10代ですでにAGA?若ハゲの原因と10代の人の対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常的な悪習慣の積み重ねによりAGAが若いときに発症してしまうことがあります。

10代ではAGAの発症率が少ないため、周りと比べてしまってとても傷ついたり、コンプレックスになってしまいます。

この記事では

  • 10代でAGAになる原因は?
  • 10代のAGAはどうやって対処すればいいの?
  • どんな順番で対策を行えばいいの?

という疑問が解消する記事になっています。

10代でのAGAは初期段階である可能性が高いです。

是非この参考にして10代のAGAに適切な処置をしましょう。

AGAは若いうちからでも発症します

AGAは5αリダクターゼが原因となって男性ホルモンが脱毛ホルモンのDHTになることで発症します。

AGAの発症率は年齢が上がるにしたがって高くなり、10代のAGAの発症率は低いのですが、この低い発症率が冒頭で述べたように高いコンプレックスを作ってしまいます。

関連記事:AGAについて

 

10代からAGAになってしまう人はこんな人です

10代からAGAになって症状が進行してしまう人には特定の特徴があるようです。

その特徴としては

  1. 睡眠不足
  2. 栄養不足
  3. ヘビースモーカー
  4. 過度な飲酒をしてしまう人
  5. 運動不足
  6. ストレスをためてしまう人

が大きな10代のAGAの原因として挙げられます。

あなたはどうでしょうか?

いくつ当てはまりましたか?

これらの特徴として複合的にあてはまる場合が多いです。

例えば運動不足な人が睡眠不足やストレスを他の喫煙や飲酒で発散しようとしてしまうでしょう。

逆に1つ対策をすれば他の項目にも効果がありますので、出来ることから始めるといいでしょう。

 

10代の人の対処方法はどんな事をすればいいの?

では既にAGAかなという人はどうしたらいいのでしょうか?

それは次のようなステップでAGA対策を行っていけばいいでしょう。

生活習慣の改善

生活習慣の乱れの具体的な項目は上記のものです。

まずは上記のうちどれでもいいので出来ることから始めてみましょう!

特に有酸素運動は汗もかくことでAGAの脱毛ホルモンであるDHTを代謝できることが分かっておりオススメです。

それでも薄毛が進行していくようでしたら次の対策のステップに移りましょう。

クリニックや病院でプロの意見を聞き治療を受ける

これでも薄毛が進行してしまう場合は

  • クリニック
  • 病院

で診断を受けましょう。

初回は無料という所もありますので、お近くの病院で探してみると気軽に行けるでしょう。

もしAGAでしたら、AGAは進行性の薄毛になりますので治療を始めることをオススメします。

具体的な治療としては医師が副作用が出にくいように治療をデザインしてくれます。

使用する薬剤は

の2種類をベースとして、補助として

  • 利尿剤
  • α-リジン

が処方されます。

1.ミノキシジル系
ミノキシジルは

  • 外用
  • 内服

の2種類があります。

  • 頭皮の血流改善
  • 止まってしまった毛根細胞の細胞分裂を再び促す

という働きがあります。

ミノキシジルの内服は有効性がなく、危険性などが十分検証されていないためおすすめできません。(外用ミノキシジルは効果が認められています。)

2.フィナステリド系
AGAの原因物質である5αリダクターゼの作用を阻害し、AGAの進行をSTOPさせる作用があります。

若いうちであればヘアサイクルが十分に残っている状態にありますので、

  • 治療期間が短くて済みます
  • それに比例して費用も安く済みます

そのためにも出来るだけ早い段階で病院かクリニックにいくことをオススメします。

個人で薬を輸入する

また病院で処方してもらうのではなく個人で輸入して治療する方法もあります。

この方法のメリットは

  • コストが圧倒的に安い
  • 簡単に始めることが出来る

があります。

反対にデメリットとしては

  • 起こったことは自己責任
  • 副作用が起きた時に対処が遅れる

などがあります。

もしAGA治療薬を自分でECサイトから輸入する場合は、副作用が起こったらすぐに対応できるように、あらかじめ

  • 効果
  • 副作用

を他の記事で頭に入れてAGA治療を始めましょう。

今は簡単にAGA治療を始められるだけに、注意して行いましょう。

そしてもし副作用かなと思った場合は必ず医師のアドバイスをうけるようにしましょう。

関連記事:AGA治療について

 

未成年の場合は病院やクリニックでは親の同意が必要です

AGAの治療は保険の適応外です。

今の医療の判断では「命に関わる治療」しか保険が適応されないことになっているのです。

その為、未成年は保護者の同意が必要になります。

無料の診断についても同様ですので、行く前に何が必要か問い合わせると良いでしょう。

 

まとめ

10代のAGAは対策をすれば治る可能性が高いです。

是非早めに対策をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る