6c4d2855b38506ea94f72de9a7b3ae38_s

体の不調を取り除くのに効果を発揮するのが「ツボ」です。

ツボは場所さえ分かれば、いつでもどこでも気軽に刺激する事ができるので、非常に簡単な健康法ですよね。

実は、精力アップやED改善にもツボは効果的なんですよ。

そこで今回は、勃起力をグングン高めてくれるツボを徹底解説いたします。

  

精力アップに効く10つのツボ

9886959fedeeb225b1b432e63fd928a0_s

精力アップには、以下の4つの事が重要です。

  • ぺニスへの血流量を増やす
  • 男性ホルモンを増やす
  • 体をリラックスモードにする
  • 体全体のエネルギーを高める

これら4つの条件に効果的なツボが、以下の10個のツボです。

  • 関元(かんげん)
  • 大赫(だいかく)
  • 陰廉(いんれん)
  • 八りょう穴(はちりょうけつ)
  • 腎愈(じんゆ)
  • 三陰交(さんいんこう)
  • 太谿(たいけい)
  • 大敦(たいとん)
  • 亀頭穴(きとうけつ)
  • 陰交(いんこう)

  

関元(かんげん)

480_kangen
 

効果

別名「丹田」と呼ばれるツボで、体のエネルギーが集まります。

元気の根源として機能し、体の様々な不調を整えてくれます。

特に

  • 生殖機能
  • 泌尿器系

の悩みに効果が高く、刺激する事で精力を全体を回復する事ができます。

 

場所

おへその真下から指4本分(5~6cm程度)下がった場所にあります。

温めた指の腹で息を吐きながら、弱めの力でゆっくりと押しては緩めるを1分続けます。

引用:ツボ辞典

  

大赫(だいかく)

480_daikaku
 

効果

大赫を刺激すると男性ホルモンの分泌が促進され、精力全体を底上げする事ができます。

ぺニスへの血流量を増やして勃起力を高めるため、EDの改善にも効果的です。

 

場所

恥骨の中央から左右に1.5cm移動した場所にあります。

恥骨は、おへそから下へと指をおろしていった時に、当たる硬い骨です。

指の腹でゆっくりと円を描くように押してください。

10回を目安に押すとよいでしょう。

引用:ツボ辞典

  

陰廉(いんれん)

3360809-150121141129
 

効果

陰廉は、下半身全体の冷えを取り除き、下半身の血行を改善する効果があります。

また、冷えで緊張した筋肉をリラックスさせる事もできます。

陰廉を刺激する事で、EDを改善したり睾丸のトラブルを解消し、勃起の持久力を高める事ができます。

 

場所

太ももの付け根から、指3本分下に下がった位置の内太ももにあります。

痛みを感じやすいツボですので、弱めの力でゆっくりと押して刺激してください。

  

八りょう穴(はちりょうけつ)

img_4
 

効果

八りょう穴には、副交感神経が集まっており、このツボを刺激する事で副交感神経が活性化し、心身がリラックス状態になります。

心身がリラックスする事で勃起を起こしやすい状態に整え、さらに血管が拡張して血流量が増えるためEDの改善にも効果的です。

 

場所

お尻の真ん中に存在する三角形の骨を仙骨と呼びます。

この仙骨にある8つのツボが八りゅう穴です。

手で拳を作って仙骨に当て、円を描くように20回程度押し揉みします。

仙骨を挟むようにお腹とお尻の上方にカイロを貼って温めるのも効果的です。

引用:いみりんの部屋

  

腎愈(じんゆ)

480_jinyu
 

効果

「腎」を活性化させ、生命力を高めるツボが腎愈です。

東洋医学における「腎」は生殖機能を維持・向上するために欠かせない部位です。

「腎」が活性化する事で、男性ホルモンの分泌を増強し、精力全体をアップさせる事ができます。

 

場所

おへその裏側に位置する背骨から、指2本分左右に移動した位置に存在します。

指の腹で、徐々に力を入れながら5秒かけて押し、徐々に力を抜きながら5秒かけて緩めます。

20回程度を目安に行いましょう。

引用:ツボ辞典

  

三陰交(さんいんこう)

e09_01
 

効果

  • 消化器系
  • 肝臓
  • 腎臓

などの内臓の機能を高めて様々な不調を解消するのに有効なツボが三陰交です。

血行を促進する効果もあり、精力全体を増強してぺニスの硬度をアップさせてくれるのに効果的です。

 

場所

足の内くるぶしの一番高い部分から、指4本分上に移動した位置にあります。

親指の腹でゆっくりと押して刺激しましょう。

引用:救心

  

太谿(たいけい)

%e5%a4%aa%e8%b0%bf_5
 

効果

太谿は、エネルギーの流れに重要な役割を果たすツボです。

下半身の冷えを取り去り、血行を改善する効果があります。

さらに、腎臓の機能を高めて

  • 疲労回復
  • 精力増強

などの効果も発揮します。

エネルギー全体を高めて精力を底上げします。

 

場所

両足の内くるぶしの後ろ(かかと側)に小さな凹みがあります。

太谿はこの凹みに存在します。

指の腹で、徐々に力を入れながら5秒かけて押し、徐々に力を抜きながら5秒かけて緩めます。

10回程度を目安に行いましょう。

引用:徳潤

  

大敦(たいとん)

20141108020932155
 

効果

体全体の血流量を調整する機能を持っているのが、大敦です。

大敦を刺激する事で、下半身の血液量が増大し、勃起力が向上します。

 

場所

足の親指の爪の人差し指側の付け根に存在します。

親指の腹でゆっくりと10回を目安に押してください。

引用:レディースメディカル

  

亀頭穴(きとうけつ)

20111206_1761694
 

効果

EDの改善に特に有効なツボが亀頭穴です。

亀頭穴は下半身の血流量を増やして、勃起力を改善する効果があります。

 

場所

亀頭穴は、足の親指の先端にあります。

簡易灸をすえて温熱刺激を与えるか、手の人差し指を曲げて尖らせ、尖らせた部分で押して刺激を与えます。

引用:東洋医学あれこれ

  

陰交(いんこう)

124
 

効果

陰交もEDの改善に効果的なツボです。

冷えや男性特有の泌尿器系のトラブルを解消して、勃起力を高めます。

 

場所

おへそから指1本分下がった部分に存在します。

陰交は亀頭穴と同様にお灸などで温める事が効果的です。

押す場合は、人差し指と中指の腹でゆっくりと優しく押してください。

引用:健康マトリックス

まとめ

今回ご紹介したツボは精力アップ以外にも様々な効果があり、女性不妊などにも有効です。

ですので、人前で堂々とツボを刺激する事もできますし、スキンシップの一貫としてパートナーの方とツボを押し合うのもよいでしょう。

ドライヤーを使ってツボを温めるのも効果的ですので、一度試してみてください。