フィナステリドの0.2mg・1mg・2mg・5mgそれぞれの目的・効果の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本では劇薬にカテゴライズされるフィナステリド

フィナステリドの用法は濃度によってどのように使い分けをするのでしょうか?

フィナステリドの効果は?

はAGA治療に効果が認められている成分です。

そのような公的にも安全性と効果が認められているフィナステリドの効果は大きく分けて次の2つです。

  • AGAの原因物質である脱毛ホルモンのDHTの発生を抑える効果
  • AGAの進行を止める働き

フィナステリドの効果は日本皮膚科学会でも「A オススメできる」という評価もらっており、

  • 安全性
  • 効果

は公的にも折り紙つきです。

また基本的には効果は量が多くなればそれに応じて高くなります。

しかし問題は

  • 効果
  • 副作用

は表裏一体ですので、副作用も起こりやすくなってしまうんです。

関連記事:フィナステリドについて

 

副作用は濃度に比例して起こりやすくなる

フィナステリドは副作用から

  • 男子ホルモンの減少
  • ホルモンバランスの乱れ

を引き起こします。

そのため女性、特に妊娠中の女性には禁忌扱いです。

また副作用として具体的な症状としては

  • やる気や性欲の減退
  • 軽いうつの症状
  • 精子の質の低下

などが自覚症状としてあらわれます。

フィナステリドの副作用はフィナステリドの濃度が上がれば上がるほど、比例して起こりやすくなるので濃度を高くした時は少し注意しましょう。

次は各フィナステリド薬の

  • 濃度と効果
  • 副作用の関係

を見ていきましょう。

関連記事:フィナステリドの副作用

 

フィナステリド0.2mgと1.0mgはどう違うの?

  • 0.2mg
  • 1.0mg

を比較するとあまり効果に差はありません。

勿論多少は1.0mgのほうが効果があります。

しかし濃度が5倍になっているのに効果の方はそうではありません。

  • 0.2mgのフィナステリドの濃度を使うと頭皮のDHTの減少率は56.5%
  • 1.0mgのフィナステリドの濃度を使うと頭皮のDHTの減少率は64.1%

と、5倍の濃度の変化があるにもかかわらずAGAの原因物質DHTの減少率は7.6%程度にとどまっています。

また副作用の方は、フィナステリドの添付文書を見てみると1.0mgのほうが0.2mgよりも副作用が発現しやすいという結果が記載してあります。

 

2.0mgと5.0mgの効果は?濃度別DHTの減少の割合

ではこれよりも含有量の多い

  • 2.0mg
  • 5.0mg

はどうなのでしょうか?

こちらもやはり濃度が数倍、数十倍になったからといって効果はそれに比例することはなさそうです。

具体的に

  • 0.01mg
  • 0.05mg
  • 0.2mg
  • 1.0mg
  • 5.0mg

を例にとって、それぞれの濃度とAGAに対しての効果を見ていきましょう。

※フィナステリドの効果はDHTの減少率で示してます。

1999年に行った研究結果では次のような実験結果が出ています。

フィナステリドの濃度(mg) 頭皮のDHTの減少率(%) 血中のDHTの減少率(%)
0.01 14.9 なし
0.05 61.6 49.5
0.2 56.5 68.6
1.0 64.1 71.4
5.0 69.4 72.2

 

どうでしょうか?濃度に応じて効果が出ているといえますがその減少の割合の減少率は明らかに小さくなっています。

さらに基本的に濃度に0.2mgと1.0mgとでは少ししか薬の値段は変わりませんが、副作用が起こる確率も高くなってしまいます

その辺を総合的に考慮した上でお医者さんやAGA専門のクリニックの人、もしくは自分で購入される方は判断していきましょう。

 

フィナステリドの濃度と費用の関係

フィナステリドは保険が適応されない薬ですので各病院で薬の値段は違いますが、一般的な例としてプロペシアを例にとってフィナステリドの費用を考えていきましょう。

  • フィナステリドの費用は0.2mgと1.0mgで値段は少ししか変わりませんが、
  • 2.0mgと5mgは1.0mgをそれぞれ2個、5個飲む必要があり費用がかさんでしまいます。

 

公的なフィナステリドの使用上限量

フィナステリド薬のプロペシアには

  • 1.0mg錠
  • 0.2mg錠

があり、病院で処方されるものは1mgがスタンダードです。

また個人輸入のECサイトを見ても販売されている濃度は1.0mgが大半を占めています。

基本的には1日一回1mgを上限に経口投与していくのが基本方針のようです。

もし副作用が気になる場合はほとんど効果に変わりはないので0.2mgから初めてみるのもいいでしょう。

関連記事:プロペシアについて

 

フィナステリドの量とオススメな人

では具体的に0.2mgよりも1.0mgがオススメなのは次のような人です。

  • AGAが進行してしまい薄毛の状態が進んでいる人
  • 少しでも早くAGAを直したい人
  • 健康な男性

やはりわずかですが、0.2mgよりも1.0mgのほうがAGAに効果が高いです。

また値段もあまり変わりません。

ですので、上記のような項目に当てはまる方は1.0mgがいいでしょう。

もしも副作用が気になる方は、効果は少しだけ低いですが0.2mgがオススメです。

 

まとめ

基本的な効果は濃度に依存しないようです。

あなたの体の状態専門家の意見を聞きながらAGA治療にフィナステリド薬を組み込んでいきましょう。

下記からフィナステリドがはいったプロペシアを購入することができます。

⇒プロペシアを個人輸入する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いまのあなたにおすすめ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る