませんが、主成分として含まれているものはどちらもフィナステリドです。

もちろん、だからといって性欲減退や勃起不全などの症状を被ったAGA患者の全てが、フィンペシアの服用を一時中止することで、その症状を改善できるとは言えません。

あくまでも、改善策の一つとして、頭に入れておく価値はありますよ。というイメージです。

男性機能に限った話ではありませんが、副作用かな?と思われる症状に対して悩んだ際には自己判断をせず、薬のプロにきちんと相談し、判断を仰ぐようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

男性機能に支障をきたすのは、男性として非常に辛いものがある上、具体的な原因や解決策が明確でないのは非常に辛いもの。

プラセボの件でもわかるように、本当に思い込みが悪影響に繋がっている可能性もあるので、AGA治療を始めても副作用の可能性は1%未満といわれているので、ビクビクしないことが大切かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る