フィンペシアとミノキシジルの併用の副作用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAに効果があると言われている、

どちらも効果があるのでしたら、一緒に飲んで少しでも早く、AGAを改善したいと思いますよね。

しかし、併用した時に心配になるのは、副作用

元々副作用が噂されるAGAだからこそ、副作用が強く出てしまうのか、チェックしてみましょう。

日本皮膚科学会(2017年)のガイドラインによるとミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。とされています。
しかし外用ミノキシジルであれば日本でも厚生労働省から認可されています。
ミノキシジルをAGA治療で使用する場合は内服薬ではなく、リアップなどの外用ミノキシジルを使用するのがおすすめです。

 

フィンペシアとミノキシジルについて

併用して飲んで良いのかどうかの前に、

  • フィンペシア
  • ミノキシジル

をきちんと理解出来ていないと、併用なんて出来ませんよね。

各治療薬の詳しい情報をきちんと理解しましょう。

フィンペシア

フィンペシアはフィナステリドを主成分とした、AGAの治療薬です。

フィナステリドと聞くと何かにも使われていなかったかな?とAGAについて調べている人でしたら思うのではないでしょうか?

そう、フィナステリドはプロペシアの主成分として使用されていました。

つまり、フィンペシアは、プロペシアのジェネリック薬品です。

ジェネリック薬品なので、低価格な事以外はプロペシアと何も変わり無く、プロペシア同様、AGAになってしまう原因の男性ホルモンに直接的に攻撃して

  • 抜け毛
  • 薄毛

を予防し育毛に力を注ぐ役割は何も変わらないのです。

副作用としても、ジェネリック薬品だからと言って無くなってしまう訳でも無く、プロペシア同様に起きてしまいます。

  • 勃起不全
  • 性欲衰退

性欲衰退してしまう事で、勃起不全が起きてしまう場合や、性欲はあるのに関わらず勃起が出来なくなってしまう場合等、人によって副作用の出方は違いますが、男性ホルモンに影響を与えるので、どうしても、生殖器の副作用が出やすくなってしまいます。

ミノキシジル

ミノキシジルは、

  1. 血流をよくする事によって
  2. 頭皮に栄養が行くようにし
  3. 育毛を促してくれます
  • 塗りミノ

と呼ばれるもので、

  • 塗るタイプ

の治療薬があるので、治療の選択をする事も出来ます。

副作用も、ミノキシジルは、元々高血圧の治療薬として使用されていたので、少し独特な副作用が起きてしまいます。

  • 血圧の低下
  • 動機やめまい
  • かゆみや赤み

現在、高血圧の治療を行っている人は、副作用で血圧が下がり過ぎる可能性があるので、ミノキシジルは使用する事は出来ません

他にも、血圧が低い人は副作用で血圧が下がりすぎ

  • 動機
  • めまい

が起きてしまう可能性も出てしまいます。

又、

  • かゆみ
  • 赤み

といったものは、皮膚の弱い人が、塗りミノを頭皮に塗る事によって皮膚疾患が出てしまう可能性もあります。

血圧は生命にも影響していくので、副作用には十分に注意が必要となります。

併用について

では、

  • フィンペシア
  • ミノキシジル

は併用して使用する事が出来るのでしょうか?

結論から言うと、併用する事が出来ます

しかし、併用すると副作用のリスクが上がりそうですよね。

併用した場合のリスクはどうなのでしょうか?

併用時の副作用

普通の風邪薬でも、病院や薬局で処方して貰う際に、聞かれる事が

「他に飲んでいる薬はありませんか?」

ですよね。

その事からも分かるように、治療薬を併用するという事は副作用が一番の心配となってしまうのです。

  • 肝臓への負担
  • 初期脱毛
  • 体の痛み

ファインペシアの分解は肝臓で行われます。

元々肝臓の弱い人は、ファインペシアを使用出来ない場合もある位ですが、二つを併用する事によって、肝臓への負担は更に大きなモノへとなってしまいます。

肝臓の異常を言われた事が無い人で有っても、異常が出る恐れがあるのです。

初期脱毛は副作用では無く、古い毛が抜け、新しい毛に生まれ変わる為の当たり前の育毛サイクルですが、二つを併用する事によって、その初期脱毛の量が多くなり、症状が強く出る可能性があります。

治療薬が効果がある証拠なのですが、これを副作用と勘違いしてしまうひともいますので、注意が必要です。

一番心配なのは、体への負担です。

効果があるからこそ、

  • 頭皮に痛みを感じてしまったり
  • 胃に不快感を覚えてしまう

可能性は大いにあります。

副作用が強く出て、生活に支障がある場合もあるので、きちんと医師と相談し、中断も視野に入れながら使用しないといけないですね。

注意点

併用時の注意点は、副作用だけではありません。

ちょっとした行いで、恐ろしい事態を招く事にもなりかねないのです。

  • アルコールは禁止
  • 女性にも配慮を

ミノキシジルは元々血圧を下げる為に使用されていた薬です。

知らない人も多いかもしれませんが、実はアルコールを呑むと血圧が低下しています。

アルコールが好きで過剰摂取してしまった場合、血圧が低下し、それに輪をかけ、ミノキシジルで血圧を下げてしまい、これは本当に命に関わる程の危険行為です。

又、男性のAGAの治療薬であって、女性には害になってしまう可能性があるのです。

女性が触れる事によって、妊娠している場合は、胎児に奇形が起きてしまったり、多毛症になってしまったりと、女性からしたら予想もしない影響をもたらしてしまいます。

二つを併用している場合に周りに女性がいる場合も、十分に配慮をしてあげるようにしてあげてください。

飲み方

併用時には、少しでも体に負担を掛けない為にも、

  • 飲み方
  • 飲み合わせ

に注意が必要です。

  • 水で飲む
  • 朝から昼に飲む
  • 同じタイミング

若い人は特にかもしれませんが、どうしても、その辺にあるジュースやコーヒ等で服用しがちですが、効果をきちんと出す為にも水で飲むようにしましょう。

体の為を考えると、肝臓に負担を少しでもかけない為に、服用のタイミングは朝から昼がオススメです。

これは、寝る前等に飲むと体の機能も休んでしまうので、体に負担を掛けやすくなるのです。

併用する場合は、朝と夜に分けたり等、工夫をした方が良いように感じられるかもしれませんが、一緒に服用して問題はありません。

むしろ、体の負担を考えれば、別々に飲んで一日中体に負担を掛けている状態にするよりもまとめて飲んだ方が、負担が軽減されます。

飲み忘れも一緒に飲む事で、減らす事が出来るでしょう。

まとめ

  • フィンペシア
  • ミノキシジル

を同時に服用する場合は、体への負担が心配となってしまいますが、決して併用してはいけない訳ではないので、効果を早く実感したい人にはプラスに働く事が多くなるかもしれませんね。

併用した時は、

  • フィンペシア単体の副作用
  • ミノキシジル単体の副作用
  • 体の痛み
  • 肝臓への負担

を十分に注意し、治療を行ってください。

併用する場合は特にネットでの購入を避け医師と相談した上で、きちんと治療を行って行きましょう。

髪の毛も大事、でも、あなたの体はもっと大事ですよ。

個人輸入だと怖いという人は医師が遠隔で診察してくれて、なおかつ定期便のように薬が届く安心の「Gグリーンクリニック」がおすすめですよ!

⇒Gグリーンクリニック公式サイト

G.グリーンクリニック

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る