百歳人参って何?

384485c18541119f4158e4cae7905f4f_s

百歳人参とは、百歳山参や天種山参として広く知られている天然ものの高麗人参の事を指します。

栽培の高麗人参は1~6年で収穫されますが、天然の高麗人参は100年以上も成育すると言われています。

さらに天然の高麗人参は、朝鮮半島の山々の奥深くに自生しており、収穫する事が難しい事から、希少性の高い縁起物として人々に珍重されてきました。

そのため、驚くほどの高値で取り扱われる事でも有名です。

百歳人参に含まれている成分

0824-2

百歳人参に含まれている成分は高麗人参とほとんど変わらないと思って大丈夫です。

百歳人参は一般的に高麗人参よりも有効成分であるサポニンの含有量が高いと言われていますが、不明確な部分が多いのが現状です。

百歳人参に含まれている有効成分は以下の通りとなります。

  • アミノ酸
  • 核酸
  • サポニン
  • ビタミン類
  • ミネラル類

特に注目すべきは、サポニンの種類と含有量の多さです。

中でも高い健康効果を人体にもたらすのが、ジンセノサイドというサポニンです。

ジンセノサイドの働き

ジンセノサイドを含むサポニンの一般的に知られている働きには、次のようなものがあります。

  • 細胞分裂の活性化
  • 毛細血管の血流促進
  • 血栓の生成防止
  • コレステロール値の低下
  • 自律神経を整える
  • 免疫力の向上
  • 活性酸素の除去
  • 脳機能の向上

特にジンセノサイドには、自律神経など体のバランスを調整して正常に戻すという作用があります。

このような作用を有するのは、百歳人参に含有されているジンセノサイドに
3種類の形が存在し、それぞれが作用しあう事で、体内のバランスを保つ事が可能だからです。

ジンセノサイドの3つの形とは、

  • ジオール系
  • トリオール系
  • オレアノール系

です。

ジオール系

ジオール系は、中枢神経の反応を抑え、心身を鎮静化させる作用が主となります。

トリオール系

トリオール系は、中枢神経の反応を活性化させ、心身を興奮状態に導く作用があります。

つまり、ジオール系トリオール系逆方向の作用を示す事で、体のバランスを整える効果を発揮するのです。

オレアノール系

オレアノール系は、他の2つとは異なる作用を持ち、主に免疫細胞を活性化させ、免疫力を向上させる作用を示します。

百歳人参の効果

tsuruetoushi13_TP_V

百歳人参は高麗人参よりも多くのサポニンを含有する事で、大きな健康効果を人体にもたらすと言われています。

しかし、真価のほどはまだ明確になっておらず、不明瞭な部分が多いのも事実です。

高麗人参と比較した効果の大きさはさておき、百歳人参には高麗人参と同じように多岐に渡る健康効果があると考えられます。

自律神経のバランスの改善

百歳人参に豊富に含有されているジンセノサイドには、乱れた自律神経のバランスを正常に戻す作用があります。

自律神経は体全体の活動を、興奮を司る交感神経とリラックスを司る副交感神経によって調整しており、自律神経の乱れは代謝の低下や血行の不良、内臓機能の低下、ホルモン分泌の異常など全身の健康に影響を与えます。

百歳人参の摂取で自律神経を整える事は、体全体の健康だけではなく精力全体の向上に効果を果たすのです。

血流の改善

百歳人参には、サポニン由来の血液サラサラ作用や毛細血管の血流促進作用があります。

これらの作用によって血流が促進される事で、冷え症や肩こりなどを改善する事が可能です。

また、百歳人参には細胞分裂を活性化させる働きもあるため、貧血を予防する効果も期待できます。

ストレスの緩和

人は緊張や不安などのストレスを感じると、交感神経が異常に活性化した状態となり、自律神経のバランスを崩してしまいます。

百歳人参には、自律神経を整える作用があるため、副交感神経と交感神経の均衡が戻り、イライラやうつ症状などストレスから起因する症状が緩和されます。

EDの改善

EDの改善には、血流の増大と心因的な原因の除去が必要になります。

百歳人参には、血流を改善する働きストレスを緩和する働きがあるため、通常のEDだけではなく、心因性のEDを改善する事も可能になります。

生活習慣病の予防・改善

生活習慣病の大きな原因に、コレステロール値の増加に伴う血行不良や血管の劣化が挙げられます。

百歳人参には、コレステロールや中性脂肪の血中濃度を低下させる作用があるため、動脈硬化などの生活習慣病を予防・改善する事ができるのです。

脳の認知機能の向上

百歳人参は、中枢神経を刺激する作用があるジンセノサイドを豊富に含有しています。

そのため、思考力などの認知機能の衰えを予防し、向上させる効果が得られます。

免疫力の向上

百歳人参に多く含有されているジンセノサイドのオレアノール系には、免疫細胞を活性化させて免疫力を向上させる作用があります。

実際に人を対象にした実験によって、百歳人参の摂取で風邪やインフルエンザを代表とする感染症への罹患率が低下すると報告されています。

参考サイト

http://www.wakasanohimitsu.jp/
http://www.kouraininjin.net/

百歳人参の副作用

2e293d3c4354fdd0f27f827032fa1af0_s

高麗人参には、長期の摂取によって動悸や頭痛、不眠などの副作用が現れる事があります。

また、血圧を上昇させたり、脳の神経に刺激を与える作用があるため、

  • 高血圧の方
  • 妊婦
  • 授乳中の女性
  • 子供

の摂取は控えるようにと喚起されています。

百歳人参においても、基本的な特性は高麗人参と同じですので、同様の注意が必要です。

また、薬を服用している方は、薬の効果に影響を与える可能性もあるため、服用前に医師に相談するようにしてください。

まとめ

百歳人参は、希少性の高い高価な漢方ですので、健康効果や精力の効果においても高麗人参を凌ぐと考えられています。

しかし、実際の効果や成分については不明瞭な部分が多いため、宣伝文句などを真に受けないようにした方がよいでしょう。

ただし、高麗人参と同様の作用はあると考えてもよいため、ED改善や自律神経の正常化などには効果が期待できます。