AGAになりやすい髪型(ヘアーセット)ってどんな髪型?

       
  • 公開:2018/1/11 更新:2018/1/11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

AGAといえば

  • 遺伝的な原因
  • 薄毛の毛根の状況

に目がいくと思います。

しかし毎日の頭皮に良くないヘアースタイルはもしかすると次のような悪影響を毛根や頭皮に与えているかもしれません。

  • 髪にストレスを与える
  • 頭皮を乾燥させ肌バリアを低下させる
  • 頭皮のホルモンバランスを崩す原因になる
  • 活性酸素を発生させ毛根細胞を老化させる

などがヘアーセットで実は毎日少しづつ頭皮にダメージが積み重なっています。

今日の記事はAGAを招きやすい髪型の特徴をまとめました。

是非参考にしてみてください。

毛根にストレスを与えるロン毛

長い髪の毛であるロン毛は頭皮に重さがかかってしまい、

  • 生え際
  • 分け目

に多大な負担がかかってしまいます。

そしてこの部分から薄毛が進行してしまうことにつながります。

これに加えて髪を洗う時も大量にシャンプーを使うため、その分洗い残しを招いてしまいます。

またワックスのつけすぎも同じ様に大量のシャンプーを使ってしまいがちなので、頭皮にシャンプーが残ってしまう傾向にあります。

 

強いパーマやカラーをしている髪型

頻繁にパーマやカラーをしている人も注意が必要です。

  • パーマ剤
  • カラー剤

は頭皮へのダメージが大きいのが特徴的です。

このダメージが大きいときは肌がヤケドしたような状態になることもあります。

この高い刺激を頭皮が回復する前に続けて行うとダメージが頭皮に蓄積しAGAが発症してしまう原因になってしまいます。

パーマやカラーは1~2ヶ月の期間を空けてするのが理想的です。

 

AGAになりにくい短髪でもこんなことに気をつけましょう

ロン毛とは反対に短髪はAGAになりにくいといえます。

しかしベリーショートなどの日光が頭皮に通ってしまう髪型の場合は注意が必要です。

日光の当たりすぎは

  • 頭皮の乾燥
  • 毛根細胞の突然変異

を起こしてしまいます。

日光はビタミンDの生成になくてはならないものですが、

  • 一日に必要な日光に当たる時間は短くて大丈夫ですし
  • 日光が当たる部分は頭皮である必要はありません。

日が強い日中の長時間にわたる日光には気をつけましょうね。

 

キツく結んだポニーテールやお団子ヘアーは要注意

ロン毛の欄でも書いたのですが長時間髪を“引っ張る”状態が続くと薄毛の原因となってしまいます。

女性の場合は女性ホルモンのおかげで髪の毛が抜けにくいとはいえ、強いストレスになるのは明白です。

  • 時間を見つけて髪を解く時間を作る
  • 結んだ後に少し緩くする

などして調節しましょう。

 

オールバック

オールバックはAGAの症状が1番見られる頭皮の部分である生え際に負担をかけてしまいます。

もしAGA因子を持っていた場合にはその因子と合わせてM字ハゲのリスクを上げてしまいますので、注意が必要です。

 

長期間の同じヘアースタイル

長期間同じヘアースタイルをし続けることは同じ分け目になってしまうことになります。

するとこの分け目に

  • ストレス
  • 日光によるダメージ

が蓄積していってしまいます。

ここから薄毛が進行することは大いにありえます。

全く別の髪型に変化をつけなくてもいいので、分け目を定期的に変えるなどする事が頭皮のダメージを分散させることに繋がります。

 

ヘアーセットに関わるAGAに悪影響な習慣

普段の何気ないヘアー習慣は意外なほど頭皮に悪影響を与えています。

その中の一部を紹介しますのであなたの日々の生活に当てはまる物がないかチェックしてみましょう。

長時間かけてのヘアーセット

ヘアーセットには

  • ドライヤー
  • ヘアアイロン

などの髪の毛と頭皮にダメージを与えやすいものが沢山ありますし、ブラッシングは髪の毛を引っ張ることに繋がります。

スタイリングは短時間でストレスを減らすことがAGAの予防に繋がります。

全く手入れしない

これまでAGAを引き起こしやすい髪型という

  • 過剰なヘアメイク
  • 間違ったヘアメイク

について話してきました。

しかし逆に何もしないのもAGAに繋がってしまうのです。

例えば髪を洗った後に乾かさないで放置しておくのは

  • 頭皮

にダメージを与えてしまいますし、頭皮を冷やし血行が悪くなってしまいます

他にも

  • 雑菌の繁殖
  • 首を冷やして睡眠を浅くしてしまう

など様々なAGAに対して悪影響を及ぼします。

 

まとめ

ヘアースタイルによってはAGAを引き起こしやすくなります。

その原因は大きく分けて

  • 長時間の引っ張り
  • 日光
  • 強い刺激

などが深く関係しています。

髪の毛のダメージはケアすることは難しいかもしれませんが、頭皮の場合は

  1. 血行を良くし、
  2. 代謝が促された

状態であれば、ダメージを分散して時間を置くことで十分にいい頭皮環境を保つことが出来ます。

男性は特にAGAの症状が出やすい

  • 頭頂部
  • 生え際

を中心に上記のようなことを気をつけてみましょう。

また、女性は髪の毛が抜けにくいので

  • 日々の生活のダメージの積み重ね
  • 長時間にわたる髪の“引っ張り”

に気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いまのあなたにおすすめ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬6種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る