薄毛は進行性?AGAの進行速度ってどれぐらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

薄毛かなと思ったとき、あなたはどんなことを考えますか?

  • 生え際が後退した気がするけど…気のせいかな?
  • つむじが大きくなった気がするな…
  • 誰かに相談したいな。

そんな風に思われる人が多いのではないでしょうか。

その薄毛がAGAである場合、はやく対策したほうがいいかもしれません。

今回の記事では多くの薄毛の原因であるAGAの進行速度についてまとめました。

参考にしてみてください。

AGAの薄毛は進行性

AGAの薄毛は円形脱毛症などとは違い進行性の脱毛症です。

放置しておくと毛根細胞に栄養がいかない状態が続いてしまい、毛髪を生やすことが出来なくなってしまいます。

さらにAGAの薄毛の範囲は広くなっていき、最終的にひどい場合には後頭部と側頭部の毛髪だけが残っているという状態になってしまいます。

AGAの薄毛のタイプには

  • 生え際が進行していくタイプ
  • 頭頂部が進行していくタイプ
  • その2つのタイプが同時に起こるタイプ

の3つのタイプがあります。

AGAの薄毛のスピードは3つ目のタイプである同時進行であるタイプがこの中では1番はやく薄毛が進行してしまいます。

そして不幸なことに日本のAGAのタイプはこの同時進行のタイプなんです。

関連記事:AGAについて

 

AGAの薄毛は自覚しにくい

自分の顔や髪型は毎日みるものですよね。

しかし、毎日見ているからこそAGAの薄毛の進行はゆっくり進行していきますので逆に気づきにくいです。

その為、身の回りの人からの薄毛の指摘は黄色信号といえます。

加えて頭頂部は一枚の鏡では確認することがとても難しい部分なのです。

 

一般的なAGA進行のスピード

特に男性が薄毛に悩む場合は95%がAGAという怖い報告があります。

AGAの進行スピード今まで書いてきたように「徐々に進行する」というのがAGA進行のパターンです。

しかし、そもそも人によって薄毛と判断する段階は違いますし、

  • 食事の内容
  • 生活習慣

などのその人の前提も違います。

ですので明確に「どのくらいの期間で薄くなる」と言い切ることは難しくなっています。

ただ、統計的にはAGAである場合5~10年くらいで明確な薄毛になるとされます。

30歳でAGAが発症した場合には35~40歳くらいで誰がどうみても薄毛になるという状況ですね。

このAGAの薄毛のスピードはあくまでもAGAの発症が基準になります。

ですので

  • 髪の毛が長い人
  • 髪型に関心がない人

AGAの発症の兆候に気づくのが遅れる傾向にあります。

そして気づいていない間もAGAは進行しますので、気づいたときには予想以上に早く薄毛が進行してしまったような感覚に陥ってしまうでしょう。

 

年代別AGA発症者の分布

年齢(歳) AGAが発症している
割合(%)
20~96 32
20~29 6
30~39 12
40~49 32
50~59 44
60~69 51
70~79 61

出展:Takashima T et al.In:Orfanos CE et al,eds.Hair Rserch.Springer,Berlin Heidelberg New York:1981 287~293

上の表の数字が各年代別のAGAになる割合です。

全体のAGAの発症率も3割の人がAGAを発症してしまうと、とても多い割合であるのが分かってもらえるかと思います。

 

急激にAGAが進行するケース

AGAは上記のようなスピードで一般的には進むのですが、その中には急激に進むようなケースもあります

急激なAGAの進行はどのような人に対して起こるのかというと

  1. 脱毛ホルモンDHTの攻撃に対しての感受性が高い
  2. 脱毛酵素5αリダクターゼがDHTを生産する生産力が高い

という2つのAGAに対する両方の特徴を持っている人です。

AGAのメカニズムは脱毛酵素である5αリダクターゼ男性ホルモンを脱毛ホルモンDHTに変化させることがきっかけになります。

このDHTが毛根細胞をアタックしAGAが発症してしまうというメカニズムなのです。

その為

  • 1.の場合

毛根細胞のDHTに対する感受性が強いことで人よりも早くAGAが進行してしまいます。

この感受性を司る遺伝子は母親の方の祖父からの遺伝子にその源があります。

  • 2.の場合

DHTを作る媒体である脱毛酵素5αリダクターゼの力がとても強い場合をさします。

そしてその遺伝子の内容は優性遺伝になります。

つまり両親のどちらかがその遺伝子を持っていれば5αリダクターゼはAGAの原因物質であるDHTをどんどん作りだしてしまいます。

  • 1.と2.この2種類の薄毛遺伝子を両方持っている場合

進行するスピードが速くなると思われます。

 

AGA進行を止めるには?

AGAの進行を止めるにはDHTを作り出す脱毛酵素5αリダクターゼの働きをブロックする必要があります。

その手段の一部を紹介します。

フィナステリドの使用

フィナステリドは日本皮膚科学会推奨のAGA治療薬で、医師のAGA治療でもミノキシジルと共に最初に処方されることが多い信頼の高い成分です。

この成分は使用すると5αリダクターゼの働きをブロックしAGAの進行を妨げます

関連記事:フィナステリドについて

ノコギリヤシの使用

ノコギリヤシは天然のフィナステリドと呼ばれAGAの進行をストップさせるのに効果があります。

さらに、抗炎症作用がありますので、外用ミノキシジルと一緒に使用した場合に

  • 頭皮のかぶれ
  • 炎症

を予防することができます。

 

まとめ

AGAの進行速度は人によってまちまちですが、放置しておくと確実に進行し、発症してから5~10年で薄毛はかなりの段階まで進んでしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る