AGA治療で処方される薬の種類や効果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 病院にAGA治療を受けに行った時
  • ネットでAGAの治療薬について調べた時

あまりの種類の多さにフリーズしてしまう人も多いのではないでしょうか?

この記事ではそんなあなたの為に書きました。

この記事を読む事で

  • 自分が処方されたAGA治療薬が何なのか?
  • 病院で処方される薬はどんなものがあるのか?
  • AGA治療薬の効果や気をつける点は何なのか?

という疑問がなくなります。

是非、病院で処方される薬について知りたい人は参考にしてみてください。

関連記事:AGA治療について

AGA治療薬は大きく分けると2つにカテゴライズされます

AGA治療の第一治療薬は大きく2つに大別されます。

まずはこの2つのカテゴリーについておさえましょう。

AGAの症状をストップさせる強いフィナステリド系

まずはフィナステリドという成分を主要有効成分として持つ薬です。

AGAの原因物質は5αリダクターゼという物質であり、この物質は男性ホルモンを脱毛ホルモンであるDHTに変えてしまいます。

フィナステリドはこの5αリダクターゼの効果を阻害しAGAの進行をストップさせる効果があります。

フィナステリドの副作用としては

  1. 精力の減退、ED
  2. やる気の喪失
  3. 肝機能の障害

などが1%前後ですが報告されています。

またフィナステリドは禁忌があるのも特徴的です。

この禁忌に対して注意が必要な人は

  1. 女性
  2. 妊娠中の女性
  3. 妊活中の男性

です。

フィナステリドは女性のホルモンバランスを乱してしまいます。

特に妊娠中はホルモンバランスが乱れると母体にも胎児にも危険ですし、劇薬に分類されるフィナステリドは胎児に対してとても危険な成分です。

妊娠中の女性は触れて吸収するフィナステリドの量も危険ですので十分に注意しましょう。

またフィナステリドは精子の質を下げるという報告がされていますので、妊活中の男性はフィナステリドの服用は避けた方が良いでしょう。

もし、もう既にフィナステリドを服用している場合には1~2ヶ月を空けて薬を抜いて妊活されることを強くオススメします。

関連記事:フィナステリドについて

再び発毛を促すミノキシジル系

一方、もう1つのAGA第一治療薬がミノキシジルを主成分としている薬になります。

ミノキシジルはDHTによって成長サイクルが止められてしまった毛根細胞に対して

  • 再び細胞分裂を促したり
  • 血流を促進させたり

する効果があります。

また副作用としては起こる可能性としては本当に低いのですが

  1. 心不全
  2. めまいや動悸
  3. 肝機能障害

などが挙げられます。

このどれもが起こる可能性はとても低いか、相関性がないものですのであまり神経質になる必要はありません。

1番頻発しやすいのは、ミノキシジルの中でも塗るタイプの外用ミノキシジルで起こる

  1. かゆみ
  2. 発疹

などです。

この副作用はAGA治療薬の中でもフィナステリドの禁忌を除くと一番気に留めておいて欲しい副作用になります。

この副作用があまりにひどい場合は専門家に相談して問診を受けるようにしましょう。

AGAの薬は大きく分けてこの2つのタイプです。

次に具体的に個々の薬を見ていきましょう。

関連記事:ミノキシジルについて

 

病院で処方されるフィナステリド系AGA治療薬6選

プロペシア

フィナステリドの先発薬です。

含有量は

  • 0.2mg
  • 1.0mg

がありますが、ほとんど値段は変わりません。

効果は5倍というのではなく1.0mgの方がほんの少し高くなっているといった状態ですので、副作用が気になる人は0.2mgから始めたほうがいいでしょう。

関連記事:プロペシアについて

ファイザー

プロペシアのジェネリック医薬品

安価にフィナステリドを使用したいという人にオススメです。

サワイ

国内の沢井製薬から発売されているプロペシアのジェネリック医薬品です。

有効成分量は同じなのでプロペシアと同等の効果が期待できます。

トウワ

国内の東和薬品から発売されているプロペシアのジェネリック医薬品です。

有効成分量は同じなのでプロペシアと同等の効果が期待できます。

クラシエ

このクラシエも日本のクラシエ薬品が発売しているプロペシアのジェネリック医薬品です。

同じ成分が同じ量入っているので、プロペシアと同じ効果が期待できます。

ザガーロ

ザガーロは2015年にAGAの治療薬として認可されたばかりの医薬品です。

しかし、ザガーロの場合有効成分はフィナステリドでなくデュタステリドです。

デュタステリドは効果はフィナステリドより高いのですが

  • 副作用が起きやすいこと
  • 価格が高いこと

がデメリットとして挙げられます。

 

病院で処方されるミノキシジル系AGA治療薬3選

ミノキシジルタブレット

内服のミノキシジルですが効果はリアップなどの外用ミノキシジルと比較すると高いのですが、その発毛効果が頭皮だけでなく全身にわたってしまうので注意が必要です。

しかし強い発毛効果から医師の裁量で処方されることもあります。

ロゲイン

外用ミノキシジルでリアップのもとになった医薬品です。

内服ミノキシジルよりも効果は低いとされますが、重篤な副作用が出にくく試しやすいといった特徴があります。

アロビックス

ミノキシジルではなく血流改善効果を持つ成分として塩化カルプロニウムが使用されているのが特徴的な医薬品。

日本では処方箋医薬品として承認されているAGA医薬品なので取り扱いしている病院も多くあります。

 

まとめ

複雑に見えるAGAの治療薬ですが、まずおさえるのは

です。

この2つの効果と副作用を抑えてからは、

  • 治療費
  • 欲しい効果

を自分の状態と専門家と相談しながら薬を調節しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る