勃起の回数を増やす習慣とは!今からできるED対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の体力は何もしないでいると衰えていきますよね。
勃起に関しても同じことが言えます。
特に何も意識することなく生活していると、年齢や生活習慣が原因でED(勃起障害)となり、勃起の回数も減ってしまいます。

今回は、普段からどんなことをしておけば勃起の回数を増やせるのか、その習慣をご紹介します。

EDの原因

身体的な原因として最も多く見られるのは生活習慣病です。
生活習慣病には糖尿病や心臓病、高血圧、脂質異常症などが含まれます。
これらの病気は、動脈硬化のような血管の異常を引き起こします。

血管に障害があり、陰茎に十分に血液が流れないとEDになってしまいます。
特に高血圧や脂質異常症は動脈硬化の原因であるため要注意です。
生活習慣病以外にも、加齢や何らかの手術による外傷がEDの原因になることもあります。

これらの問題を解決するために3つのアプローチがあります。

食事管理

まず、過度な飲酒は性欲を減退させたり、精巣を萎縮させたりするため控えましょう。
そして、血流を改善するためには、炭水化物や脂質を摂り過ぎないことや、水分をしっかり摂ることが大切です。

また、日頃から精液量を増やす成分を多く含む食品を摂取するのも有効です。
精液づくりに関わる成分は非常に多くありますが、「アルギニン」と「亜鉛」の2つの成分が特に重要です。

アルギニンは精液の8割の原材料を占めるほど大事なものであり、亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるほど生殖機能に大きな関わりがある成分です。
亜鉛が多い食べ物であると、カキやイワシなど、アルギニン多い食べ物であると、主に肉類、ナッツ、大豆、玄米、レーズン、エビ、牛乳などがあります。

適度な運動

適度な運動により、血行が良くなるだけでなく、男性ホルモンであるテストステロンも増加します。
運動不足の人の方がEDの発症率が高いというデータもあるので週に何回かランニングをしたり、筋トレをしたりしましょう。

精力剤を飲む

精力剤は、一時的に効果を発揮する「薬」ではなく、毎日飲み続けて体質を改善する「サプリメント」です。
そのため副作用がありませんし、一度精力が戻ると、勃起の回数も増えて勃起の持続時間も伸びるのが魅力です。

今回は、勃起の回数を増やす習慣についてご説明しました。
アプローチとしては、食生活や運動などの生活習慣の改善と、精力剤による精力の強化があります。
是非、この記事を参考にして元気で衰えないカラダ作りをしてみてはいかがですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…

ピックアップ記事

  1. 2018-4-10

    ハゲで金儲けするな!薄毛をAGAクリニックや病院で治療する時に覚えておいて欲しいこと

    こんにちは。26歳から徐々にハゲはじめ、AGA治療をして32歳で見事復活を果たした者です。 今…
  2. 2017-10-13

    AGAの全て。原因や治療法、薬の間違った噂が多いので本気でまとめてみた

    男性の悩みの原因でもある「AGA」 AGAって結局なんだ? どんな治療法や費用の相場は? どん…
  3. 2017-10-6

    デュタステリド | フィナステリドとの違いや効果、副作用や耐性について

    デュタステリドはダメ!!! などといって育毛剤や育毛シャンプーに誘導しているサイトとは違い、当…
  4. 2017-9-29

    ミノキシジル | 人気外用薬を6種比較!ミノキシジルの効果や副作用など徹底分析

    今回はミノキシジルについて、 また人気薬6種類を徹底比較し、 分かりやすく解説していきま…
ページ上部へ戻る