デュタステリドは生え際に効果がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フィナステリドミノキシジルに続き、第三のAGAに対する有効成分として認められたデュタステリド

公式に認可を受けたのが2015年ということもあり、まだまだ詳しくその全貌を理解している方は少ないのではないでしょうか。

今回は、フィナステリドとの違いを含めながら、デュタステリドの正体に迫りたいと思います。

デュタステリドは生え際に効果がある?

デュタステリドに関してよく言及されるのが、「生え際に効果がある」ということです。

生え際だったら、フィナステリドも効果があるんじゃないの?

そもそも、フィナステリドとどう違うの?

このように腑に落ちない方もいるかもしれません。

それもそのはず。フィナステリドとデュタステリドは双方とも、抜け毛を予防するという点においては、AGA治療におけるアプローチが同じだからです。

まずは、フィナステリドとデュタステリドの違いをはっきりさせていくことが重要だと言えそうですね。

 

AGAには2種類の型がある


抜け毛を予防するという点以外について、フィナステリドとデュタステリドの違いを理解するには、AGAの原因を少し詳しくみていく必要があります。

ご存知の方もいるかと思いますが、AGA(男性型脱毛症)というのは、5aリダクターゼという酵素と、

テストステロンという男性ホルモンが結合することによって生成されるジヒドロテストステロンによって引き起こされます。

フィナステリドやデュタステリドはこのジヒドロテストステロンが生成されないように働きかけてくれるのですが、

実はこのジヒドロテストステロン。「I型」と「II型」の2種類があるのはご存知でしょうか。

正式名称とその違いを確認しましょう。

  • 5a還元酵素I型(もしくはI型5aリダクターゼ)→側頭部や後頭部に多い
  • 5a還元酵素II型(もしくはII型5aリダクターゼ)→前頭部や頭頂部に多い

そう、鋭いあなたなら既にお気づきの通り、両者の違いは、薄毛が進行する箇所なのです。

ここでポイントとなるのが、AGA患者はそのほとんどが、前頭部や頭頂部に悩みを抱えているという点。

つまり、ほとんどのAGAの原因は5a還元酵素II型によるものだと言えます。

AGAクリニックにおいてフィナステリドを処方されることが多いのは、こうした背景があったからなんですね。

ところでデュタステリドには、5a還元酵素I型のAGAはもちろん、5a還元酵素II型のAGAに対してもその効果を発揮することがわかっています。

え?じゃあフィナステリドよりデュタステリドの方がいいのでは?

そう感じられるのは自然なことですが、そもそもほとんどのAGAは5a還元酵素II型に起因するため、さほど神経質になる必要もないのです。

関連記事:AGAについて

 

デュタステリドには攻めと守りの効果がある

より厳密に見ていくのであれば、デュタステリドの特徴として、攻めと守りの2重の効果があることが挙げられます。

攻めと守り?どういうこと?

と頭の上にクエスチョンマークが浮かんでいる方もいるかもしれませんね。

攻めというのは、増毛効果

守りというのは、抜け毛予防を指しています。

フィナステリドやデュタステリドは抜け毛予防。

それに対し、ミノキシジルには増毛効果があると一般的には見なされていますが、実はデュタステリドにも、

攻めの効果である増毛や育毛に期待できることがわかっているのです。

ここまでをまとめてみましょう。

ここまでの情報では、どうみてもフィナステリドよりデュタステリドに軍配が上がりそうですが、フィナステリドに比べ、デュタステリドがメリットだらけというわけでもありません。

これについては、耐性やリバウンドについてみていくと、ご理解いただけると思います。

 

デュタステリドには耐性やリバウンドがある?

治療薬における耐性とリバウンド。

耐性というのは、同じ薬を継続的に使っていく中で、その薬の作用を受け取りにくくなってしまうことを指します。

また、リバウンドはAGA治療薬でいうと、服用をストップすると、その反動で抜け毛が激しくなることを表します。

実はデュタステリド、0.5mgで取り扱われていることが多く、1mgのものが多いフィナステリドと比較すると容量が半分になるため、

デュタステリドの方がそれだけ効果が高いということを読み取ることができます。

効果が高いというだけなら良いのですが、その分副作用のリスクが高まったり、耐性やリバウンドが出やすいのではないかというデメリットが考えられるのです。

こうした耐性やリバウンドに関しては、現在のところ科学的に立証はされていませんが、可能性としては否定できません。

そこでオススメなのが、フィナステリドとデュタステリドを以下のように、交互に使用していくということです。

  • デュタステリドを3ヶ月?6ヶ月で一旦中止し、耐性をつけないようにする
  • リバウンドを防ぐため、フィナステリドの服用に切り替える
  • 3ヶ月?6ヶ月後に再度、デュタステリドに切り替える

このような治療方法であれば、仮に耐性やリバウンドのようなデメリットがあったとしても、特にその影響を受けることなく治療を進めることができます。

ぜひ、AGA治療の一つの方法として、参考にしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか。

デュタステリドはI型だけでなく、II型に対しても効果があるため、生え際に限らず、頭部広範囲に対して効果が期待できると考えられます。

もちろん、効果をよりスピーディに体感したいのであれば、ミノキシジルを併用してもいいでしょう。

各成分の作用をしっかりと理解し、上手に使い分けてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いまのあなたにおすすめ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬6種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る