AGAは男性ホルモンが原因?その関係性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • 男性ホルモンが高い人は薄毛になりやすいのではないか?
  • 男性ホルモンが薄毛の原因?

こんな質問は実際のところ本当なのでしょうか。

質問の答えとして、AGAの原因は男性ホルモンであるともそうではないともいえます。

  • AGA
  • 男性ホルモン

の関わりはなくてはならない知識ですので、この記事をきっかけに正しくおさえましょう。

男性ホルモンとAGAの関係性とは?

男性ホルモンはAGAの原因物質の源です。

この点では男性ホルモンの量に比例してAGAの原因物質が生産されるのでAGAの原因物質は男性ホルモンといえるでしょう。

しかし、AGAの治療をしていくときに男性ホルモンがAGAの原因なのだから

  • 男性ホルモンをなくそう
  • 男性ホルモンを分泌しないようにしよう
  • 男性ホルモンを不活性化しよう

という考えは間違っていますし、とても危険な考えです。

関連記事:AGAについて

 

男性ホルモンをAGA治療のためになくしてしまうと大変なことになります。

確かに男性ホルモンをなくすとAGAの原因物質は作られなくなりAGAによる抜け毛は止まるでしょう。

しかし、体には重篤な悪影響を及ぼし、取り返しのつかないことになりかねません。

それには男性ホルモンが日常どのように私達の体で働いているのかを見ていくことが第1歩になります。

 

男性ホルモンの大切な役割

男性ホルモンは身体的には

  • 骨や筋肉の強度を維持し代謝を維持もしくはアップする働き
  • 動脈硬化の予防
  • メタボの予防
  • 血液を造る働き
  • 認知機能を高める働き
  • 性欲や性機能の維持もしくはアップする働き

があります。

特に

  • 筋肉に対する働きかけ
  • 血液そのものを造る働き

は髪にとってもなくてはならないものです。

更に身体的なもの以外にも男性ホルモンは精神的にも私達に対して大切な働きかけをします。

それは次のようなものです。

  • やる気を出させる
  • 判断力アップ
  • 決断力のアップ

判断力、決断力は認知機能が高まった結果そうなりますし、やる気については男性ホルモンを分泌させるとうつ病が治ってしまうくらい強力なものです。

これら様々な体のへの効果を持つ男性ホルモンをAGA治療のために制限してしまうことはとても危険なことですよね。

 

AGAのメカニズム

ではAGA治療に際して、どのような方法でAGAに対して対策をしていけばいいのでしょうか?

それにはまずAGAのメカニズムをおさえる必要があります。

AGAは男性ホルモンが脱毛酵素である5αリダクターゼによって脱毛ホルモンであるDHTに変化することが引き金になって起こります。

このDHTは毛根細胞を直接アタックし、DHTによってアタックされた毛根細胞は「死んだ状態」とみなされてしまいます。

このようになってしまった毛根細胞は十分な栄養を血液から受け取ることが出来ず、細く短く軟毛化してしまいます。

この結果として健康な毛髪ならば2年~6年ある毛髪の成長期が1年未満にまで短くなってしまい、本来よりも早く抜け落ちてしまいます

 

AGAの正しい治療方針

AGAの治療をするのに男性ホルモンをなくしてしまうと危険なのは分かりましたが、ではAGA治療の標的物質は何になるのでしょうか?

結論から言うとそれは脱毛酵素である5αリダクターゼです。

この酵素の存在は遺伝によって決まっているために今の技術では無くすことは出来ないのですが5αリダクターゼの働きを弱めるもしくは無力化することはできます。

それには病院でも使用される次のような薬を使用することで対策できます。

関連記事:AGA治療について

 

脱毛酵素5αリダクターゼの働きを阻害する薬

フィナステリド

フィナステリドは5αリダクターゼを無力化できる成分になっています。

服用の方法は毎日約1mgを服用していくことで効果がでます。

一定量の薬が常に血中に存在していることが大切ですので飲み忘れには気をつけましょう。

またこの成分が含まれた薬のAGA治療薬としての信憑性は日本皮膚科学会でミノキシジルと共に「Aランク オススメできる」の評価をうけており信用にたる成分です。

しかし

  • 女性には禁忌の扱いとなりますし、
  • 妊活中の男性には精子の質が低下してしまうためオススメ出来ません。

 

関連記事:フィナステリドについて

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは別名「天然のフィナステリド」と呼ばれるようにフィナステリドと同じよう効果があります。

具体的には脱毛酵素の5αリダクターゼを阻害する効果があり、天然のものであるせいかフィナステリドよりも副作用が少ないのが特徴です。

加えてノコギリヤシには抗炎症作用があるため、炎症を副作用として持つ外用ミノキシジルを合わせて使用する場合は特にオススメです。

 

まとめ

男性ホルモンはAGAの原因の物質ですが、AGAの治療する時に直接対策すべき物質ではありません

  1. 男性ホルモンの分泌はそのままにして
  2. 脱毛酵素である5αリダクターゼを阻害して

DHTの発生を防いでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2017-10-24

    AGA治療の闇。AGAクリニックに騙されないように少しでも知ってほしいこと。

    今回は「AGA治療の闇」について言及していきたいと思います。 AGAクリニックは国内で増加傾向…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気薬を8種比較!内服&外用の効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、また人気薬8種類を徹底比較し、分かりやすく解説していきます! そもそも…
ページ上部へ戻る