【AGA治療】クリニックと個人輸入それぞれのデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

AGA治療を行うと時には大きく分けて2つ方法があります。

  • 1つはクリニックで医師やAGAの専門家に意見を聞きながらAGA治療を行っていく方法
  • もう1つはAGA治療薬をインターネットでAGA治療薬だけを個人で輸入する方法

です。

この記事では

  • あなたのAGA治療にはどちらの方法がむいているのか?
  • どうやってAGA治療を考えればいいのか?
  • クリニックと個人輸入によるAGA治療のメリット、デメリットは?

という質問に答えられる内容になっています。

是非参考にしてみてください。

関連記事:AGA治療について

AGAに専門のクリニックを使用するメリット

AGA治療を行うにおいて客観的な意見を聞くことが出来ることは大きな利点ではないでしょうか。

その他にも専門家と行うAGA治療には色々な利点があります。

  1. AGA治療の前に血液検査によって事前に検査を受けることができ、リスクを回避する事が出来る。

AGA治療にはミノキシジルフィナステリドといった成分を使用するのですが、フィナステリドは劇薬に分類されていますし、ミノキシジルは血圧に影響を与えます

もちろん用法用量を守ればミノキシジルもフィナステリドも副作用は出にくいのですが、それでも不安は残りますよね。

初心者の人ならばなおさら不安でしょう。

そんなときにあなたがAGA治療薬に対して副作用を起こしやすい体質でないかを専門家が調べてくれることは非常に高いメリットになります。

  1. 頭皮の炎症やかぶれに対する診察と医薬品の処方(AGA治療に外用薬を使用する場合)

頭皮に直接ぬるタイプのAGA治療薬はナイーブな環境にある頭皮に対してトラブルをもたらしやすいです。

実際にAGA治療薬の中で起こる副作用の中でも、炎症やかぶれは1番発生率が高い副作用になっています。

これに対する対策もクリニックでは行ってくれます。

  1. AGA治療薬(ミノキシジルとフィナステリドなど)のAGA治療に対する発毛効果のチェック

AGA治療効果のチェックとは発毛医薬品(ミノキシジルやなど)によってどのくらいAGA治療効果があるのかを客観的に評価してくれることです。

例えばAGAに発症すると髪は細くなってしまいますので、AGAの治療の推移を髪の毛の太さを測り確認することが1つ。

またフィナステリドは血中に一定期間、一定濃度が存在し続けることで効果があるので、そのモニタリングを定期的にプロがやってくれることもAGA治療の客観的な評価でしょう。

  1. 定期的かつ継続的に専門家のアドバイスや提案が得られる

治療が始まると定期的に病院やクリニックに通うことになります。

そこで体の様子に対して指導と助言をしてくれます。

その結果、使用している薬がAGA治療に対して効果的なのか、副作用が起ってないことも確認できます。

また経過を診ながら治療方針の変更などもフレキシブルに行ってくれるでしょう。

  1. 進行リスクを調べるAGA遺伝子検査(希望により)

AGAは体質、遺伝が関係します。

ですので治療の初期段階で遺伝子を調べる事で治療方針を間違えることはなくなるでしょう。

 

個人輸入でAGA治療医薬品を使用するメリット

  1. とにかくリーズナブル

AGA治療をクリニックで行おうとすると1ヶ月間で2~3万円の費用がかかってしまいます。

この費用を個人でAGA治療をする場合半分以下に抑えることが出来るでしょう。

  1. 処方箋がなくても欲しい商品が手に入る

これも大きな利点です。

治療が落ち着いてくると薬をもらうためだけに病院に通う人も多くなると思いますが、忙しい人にはこれはとても手間に思えるのではないでしょうか?

  1. 誰にも気付かれずに育毛を開始できる

やはり薄毛はコンプレックスと結びついてしまいがちな症状です。

そのAGAを自分のタイミングでこっそり始められることは大きな利点でしょう。

  1. 効率のよい育毛ができるようになる

病院では安全面に考慮した手厚い治療デザインでAGA治療が行われますが、これが人によっては億劫だと感じる人もいらっしゃいます。

 

AGAに専門のクリニックを使用するデメリット

  1. 治療費が高い

医療機関やクリニックでAGA治療を行う時の治療費はとても高いです。

1ヵ月で2~3万円をみておいたほうがいいでしょう。

またプロペシアとミノキシジルの処方だけではなく、そのクリニック独自のオリジナル処方の投薬治療などもあります。

さらに育毛メソセラピー、HARG療法を選択した場合は治療費用もさらに上がってしまいます。

加えてAGA治療は保険適用外ですので治療費は実費で支払うことになります。

  1. AGAクリニックが都市部にしかない

日本全国で同じレベルの治療を受けることができないこともAGA治療のデメリットです。

 

個人輸入でAGA治療医薬品を使用するデメリット

個人輸入でのデメリットはやはりAGA治療を

  • 自己判断
  • 自己責任

でやらなければいけない点でしょうか。

ミノキシジルなどは血圧に変化を及ぼすので、血圧などは最低限フォローしながら治療を進めましょう。

 

まとめ

AGA治療においてクリニックに通院する場合も個人でやる場合も、

両方の

  • メリット
  • デメリット

を把握して自分に最適なAGA治療をデザインしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る