早漏予防に有効な治療薬「プリシジー」をご存知でしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「早漏が原因でパートナーとうまくいっていない…」
「パートナーと盛り上がってもすぐに終わってしまう」
そんな悩みを抱えている方はいらっしゃらないでしょうか。

早漏が原因でパートナーとの仲が悪くなるのは避けたいですよね。
けれども、そんなデリケートな話を誰かに相談するというのはなかなか恥ずかしくてできないかと思います。

そこで今回は、そういった悩みを抱えた方々に早漏を予防する治療薬を紹介したいと思います。

早漏の治療薬「プリシジー」

プリシジーは世界初の飲む早漏治療薬です。
世界の60か国以上で認可されており、安全性に関しては保証されている薬です。
日本では国内未承認薬ではありますが、厚生労働省の許可を得て早漏治療のクリニックが利用しています。

プリシジーには、主成分のダポキセチンによってセロトニンの再取り込みを抑える効果があります。
セロトニンは勃起を抑える効果があるため、セロトニンの再取り込みを抑制し、脳内のセロトニン濃度を挙げることで早漏を予防することができるのです。
検証試験においては、性交時にダポキセチンを内服しなかったグループよりも内服したグループの方が射精までのタイミングが長く、約4倍の延長効果がありました。

また、プリシジーのメリットとしては副作用が少ない点が挙げられます。
プリシジーの副作用が発生する確率は1%~10%と言われていて、かつ重篤な副作用がありません。
副作用の症状としては頭痛やめまい、下痢などがあるかもしれませんが、全て一時的なものなので心配する必要はありません。

副作用以外のメリットとしては、内服のタイミングを気にしなくてもよいという点があります。
内服のタイミングとしては、性行為の1時間前ほどに内服しますが、食後・食前などのタイミングは、バイアグラと違って気にする必要がありません。

以上が、早漏予防におすすめの治療薬、プリシジーの紹介でした。
同じ効果を持つものとしてはプリシジー以外にも、リドスプレーやパキシルといった薬があります。
リドスプレーは局所麻酔であるリドカインを主成分としたスプレーです。
これを陰茎に吹きかけることにより、感度を鈍くして早漏を抑える効果があります。

またパキシルは抗うつ剤として作られたものですが、副作用として射精障害の作用があるため早漏治療の治療薬として用いられてきました。
効果としてはプリシジーの方が優れています。
以上の情報を元に、早漏治療のために役立てていけたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る