EDと言う言葉自体を聞いたことある男性は多いでしょう。

英語で「Erectile Dysfunction」と言い、勃起機能の低下を意味します。

  • 40代以上では20%
  • 50代以上になると40%もの人

がこのEDに悩まされると言われています。

そんな方に対する治療法を紹介します。

 

 

EDとは?

EDとは、男性特融の病気で、勃起不全の事を言います。

この勃起不全は、実は多くの男性が悩みの種としています。

勃起不全と聞くと、全く勃起出来ない人の事をいう様に感じられますが、それは間違いです。

性行為の時に、

  • 途中で勃起が収まってしまったり
  • 勃起する迄の時間に時間がかかる

こんな症状もEDとなります。

性行為が満足いく様に出来ない事はEDとなりうるのです。

 

 

EDの特徴

EDにはただペニスが勃起しないだけや、ストレスで立たなくなっただけでは無く、様々な原因が生じます。

 

症状

誰にだって最初はあるのです。

最初はあるという事は、自分がEDなのかどうか初めは判断を付ける事が難しいですよね。

  • 性欲はあるが、興奮しても勃起しない
  • 勃起が持続しない
  • 十分に固くならない

完全に勃起しなくなってしまうと、これはEDだと思う人が多い様ですが、

挿入する事が出来ても、柔らかくなってしまい抜けてしまう事や、

勃起はするが、十分に勃起出来ていない状態も勃起不全となります。

他の病気とは異なり、

  • 痛み
  • かゆみ

等は感じず、本当に勃起が不全になる事だけが症状となります。

 

 

原因

動脈の広がりが完璧でない為に勃起不全は怒りますが、勃起不全の原因は、病気等から来る影響だけとは限りません。

  • ストレス
  • 喫煙
  • 薬の副作用

外的な要因とし、ストレスや喫煙等が挙げられます。

メンソールの煙草を吸うと、勃起がしにくくなるという話しを耳にした事はありませんか?

それは満更嘘ではありません。

喫煙は、体を悪くするだけでは無く、勃起にも影響を与えます。

  • 加齢
  • 生活習慣病

EDの原因として最も多いモノがこの生活習慣病です。

糖尿病や高血圧等は、動脈硬化へと繋がり、動脈の広がりへと影響するのです。

この事から、EDへと繋がって行ってしまいます。

生活習慣病と加齢は隣り合わせの為、加齢になると勃起不全の人が多くなってしまうのです。

癌は、ペニス周辺の細胞を取ってしまった事から勃起不全へと繋がってしまします。

勃起は男性にとっての宝、命を繋ぎ止める為の手術の引き換えに、宝を失ってしまう可能性と隣り合わせになってしまうのです。

 

 

治療法

EDになったからと言って諦める必要はありません。

治療法は沢山あるのです。

それは病院に通わなくても出来る簡単なモノからあるのです。

 

生活習慣の改善

生活習慣病から、EDになる人が多い世の中だからこそ、生活習慣病を改善させて行けば良いのです。

  • 禁酒
  • 喫煙
  • 運動

糖尿病等の重度の病気を簡単に解決する事は出来ませんが、禁酒や喫煙は少しずつ改善される事が出来るのです。

禁酒も喫煙はピタッと止める事は出来ませんが、少しずつ量を減らし喫煙に成功する様にしましょう。

もし、メンソールの煙草を吸っているのであれば、メンソールの煙草をメンソールなしの煙草に変える事から始めましょう。

アルコールも毎日飲んでいるのであれば、少しずつ減らし、付き合い程度の量にしてみましょう。

歳を重ねる度に、運動も行わなくなって行ってしまうので、運動も取り入れましょう。

どれも最初は辛いかもしれませんが、勃起力を取り戻し、素敵な女性を抱けるのであれば、我慢出来るのではありませんか?

 

食事

食事はなかなか自分で調整するのは難しいかもしれませんが、EDの回復の為に、1食だけでも、改善させてみませんか?

  • にんじんのスムージーを飲む
  • ジャンクフードを止める
  • 精力剤になる食べ物を取る

にんじんは勃起力に効果があると言われています。

3本程度のにんじんをミキサーに入れ、スムージーにして飲んでみましょう。

スムージーが面倒臭かったり、にんじんが嫌いな人は、精力剤になる食べ物でも大丈夫です。

  • うなぎ
  • アナゴ
  • カキ
  • メロン

は精力剤となります。

なかなか食べる機会がないなと思った人も簡単に摂取できるのが、生姜

普段食べない様な物かもしれませんが、ED改善に向けて、食卓に並べてみましょう。

 

バイアグラを飲む

自分で出来る事を行ってもなかなか勃起が起きない。

でも、勃起しなければいけない場面が訪れた。

そんな時は、病院に頼る事だって必要となってくるのではないでしょうか?

病院に行くと、周りの人にEDなんだとバレルから嫌だと思う人は少なくありません。

病院に行かなくても、バイアグラは今は入手する事が出来ます。

ネットには沢山の種類がありますし、誰にもばれずに入手出来ます。

しかし、バイアグラに手を染めようとする場合は、やはり一度病院を受診する事が最善です。

あなたの中に本人では気付いていない病が隠れているかもしれませんし、バイアグラは100人が100人飲んで良い薬ではありません。

心臓が悪い人等が飲んでしまうと、死に至る場合だってあります。

バイアグラに手を出す前には一度病院を受診しましょう。

その後からネットで購入すれば、恥ずかしい思いも数回で済みます。

恥よりも命を取ってくださいね。

 

 

まとめ

EDは若い人にでもなる可能性のある、男性には常に付きまとう病気となります。

もしかしたら、急に明日あなたの大事なペニスが立たない事態に襲われるかもしれないのです。

EDにならない事が最善ですが、なってしまっても大丈夫。

治療法も沢山あるし、原因さえ分かれば改善されるかも。

大切なのは、勃起不全になってしまったからと言って、悩みすぎない事。

悩む事で更にストレスになってしまい、更に勃起不全に陥ってしまうのです。

もしかしたら、誰にも言えないだけで悩みを抱えている友人は沢山いるかもしれません。

まずは考え過ぎずに、自分の勃起不全と向き合う事からスタートしましょう。