デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

デュタステリドはダメ!!!

などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当サイトではデュタステリドの効果や副作用まで包み隠さず、そして客観的な意見でご紹介していきます。

ちなみに結論から申し上げるとデュタステリドは2015年9月28日に厚生労働省に正式認可された成分です。

AGA治療薬としては

フィナステリド
ミノキシジル

に次いで3つ目の成分となりました。

 

デュタステリドとは?

デュタステリドはフィナステリドと同じように前立腺の治療薬として使われていた「成分」です。

この作用がフィナステリドと同様にAGA治療に効果があるのでは?と研究開発されたのです。

AGA
「男性ホルモン」と「ジヒドテストステロン」が合体し「DHT」という物質を作り、これが毛乳頭(簡単に言うと「毛根」)を攻撃して起こります。

デュタステリドは「男性ホルモン」と「ジヒドテストステロン」が合体するのを抑えることから、フィナステリドと同じ働きをするのです。

フィナステリド
・デュタステリド
ミノキシジル

だけがAGAを治療できる成分ですが、これらそれぞれの違いを説明していくまえに
次のリストだけ覚えておくと分かりやすいです。

「フィナステリド」・・・抜け毛を抑制する守りの成分
「ミノキシジル」・・・育毛効果のある攻めの成分
「デュタステリド」・・・抜け毛を抑制する守りの成分

 

デュタステリドとフィナステリドの違いは?

デュタステリドとフィナステリド「抜け毛を抑制する守りの成分」という点では同じですが、少し違いがあります。

これらの違いについてご紹介していきます。

違いの前にAGAの原因をさらに詳しく

先ほど「男性ホルモン」と「ジヒドテストステロン」が合体して「DHT」という物質を作ると言いました。

実はこの「ジヒドテストステロン」には「I型」と「Ⅱ型」が存在します。

【正式名称】
・5α還元酵素Ⅰ型(又は、Ⅰ型5αリダクターゼ)
・5α還元酵素Ⅱ型(又は、Ⅱ型5αリダクターゼ)

【これらの違い】
・5α還元酵素Ⅰ型・・・側頭部や後頭部に多い
・5α還元酵素Ⅱ型・・・前頭部や頭頂部に多い

AGAに多いのが前頭部と頭頂部ですよね?

おでこからハゲてきたり、カッパみたいにハゲてきたりする人が多いと思います。

逆に側頭部や後頭部からハゲてくる人は少ないです。

実はほとんどのAGAの原因は前頭部や頭頂部に多い「5α還元酵素Ⅱ型」が原因なのです。

そしてデュタステリドとフィナステリドの決定的な違いはどちらに作用するかの違いなのです。

 

抑制する力の違い

結論から説明すると

フィナステリド・・・5α還元酵素Ⅱ型に効く
デュタステリド・・・どちらにも効く

という違いがあります。

これだけ見るとフィナステリドの効果性が薄いと感じるかもしれませんが、そもそもAGAの原因は5α還元酵素Ⅱ型が大きく関係しているので、AGAクリニックでも処方されているのです。

 

効果の違いはあるの?

個人的な見解から説明すると

AGAの原因は5α還元酵素Ⅱ型なので、フィナステリドだけで十分だと思っています。

しかし直径1センチのなかに髪の毛が何本成長しているか(抜け毛が少なく成長しているのか)の研究結果データを見ると

フィナステリド・・・72本
デュタステリド・・・108本

となっており、デュタステリドはフィナステリドの1.5倍の効果性があるということができます。

また先ほど、デュタステリドとフィナステリドは「抜け毛を抑制する守りの成分」と言いましたが、実はデュタステリドには発毛や増毛の効果も認められており「攻めと守り」の両方の効果があるのです。

 

副作用の違い

フィナステリドやデュタステリドには一部副作用が認められています。

いずれも1%~2%の確率の副作用なので多くの人に当てはまる副作用ではないかもしれません。

共通する副作用としては「精力減退」や「勃起不全」などが共通しています。

これは先ほども説明したように1%~2%の割合の人に出るもので「プラシーボ効果」も含めるとかなり低い確率の副作用だと考えられます。

というのも「精力減退」や「勃起不全」になると書かれているWEBサイトの多くは
「フィナステリドやデュタステリドは男性ホルモンを抑制してAGA治療をする」
だから性欲がなくなる・・・

というものですが、実際は「男性ホルモン」と「5α還元酵素」の結合を防ぐ効果なので、服用が直接的に精力減退や勃起不全に関係するとは言い難いからです。

その他にも共通している副作用としては「妊婦」や「女性」が服用または触れると胎児(特に男児)の場合、生殖器の成長に悪影響を及ぼすというものがあります。

 

耐性やリバウンドの違い

フィナステリドが入った医薬品は「1mg」のものが多いですが、デュタステリドは「0.5mg」が多いです。

これだけデュタステリドの方が効果が高いということが言えます。

しかしその分フィナステリドとは違うデメリットがあるのではないかと考えられています。
それは

・耐性が付きやすいかもしれない
・リバウンドが激しい

ということです。※
※まだ科学的に実証されていない

つまりデュタステリドを飲み続けると効果性が薄れてくるという「耐性」が付き、デュタステリドの服用をやめると抜け毛が激しくなるという「リバウンド」が大きいかもしれないということなのです。

 

交互に併用するのがベストかも

これらのデメリットを補うために、オススメされている服用方法が以下のようなものです。

・3ヶ月~6カ月で服用を中止し「耐性」をつけないようにする
・リバウンドしないようにフィナステリドを服用する
・3ヶ月~6カ月後にデュタステリドに再度切り替える

というように
半年ごとにデュタステリドとフィナステリドを切り替えつつ服用するということです。

「耐性」や「リバウンド」についてはデュタステリドと比べて小さいですが、フィナステリドにも起こることなので、このように交互の服用がオススメです。

 

デュタステリドとミノキシジルの違いは?

次にデュタステリドとミノキシジルの違いについてご説明していきます。

こちらはフィナステリドとの違いほど細かい違いはありません。

そもそも効果性が違う

「抜け毛を防ぐ」デュタステリド⇒守りの効果
「育毛効果のある」ミノキシジル⇒攻めの効果

の違いです。

逆に言えば、デュタステリド単体の服用だと発毛効果はあるものの、抜け毛を予防することが主体なので、効果を感じるのに時間がかかるかもしれません。

 

短期間で効果を得たいなら併用がオススメ

そういった意味で
デュタステリドとミノキシジルを併用して服用するとAGA治療中の人にとっては比較的短期間で効果を実感できると思います。

なおフィナステリドでも同じようにミノキシジルと併用することがオススメで、多くのAGAクリニックでは

・フィナステリド×ミノキシジル
・デュタステリド×ミノキシジル

のダブルで処方することが多いです。

次からはデュタステリド単体で色々とご説明をしていきます。

 

デュタステリドの効果ってどんなの?生え際や前髪に効く?

デュタステリドは既にご紹介したように抜け毛を予防する効果があります。

前髪の生え際やてっぺんにももちろん効く

デュタステリドは前頭部や頭頂部に多い5α還元酵素Ⅱ型が男性ホルモンと結合するのを抑制するため

・前髪の生え際の抜け毛
・M字ハゲ
・てっぺんハゲ

などで悩んでいる方にも効果が期待できます。

 

全方位的な効果が期待できる

加えて側頭部や後頭部に多い5α還元酵素Ⅰ型にも効果性を発揮するので、全体的に抜け毛が気になる人にもオススメできます。

ただAGAとしては側頭部や後頭部が薄毛になることはあまりないのが特徴です。

 

発毛が期待できる可能性がある

フィナステリドが含まれる薬の説明書には「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と書かれており、「抜け毛を予防する守りの薬」と言えます。

しかしデュタステリドは作用はフィナステリドと同様のものですが、説明書には「男性における男性型脱毛症」という記載になります。

実は発毛や増毛の効果も認められており、「進行遅延」という言葉が無くなっているのです。

そういった意味で
「髪の毛を生やす攻め」と「抜け毛を抑制する守り」の2つの効果があると言えるのです。

 

デュタステリドの効果が出るまでの期間は?

何度も説明しているようにデュタステリドは抜け毛を防止する薬なので、ミノキシジルと違い、効果を感じるまでの時間としては6カ月以上見ておいた方がいいでしょう。

ただしフィナステリドと違い、増毛や発毛の効果も認められている成分ではあるので、効果を実感するのは早いかもしれません。

 

デュタステリドの副作用ってどんなもの

先ほどはフィナステリドの比較で副作用をご説明しましたが、デュタステリド単体で詳しく副作用をご紹介していきます。

デュタステリドで考えうる副作用は以下の通りです。

しかしこれはまだ研究段階であり、プラシーボ効果も含まれているので、正確な判断をするのは早いです。

またフィナステリドは「性欲減退」の副作用があるとWEBサイトでは騒がれていますが、その発症確率は1%~2%とかなり低いことから、デュタステリドにも同じようなことは言えます。

・勃起不全や性欲減退、射精障害
・肝臓への負担
・頭痛、めまい、気分の落ち込み
・腹痛
・じんましん、かゆみ、むくみ

特に勃起不全の性の問題に関してはその正確性は分かっていません。

肝臓への負担に関してはどのような薬も肝臓へ負担をかけるので一般的な副作用と言えるでしょう。

また頭痛、めまいなども多くの薬で見受けられる副作用です。

表だって、デュタステリドだけが強く出る副作用というのはなさそうですが、それぞれの体質がありますから、服用をしてみて、異変を感じたら医師に相談するのがいいでしょう。

 

飲み続けると耐性は出てくる?

先ほども説明しましたが、デュタステリドは効果性が高い薬で耐性が付くかもしれないと考えられています。

これらの耐性の問題により、AGAクリニックでの処方がまだ普及していない状態です。

ただこの耐性の問題についてはフィナステリドと同様です。

実は2015年から認可されている薬なので、まだまだデータとしては不足している部分があり、このデュタステリドの耐性についてももう少し見守る必要がありそうです。

現状はデータ的には「耐性がつくことはない」としか言いようがないのが現状ですが、使用者の意見としては使い続けると効果が薄くなってきていると感じる人もいるようです。

 

服用量の目安や正しい服用方法は?

デュタステリドとは0.1mgと0.5mgがあり、これらの薬を1日1回決められた時間に服用するようにしましょう。

また食事の前後は特に関係ありません。

ただし毎日決まった時間に飲むことが効果を最大限発揮する服用方法なので「朝食後必ず飲む」など自分の決めた時間を守って服用するのがいいでしょう。

また未成年の服用での試験が行われていない薬なので、未成年が服用することはできません。

 

服用するにあたっての禁忌事項はある?

デュタステリドと同時に摂取してはいけない食べ物や飲み物は特にありません。

また併用を禁止されている薬はありませんが、併用する場合は注意しなければならない薬はあります。

それが「ケトコナゾール」という成分が入った薬です。

ケトコナゾールは真菌を殺菌する薬で、水虫やカンジダ治療に用いられる薬です。

 

献血する際や妊婦さん、小さいお子さんがいる方は注意!

デュタステリドはその成分が皮膚からも吸収される成分なので、女性、妊婦、授乳中の方、子どもが触れることはできません。

特に小さい子ども、妊娠中(特に男児を妊娠)の場合、生殖器の成長に悪影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要です。

これと同じ理由で妊婦さんも輸血を必要とする場合があるため、服用中は献血をしてはいけません。

献血をする場合はデュタステリドを服用中止してから6カ月以上あけるようにしましょう。

 

デュタステリドは通販で購入できる?価格の相場は?

では最後に、デュタステリドが含まれる薬一覧をご紹介します。

デュタステリドが含まれる薬の中でも

・アボダート(海外)
・ザガーロ(日本)

が先発正規医薬品になります。

どちらもグラクソスミスクラインという製薬会社のものです。

AGAクリニックで処方されるのはザガーロになります。

これら以外のジェネリック医薬品の場合は個人輸入で購入することになりますが、怪しいサイトで個人輸入すると偽物や類似品を購入してしまうことになるので、しっかりした業者で購入するようにしましょう。

当サイトでは安全性が保障されている「オオサカ堂」をオススメしています。

 

デュタステリドが入った薬一覧(ジェネリック含む)

それではデュタステリドが入った薬の一覧をご紹介します。

ザガーロ

製薬会社:グラクソスミスクライン(イギリス)
含有量:0.1mg、0.5mg
1箱あたり:30カプセル
価格:9,500円

2015年9月28日に厚生省の認可が下りて販売されたものです。

もともとは前立腺肥大の薬として販売されていた「アボルブカプセル」と同様の内容です。

正式な認可を受けているため、日本国内でデュタステリドを処方される場合は、このザガーロが処方されます。

こちらは個人輸入することはできませんが、ザガーロと全く同様のもので、海外で売られているアボダードであれば個人輸入できます。

これはアボダートがジェネリック医薬品というわけではなく、販売国によって「名前が変わっている」と思ってもらえると理解しやすいと思います。

製薬会社もグラクソスミスクラインで一緒です。

 

アボダード

医薬品名:アボダート
製薬会社:グラクソスミスクライン(イギリス)
含有量:0.5mg
1箱あたり:30カプセル
価格:3,464円

国内のAGAクリニックで処方されているザガーロと同じ製薬会社、同じ成分の海外版がアボダートです。

ジェネリック医薬品や模倣品などではないので、ザガーロを試したいけど、もっと安く手に入れたい!!という方にはオススメです。

ザガーロの約3分の1の金額なので試しやすいです。

⇒アボダートを個人輸入する

 

デュタボルブ

医薬品名:デュタボルブ
製薬会社:ロイドラボラトリーズ社(フィリピン)
含有量:0.5mg
1箱あたり: 30カプセル
価格:2,083円

国内で承認されているザガーロと同一成分のジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品だけにザガーロやアボダートと比べてもかなり安価に販売されています。

ザガーロが高いのでアボダード→アボダードでも問題なかったのでデュタボルブ
という流れで切り替えていくのがいいかもしれません。

⇒デュタボルブを個人輸入する

 

【育毛剤】ドクターゼロ5HP&7HP

医薬品名:ドクターゼロ
製薬会社:DSヘルスケア(アメリカ)
含有量:ミノキシジル5%、7%。デュタステリド0.1%
1本あたり:60ml
価格:4,980円

ドクターゼロ5HPがミノキシジル5%
ドクターゼロ7HPがミノキシジル7%

入っている育毛剤です。

またデュタステリドも0.1%配合されている育毛剤です。

デュタステリドの配合量は少ないですが、リアップなどのミノキシジルだけが配合されている育毛剤よりも効果が高いと推測されます。

リアップより効果を期待したい場合に切り替えるのがいいかもしれません。
(もちろんリアップは日本でも承認されているミノキシジル配合育毛剤なので効果はあります。)

⇒ドクターゼロを個人輸入する

 

デュプロスト

医薬品名:デュプロスト
製薬会社:シプラ社(インド)
含有量:0.5mg
1箱あたり:100粒
価格:5,523円

インドのシプラ社という会社が製造しているフィナステリド配合薬です。

シプラ社はフィナステリド配合薬「フィンペシア」を製造している製薬会社でもあります。

100粒で5,523円と30粒換算にすると1,600円程度と最安値。

ただシプラ社のフィンペシアが「プロペシア」のジェネリック医薬品ではなく、成分が同じの類似品※という経緯もあるため、不安な方はアボダードやデュタボルブあたりを服用されるのがオススメです。

※インドが国際的な特許条約に加盟していなかったため違法ではない
※フィンペシアは偽物ではなく成分自体はプロペシアと同じ

⇒デュプロストを個人輸入する

 

ベルトリド

医薬品名:ベルトリド
製薬会社:インタス社(インド)
含有量:0.5mg
1箱あたり:100粒
価格:5,028円

インドのインタス社はフィナステリド配合薬である「フィナロ」を販売している製薬メーカーです。

フィナロはフィンペシアと同じでプロペシアのジェネリックではなく類似品という位置づけになってしまいます。

価格もデュプロストと同じ程度で若干安くなっています。

デュタプロスと同様に精神的には少し上級者向きかもしれません。

⇒ベルトリドを個人輸入する

 

デュタス

医薬品名: デュタス
製薬会社:ドクターレッディーズラボラトリー(インド)
含有量:0.5mg
1箱あたり:300錠
価格:13,416円

こちらはインドの製薬会社ですがジェネリック医薬品かどうかの判断がついていません。
(分かり次第追記します)

ただ300錠で13,416円と30粒換算にすると1,341円と非常に安価に手に入ります。

しかし300錠からの販売になるので、アボダードやデュタボルブを利用して効果があった方が購入するような流れの方がいいと思います。

⇒デュタスを個人輸入する

 

デュタプロス

医薬品名:デュタプロス
製薬会社:コサックファーマ(トルコ)
含有量:0.5mg
1箱あたり:30錠
価格:2,793円

コサックファーマというトルコの制約会社が販売しているジェネリック医薬品です。

トルコは海外からの投資によりジェネリック分野が急速に発達している国です。

価格的にはジェネリックではないアボダードより500円程度安い価格となっており

かなり個人的な意見になりますが、この程度の価格差ならアボダードを購入した方が良さそうです。

⇒デュタプロスを個人輸入する

 

まとめ

デュタステリドの効果や副作用、そしてフィナステリドミノキシジルとの違いをご紹介しました。

色々調べた結果、個人的に以下のように思っています。

・まずはフィナステリドを服用
・6カ月後にデュタステリドに切り替え
・その6カ月後にフィナステリドに再切替

という流れがオススメ。

また個人輸入するのであれば以下のように思っています。

・先発医薬品である「アボダード」がオススメ
・安さを求めるならジェネリックの「デュタボルブ」がオススメ
・もっと安くならインドの薬もあるが個人的にはちょっと不安

最後に・・・
副作用や耐性、ジェネリックかどうかの間違った知識がWEB上では多く出回っているので、この記事がお役にたてば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る