デュタステリドとフィナステリドの違いってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAの進行を止める効果を持つ

ですが、この2つはどう違うのでしょうか?

  • 日本皮膚科学会からの「オススメできる Aランク」のお墨つきをもらっているフィナステリドがいいのか?
  • 効果が高いとされるデュタステリドのほうがいいのか?

色々なうわさがあります。

この記事では

  • デュタステリドとフィナステリドの効果の違いは?
  • デュタステリドとフィナステリドの副作用の違いは?
  • デュタステリドとフィナステリドの使い分けはどうすればいいの?

という疑問が解決する構成になっています。

デュタステリドとフィナステリドの効果の違いは?

AGAは脱毛酵素である5αリダクターゼが男性ホルモンを脱毛ホルモンであるDHTに変え、そのDHTが毛根細胞を攻撃し毛根細胞の成長を止めてしまいます

この時、成長が止まった毛根細胞は死んだ状態とみなされ、栄養がいきにくい状態になってしまいます。

このAGAの原因物質である5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2つがあり、

  • フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼのみを阻害します
  • デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害します

そのため、その効果がフィナステリドよりも高いと言われています。

関連記事:AGAについて

 

どのくらい効果が違うの?

ではデュタステリドはⅠ型とⅡ型の2つを阻害するので2倍の発毛効果を持つのかと効かれると、そうではありません。

この理由はⅡ型の5αリダクターゼの方がAGAの薄毛に対して強く関わっているからです。

具体的にいうと、デュタステリドはフィナステリドの1.5倍のAGAの薄毛に対する効果が期待できます。

また

  • デュタステリドは5~6ヶ月が手たてば身体から完全に抜けてしまいます
  • フィナステリドは約1ヵ月前後の間身体に存在し続けます

この持続時間の長さもデュタステリドのほうが優れています

 

副作用の違いは?

デュタステリドのほうがAGAに対する効果が高い分、副作用の発現率は高いです。

添付文書によると

・プロペシア(フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬)の副作用の発現率は4%
・アボルブ(デュタステリドを有効成分とするAGA治療薬)の副作用の発現率は10.9%

というように

  • フィナステリドのほうは25人に1人
  • デュタステリドは10人に1人

と、かなり多くの人に副作用が発現してしまうことになります。

 

デュタステリドがフィナステリドの互換を果たさない訳

デュタステリドが完全にフィナステリドのシェアを奪ってしまわないのは、この副作用の高い発現率のせいでもあります。

その他の理由で挙げられるのは、この高い効果を個人的に望んでいない人もいるということがあげられます。

例えば男性ホルモンが減少してしまうという事が日々の生活のQOLを下げてしまうということなどです。

  • ストレスが高い職場にいる
  • 身体を酷使するような職業にいる

このような環境にいる人は、デュタステリドよりもフィナステリドのほうがいいとプロが判断することがあるでしょう。

このように効果は副作用と表裏一体であるために、

はどちらも使い勝手が違うといえそうです。

 

デュタステリドのオススメの使い方

数年のスパンのAGA治療で

  • デュタステリド
  • フィナステリド

も耐性が出来るのではという人もいらっしゃいます。

しかし自己判断で服用を止めてしまうのは本当にもったいないことです。

患者さんの中には

  • 濃度を増やしたらまた効き始めた
  • 飲むのをやめたら抜け毛が増え始めた
  • そのまましばらく飲んでいたらまた効き始めた

など、その人によって違います。

  • デュタステリド
  • フィナステリド

交互に飲むこと身体に負担をかけてしまうため、やめておいたほうが無難でしょう。

 

デュタステリドとフィナステリド両方に当てはまる注意点

1)毎日服用すること
これまでの効果は定期的に服用することでその効果を持続することが出来ます。

他の薬にもいえることですが、AGA治療には長期に渡って5αリダクターゼのはたらきを止めておくことが発毛の絶対条件になります。

忘れないように就寝前に飲むようにするなど工夫をしてみることをオススメします。

2)年配の人は効果の持続時間が長くなる
年配の人は肝機能がそもそもとして低下している場合が多いです。

そのため血液中のデュタステリドやフィナステリドが代謝されずにずっと残っている事が多いです。

50才を過ぎてからのAGA対策にはそのような事にも気をつける必要がありますので、もし副作用らしい症状があった場合は病院の診察をうけるようにしましょう。

 

まとめ

  • デュタステリド
  • フィナステリド

の違いは

  • 効果の高さ
  • 効果の持続時間

です。

そして、それにしたがって副作用など、悪い面も現れます

AGAはあくまでも長期戦なので、それに応じて2つの治療薬を使い分けるのがベストでしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る