高麗人参って何?

384485c18541119f4158e4cae7905f4f_s

高麗人参とは、別名を朝鮮人参、オタネニンジンと呼び、中国から朝鮮半島に渡って自生しているウコギ科の植物です。

古くから漢方の王様として君臨し続けており、その歴史は紀元前にまで遡ります。

最古の漢方書にも登場し、当時から最高ランクの生薬として扱われてきました。

高麗人参は、その根の部分を乾燥させて用いられ、種類は、

  • 水参
  • 白参
  • 紅参

の3種類が存在します。

中でも紅参は最も有効成分が含有されているとして、6年ものの紅参が高麗人参の中で最高品とされています。

高麗人参は日本でも栽培されていますが、現在では中国や韓国からの輸入品に頼っている状態です。

高麗人参に含まれる成分

0712-8

高麗人参に含まれる成分は、昔から解析が進められており、様々な物質を含有している事が明らかになっています。

その中でも、高麗人参の健康効果を支えているのが、ジンセノサイドと呼ばれるサポニンです。

高麗人参は、30種類ものサポニンを含有する事で、幅広い効果を人体にもたらしてくれるんですよ。

以下に高麗人参に含まれる主要な有効成分を示します。

  • ジンセノサイド(サポニン)
  • アルギニン
  • 核酸
  • 水溶性ビタミン
  • ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)

ジンセノサイド

ジンセノサイドはサポニンの一種であり、高麗人参の苦み成分となっています。

高麗人参には、現在30種類程度のジンセノサイドの含有が確認されています。

ジンセノサイドには、

  • ジオール系
  • トリオール系
  • オレアノール系

という3つのタイプが存在し、面白い事にそれぞれ全く異なった効果を示します。

ジオール系心身を休息させる働きを主に示し、それと相反する作用としてトリオール系心身を興奮させる働きを主に示します。

高麗人参は、沈静と興奮の両方の作用成分を持つ事で、自律神経を正常に整える効果を有しているのです。

また、オレアノール系のジンセノサイドには、免疫細胞を活性化させる作用やデトックス作用があり、免疫系全体を強化してくれます。

その他にも、ジンセノサイドには、

  • 抗酸化作用
  • コレステロール排出作用
  • 代謝の促進
  • 抗がん
  • 血流の改善
  • 脂肪の蓄積抑制
  • 脳機能改善

など健康維持にとって嬉しい働きがたくさんあります。

高麗人参の効果

MJ_chisuima-jan15144715_TP_V

高麗人参の健康への効果は、含まれるサポニンの量や種類に比例します。

つまり、サポニンの含有量が高ければ高いほど、より高い効果を得る事ができるのです。

高麗人参はありとあらゆる方向から人体の健康をバックアップしてくれるんですよ。

血流アップ

高麗人参に豊富に含有されているサポニンには、自律神経を調整する作用があります。

血行不良の原因の一つである低血圧は、副交感神経の緊張によって誘発される事が多く、サポニンは自律神経を調節する事で、低血圧を改善する事ができます。

また、サポニンには血液中の血小板の凝集を抑制して、血栓の生成を阻害する作用も有しています。

さらには、貧血を予防する働き、コレステロールを排出する事で血液をサラサラに保つ働きや、抗酸化作用によって血管を丈夫でしなやかに保つ働きもあります。

つまり、高麗人参は、

  • 血流量を増やし
  • 血液を流れやすくし
  • 血管を若々しく保つ

という3つのアプローチによって血流をアップさせる効果を示すのです。

EDの改善

EDの改善に効果があるアミノ酸、アルギニンを高麗人参は含有しています。

また、前述したように高麗人参に含くまれているサポニンには血流をアップさせる効果があります。

勃起力を改善するためには、血流を上昇させる事が必須となるので、高麗人参はEDの改善にも効果が見込めるのです。

実際に韓国の大学がED患者を対象に実施した研究によって、高麗人参を摂取する事で勃起の改善やぺニスの硬度が高まる事が示唆されています。

冷え症の改善

冷え症は万病の元になるだけではなく精力を衰えさせる原因にもなり、健康維持や精力アップには冷え取りは必要不可欠とも言えます。

高麗人参には、あらゆる方向から血流を改善する効果があるため、冷え症改善にも有効です。

生活習慣病の予防・改善

高麗人参に含有されているジンセノサイドには抗酸化力だけではなく、コレステロールを分解・排出したり、脂肪の蓄積を予防する働きがあります。

そのため、生活習慣病の大きな原因となる動脈硬化を予防する事ができます。

また、糖尿病の改善にも効果があり、実際に2型糖尿病患者を対象にした実験において高麗人参の摂取により血糖値が有意に低下する事が報告されています。

ストレス解消

高麗人参に含まれているジンセノサイドには、高まった神経を鎮静化したり、自律神経のバランスを整える作用があります。

そのため、ストレス解消やストレスに伴う倦怠感などの不定愁訴の改善に効果が期待できます。

脳機能の向上

高麗人参に含有されているジンセノサイドには、中枢神経に直接働きかける作用があり、加齢に伴って低下してしまう脳の認知機能を改善・向上させる効果があります。

実際に、40才以上の健康な人を対象に高麗人参の効果を調べた研究において、思考や認知機能の改善がみられたという報告がされています。

免疫力の向上

高麗人参に含有されているサポニンのうち、オレアノール系のジンセノサイドには、感染症を予防したり、免疫細胞を活性化させる効果が確認されています。

227人を対象にした研究では、高麗人参の摂取によりナチュラルキラー細胞の活性化が認められ、風邪やインフルエンザの罹患率が低下したと報告されています。

参考URL:http://www.wakasanohimitsu.jp/
参考URL:http://panaxfarmers.com/

高麗人参の副作用

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

高麗人参には、長期間の摂取によって不眠、頭痛、動機などの副作用がまれに発症すると報告されています。

また、中枢神経に働く成分を含有しているため、妊婦や授乳中の女性、子供は摂取しないようにしましょう。

高麗人参には、血圧を高める作用があるため、高血圧の方も摂取は控えるようにしてください。