フィナステリドってどんなもの?効果や副作用は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛の治療に用いられる薬でミノキシジルとならんでポピュラーなものがこのフィナステリドです。

AGAの治療する時にも実際、

をセットで処方する病院は多いです。

AGAに対しての発毛効果も相乗作用を起こすように出来ているのでAGAの治療には最高の組み合わせの1つといえます。

今回はこのフィナステリドの具体的な効果と副作用をまとめています。

薄毛のケアには必須の知識だと思いますので、きちんと理解してフィナステリドを使っていきましょう。

AGAの基礎的なメカニズム

まずAGAの基礎的なメカニズムを説明します。

  1. まず男性ホルモンが脱毛酵素である5αリラクターゼによってDHTに変化します。
  2. このDHTが毛根細胞をアタックして髪の毛の成長をストップさせてしまいます。
  3. その結果として髪の毛が細く柔らかくなり、最後には抜け落ちてしまいます。

フィナステリドはこの男性ホルモンをDHTに変えてしまう5αリラクターゼに作用し、AGAの直接的な進行を止める効果をもっている成分です。

一方でミノキシジル

  • 血流の改善
  • 毛根細胞の細胞分裂

を促す成分です。

  • フィナステリドはAGAの直接的な原因を断ち切る
  • ミノキシジルは発毛の促進とAGAに発症してしまった髪の毛に成長を促す

ということから、AGAの治療に対してとても相性がとてもいいのです。

 

フィナステリドの用法用量

フィナステリドの効果が実感できるまでには約半年間の服用が必要になります。

その間、1日の最大用量の1mgを守りながら、常に血中に常にフィナステリドが流れている状況を作る必要があります。

こうすることでAGAの進行を止めるもしくはほとんどとまった状態にすることが出来ます。

もし、フィナステリドがなくなってしまうとAGAの進行が始まってしまうので、注意が必要です。

 

フィナステリドの副作用

性機能の減退と胎児への影響

AGAの治療薬は男性ホルモンの分泌を抑える働きがあります。

その結果、精子の無力症などを引き起こし妊活において妊娠しにくい男性側の要因を作ってしまいます。

子供を作ることを考えている人には1ヶ月間ほど間を空けることをオススメします。

また症例は少ないのですが男性ホルモンは男女ともに性欲を司っていますので、

  • 性力の減退
  • 勃起の不全

を引き起こすこともあります。

また最後にフィナステリドは女性のホルモンバランスを乱す副作用がありますので、口からの吸収はもちろん皮膚からの吸収についても要注意です。

特に妊婦の時にはミノキシジルにもいえることですが胎児に重大な悪影響を与えてしまいますので絶対に服用してはいけません

関連記事:フィナステリドと性欲の関係について

 

肝機能への悪影響

フィナステリドは

  • 内服
  • および外用薬

です。

薬は肝臓で吸収され肝臓に少なからず負担をかけます。

疲労などで肝機能が弱っている場合は副作用が出やすいので気をつけましょう。

うつ病を引き起こす

男性ホルモンは

  • やる気
  • 活力

を引き起こすホルモンです。

このホルモンがフィナステリドの働きで減退してしまうとうつ病を引き起こしてしまうことがあります。

この症例は1%と低いですがフィナステリドを服用してから、うつ病の初期症状である

  • 「いらいらする」
  • 「やる気がでない」

などの気分の変化があった場合は医師などの専門家に相談しましょう。

 

こんな人はフィナステリドの使用は控えましょう

ネガティブな人

男性ホルモン減退の影響からもいえるのですが、なによりストレスを感じることで円形脱毛症などの他の脱毛症などの原因になってしまいます。

また、ストレスによって発生されるコレチゾールというストレスホルモンは、

  • 体を冷やし
  • 血流を悪くさせて

AGAが悪化する原因になります。

AGAの治療中は強度の高い運動ではなく

  • ヨガ
  • ウォーキング

などの有酸素運動を取り入れて、うまくストレスを解消し、前向きにAGAの解消に取り組みましょう。

女性

フィナステリドは男性用のAGA治療薬です。

女性が使ってしまうとホルモンが乱れてしまうことがありますので、女性の使用は厳禁です。

子作りを控えた人

ミノキシジルにも言えることですがフィナステリドは男女ともに妊娠に不適なコンディションを作ってしまいます。

胎児に悪い影響(男児の場合、生殖器などに異常)を与えてしまうため、女性は

  • 少量でも吸収しないようにすること
  • 皮膚からの吸収でも影響がでてしまう

ということから、かなり注意が必要です。

 

まとめ

  • 男性ホルモンを抑制し、
  • ホルモンバランスを乱してしまう

フィナステリドは禁忌とされる条件や状況がいくつかあります。

妊活時にはフィナステリドの使用は控えたほうがいいでしょう。

特に女性は、あなただけでなく未来の赤ちゃんを守る為だと思って使用は厳禁としてください。

しかし男性にはフィナステリドはミノキシジルと効果を相補的に補いながら、発毛に対して相乗作用をもたらすので、使い方を守ればベストの発毛剤の組み合わせになります。

リスクをコントロールしてうまく使っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る