射精回数をアップさせたい方必見!おすすめの治療薬を紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

射精回数でお困りの方はいらっしゃらないでしょうか。

1回の射精で体力が尽きてしまい、パートナーの体力についていけなかったことで、お互いの相性がかみ合わず仲が悪くなってしまった。
パートナーの体力についてはいけるが、正直しんどいなど、そういった経験はございませんか?

今回は、そういった体力のギャップを埋めることのできるように射精回数をアップすることのできる治療薬についてご説明させていただきます。

射精回数をアップさせてくれる治療薬

男性は射精後に、「射精後不応期」という状態に入ります。
射精後一時的に性欲がなくなり、理性的になります。
このタイミングでの勃起は不可能と言われていて、平均的な男性の射精後不応期の時間は30分ほどだと言われています。

若ければこの期間は15分程度で済みますが、高齢者になると20時間にも及ぶといわれています。
この射精不応期を短くすることで、射精回数のアップにつながるのです。

・バイアグラ

おそらく、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
バイアグラはEDの治療に用いられる治療薬です。
勃起できない状態というのは、陰茎の中にある海綿体に十分に血液が回っていない状態を指します。

勃起は、陰茎の中にある海綿体に血液が流れることで起こります。
その際に血管が十分に拡張されないと、EDにつながります。
バイアグラは、血流を良くするために、血管を一時的に拡張します。
バイアグラの成分であるシルデナフィルが血管を拡張し、勃起を抑えるPDE5型酵素の作用を抑制するため、自然と勃起した状態が持続するのです。

また、バイアグラを用いることで、被験者の射精不応期が10.8分から2.6分に短縮したというデータがあります。
上記で述べたように射精不応期の短縮は射精回数のアップにもつながるので、射精回数を挙げたい方には最適ではないでしょうか。

バイアグラは、多くの人々に使用されているので、安全性は確かなモノです。
射精回数をアップさせたければ、まずこのバイアグラを試すことをおすすめいたします。

射精回数をダウンさせる行為

逆に射精回数をダウンさせる行為は、「飲酒」です。
アルコールは神経を鈍くさせる作用があります。性的刺激や感覚が伝わりにくくなることで、勃起もしづらくなってしまいます。
その結果、バイアグラの服用に関わらず、勃起できないという可能性があります。
性行為の予定がある前には、過度な飲酒は控えることをおすすめいたします。

以上が射精回数アップに適した治療薬の紹介でした。
実はバイアグラ以外にも、レビトラといったよく似た別の治療薬も存在しています。
射精回数をアップさせたい場合は、是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る