AGAには亜鉛が良い?その効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人では10人に1人がAGAに発症してしまうというという報告が出ています。

亜鉛はそのAGAの原因物質の効果をおさえるフィナステリドのような働きをします。

今回の記事で

  • 亜鉛とAGAとの関わり
  • 亜鉛はなぜ体内で不足しているのか?
  • 効果的に亜鉛を摂取してAGAを予防するにはどうしたらいいのか?

ということをまとめました。

是非参考にしてみてください。

亜鉛はAGAの原因物質の効果を抑えます

亜鉛にはAGAの直接的な原因物質である脱毛酵素5αリダクターゼの働きを抑える効果があります。

この脱毛酵素5αリダクターゼは男性ホルモンを脱毛ホルモンに変えてしまい、この脱毛ホルモンは直接的に毛根細胞をアタックしAGAによる薄毛を進行させます。

ですので脱毛酵素5αリダクターゼを不活性化させることは、AGAの症状の進行をストップさせることにも効果があります。

AGA治療薬として病院で処方されるフィナステリドも同じような役割をしますので、かなりAGA治療に効果的なのはいうまでもありません。

関連記事:フィナステリドについて

 

亜鉛とは?

亜鉛は体内に微量に存在する金属原子です。

亜鉛の役割は人の生活に必要不可欠で

  • タンパク質の合成
  • 細胞分裂や新陳代謝を正常に行う

という働きをします。

体内の適切な存在量としては60kgの人で2gが一応の目安とされています。

 

その他にも亜鉛は発毛を手助けします

AGAを抑制する効果以外でも亜鉛は発毛をサポートする働きを担っています。

タンパク質の分解と合成を適切に行う

髪の毛の90%はケラチンというタンパク質が元になって構成されています。

食物として体に取り込んだタンパク質は分解されて合成しなおされることで体の一部のタンパク質として再構成されます。

この一連のタンパク質合成に亜鉛は深く関わっており、亜鉛をきちんととることで髪の毛のケラチンも適切に構成されます。

酵素の組成や活性にかかわる

酵素といえばダイエット関連で耳にした人も多いのではないでしょうか?

この酵素の働きは体内で

  • 消化
  • 吸収
  • 代謝
  • 排泄

を担っています。

この酵素の働きをサポートしていたりするのが亜鉛の役割です。

この機能のおかげで亜鉛をとることで

  • 消化
  • 代謝

を担う肝機能のサポートをすることが出来ます。

細胞分裂を促進する

細胞分裂が自然になされることで毛髪が成長していくことにつながります。

細胞分裂の際にはDNA複製のときにポリメラーゼが必要になります。

このポリメラーゼには亜鉛が含まれているのですが、もし体内に亜鉛が不足しているとポリメラーゼが作られず細胞分裂が正常に行われない可能性もあります。

肌荒れを予防する

AGAの治療をしていく中で薬による炎症が起こってしまうことがあります。

この

  • 炎症
  • 肌荒れ

を治すのにも亜鉛が一役買っています。

頭皮は

  • 乾燥
  • 外部の刺激

によってコンディションが荒れやすい環境にあります。

例えそのような状況に陥っても亜鉛が適切量あれば

  • 炎症
  • 肌荒れ

を予防することができます。

 

亜鉛は現代社会において慢性的に体内で不足しています

亜鉛は日々の生活において消費され、現代の食事で体内に入ってきにくいので不足しがちな成分です。

1日あたりの摂取量は

  • 成人男性では10mg
  • 成人女性では8mg

が推奨されていますが、男女共に1.2mgほど推奨量から不足しているという報告があります。

またこの亜鉛不足には

  • 亜鉛の食物からの吸収率が30%であること
  • 加齢につれてこの吸収率も減っていくこと

も一因になっています。

 

亜鉛を多く含む食品は?

食材 100g中の亜鉛含有量(mg)
牡蠣 13.2
するめ 5.4
うなぎ 2.7
豚レバー 6.9
牛肩肉 5.0
牛ひき肉 4.3
ごま 5.9
納豆 1.9
卵黄 4.2

上記の表の中の食材が亜鉛を多く含む食材です。

亜鉛を多く含む動物性タンパク質を取ることがオススメです。

玄米などには比較的多くの亜鉛が含まれますが、野菜中心の食事をしていると亜鉛が不足してしまいがちになってしまいます。

 

こんな習慣が亜鉛を不足させている!

亜鉛は日常の様々な面で消費されています。

  • 運動不足
  • 激しい運動
  • アルコールの代謝
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 喫煙
  • インスタント食品

上記のような

  • 悪い生活習慣に耐えるため
  • 悪い生活習慣から出た体内の有害物質を代謝するため

に体内の亜鉛は使用されます。

その結果、更なる亜鉛不足に体は陥ってしまいます。

 

効果的な亜鉛摂取のポイント!

亜鉛の吸収効率が悪いことは上で語りましたがこの亜鉛の吸収効率を一緒に次のような物を食べることで上げることができます。

また薄毛予防の効果があるものもありますので合わせて紹介します。

  1. クエン酸

クエン酸は亜鉛を包み込み、吸収率を3割もアップさせます。

  1. ビタミンC

ビタミンCがクエン酸のサポートをしますので、クエン酸と亜鉛を含むものと一緒に摂りたい成分です。

  1. ノコギリヤシやかぼちゃの種

これは5α-リダクターゼを抑制する効果がありますので、直接的なAGAの進行の予防になるでしょう。

まとめ

AGAの予防に亜鉛は必要不可欠です。

しかし何にでもそうですが適切量というものが存在します。

亜鉛過剰の副作用もあるので摂りすぎに注意しながら適切量を摂るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る