ローヤルゼリーって何?

44d689433ea1b9f3687318e3049949ae_s

ローヤルゼリーとは、花の蜜であるはちみつとは違い、ミツバチの働き蜂が花粉やはちみつを食べて体内で分解した後に大顎腺という部位から分泌した乳白色の分泌液の事です。

ミツバチの巣の中には、働き蜂の倍以上の大きさであり、かつ30倍以上もの寿命を持つ女王蜂が毎日2000個もの卵を産んでいます。

実はローヤルゼリーはこの女王蜂専用の食べ物なのです。

ローヤルゼリーはまさに「王」のための希少な食材なんですよ。

ローヤルゼリーに含まれている成分

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s

ローヤルゼリーには、三大栄養素と呼ばれている

  • 炭水化物
  • 脂質
  • タンパク質

が含まれているほか、なんと40種類以上もの栄養素が含有されています。

その中でも特に健康に有効だとされている成分が以下の通りとなります。

  • アミノ酸
  • ビタミンB群
  • ミネラル類
  • デセン酸
  • 類パロチン
  • アセチルコリン

特にアミノ酸に関しては、様々なアミノ酸をバランスよく含み、必須アミノ酸を全て含有しています。

ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸は以下の通りです。

  • ロイシン
  • イソロイシン
  • リジン
  • バリン
  • フェニルアラニン
  • トレオニン
  • ヒスチジン
  • メチオニン
  • トリプトファン

必須アミノ酸以外のアミノ酸組成は次の通りです。

  • アルギニン
  • チロシン
  • アラニン
  • グリシン
  • タウリン
  • セリン
  • グルタミン酸
  • アスパラギン酸
  • シスチン

ローヤルゼリーは以下の通り、ミネラル類も豊富に含有しています。

  • カリウム
  • ナトリウム
  • リン
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • マンガン

ローヤルゼリーに含まれている成分で特筆すべきは、ローヤルゼリーにしか含有されていないデセン酸です。

また、類パロチンやアセチルコリンといった特有の作用を持つ成分を含有する事によって、多岐にわたる健康効果を発揮します。

以下にそれぞれの詳しい働きについてご紹介いたします。

アミノ酸の働き

アミノ酸はタンパク質の材料として人体の構成成分となるほか、単体で様々な生体反応に関与します。

アミノ酸の代表的な働きは次の通りとなります。

  • 体力の向上
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 血流の改善
  • 免疫力の向上
  • 代謝の促進
  • 心身のリラックス

ビタミンB群の働き

ローヤルゼリーには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ナイアシンなどのビタミンB群がバランスよく含まれています。

ビタミンB群の代表的な働きは以下の通りです。

  • 糖質・脂質・タンパク質の代謝反応の促進
  • 皮膚や髪の健全化
  • 脳機能の維持
  • ストレスの緩和
  • 正常な細胞分裂の促進
  • うつ症状の改善
  • 貧血の予防

デセン酸の働き

デセン酸はローヤルゼリー特有の成分であり、脂肪酸の一種です。

デセン酸については、まだまだ研究段階にあり未解明な部分が多いですが、現在までに様々な働きが報告されています。

報告されているデセン酸の働きは以下の通りとなります。

  • 自律神経を整える
  • がんを予防する
  • 美肌効果
  • 育毛効果
  • ホルモンバランスを整え更年期障害を改善する

類パロチンの働き

唾液に含まれる成分の一つに、パロチンという物質があります。

パロチンは成長ホルモンの一種であり「若返りホルモン」とも言われています。

内臓や筋肉、骨、血管などの組織を若々しく保つ働きを持っています。

実は、ローヤルゼリーにはパロチンとよく似た類パロチンが含有されており、パロチンと同様の働きを示します。

類パロチンの働きは以下の通りです。

  • 骨や歯の再石灰化を促進
  • 新陳代謝の活性化
  • 筋肉を増強する
  • 内臓機能を維持する

アセチルコリンの働き

アセチルコリンは、神経伝達物質の一つです。

アセチルコリンには、以下のような作用があります。

  • 自律神経を整える
  • 更年期障害を改善する
  • 血管を拡張する

ローヤルゼリーの効果

PAK25_kinnikuryouude_TP_V

ローヤルゼリーは40種類以上もの有効成分を含む事で特に若々しさの維持・向上に効果を発揮します。

それ以外にも様々な研究によって、多岐にわたる効果が報告されています。

老化を防止する

ローヤルゼリーには、代謝を促進するアミノ酸やビタミンB群、自律神経やホルモンバランスを整えるデセン酸、アセチルコリンが含まれています。

さらに、若返りホルモンと同様の作用を示す類パロチンを含有するため、あらゆる角度から人体全体の老化を防止する事ができます。

期待できる老化防止効果は、以下の通りとなります。

  • 脳機能の維持
  • 筋肉量を維持する
  • 美肌を保つ
  • 内臓機能を維持する
  • 血管、骨や歯を健全に保つ

高血圧を改善する

ローヤルゼリーには、デセン酸やアセチルコリンなど自律神経を整えたり血管を拡張する成分が含まれています。

このため、血圧を降下させ、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

コレステロールを低減する

類パロチンやビタミンB群、アミノ酸には、脂質代謝を促進して体脂肪を分解する働きやコレステロールを低減する働きがあります。

コレステロール値が低くなる事で、血液がサラサラになり、血管の劣化を防止する事ができます。

自律神経を整える

自律神経は体を興奮状態にする交感神経と体をリラックスさせる副交感神経がバランスを保つ事で成り立ち、内臓の機能やホルモン分泌に大きな影響を与えます。

ストレス社会では交感神経ばかりが活性化してしまい、体が緊張状態になりがちです。

ローヤルゼリーには自律神経を整える成分が多数含有されているため、体をリラックス状態に導く効果が期待できます。

血流を改善する

ローヤルゼリーの摂取によって副交感神経が活性化すると、血管が拡張して血流障害を改善する事ができます。

血流が改善する事で、

  • 冷え症
  • 肩こり
  • 頭痛

などを改善する事ができます。

勃起力の向上にも効果が期待できます。

ホルモンバランスを整える

ローヤルゼリーによって自律神経が整うと、それに伴ってホルモンバランスも正常になります。

また、デセン酸には女性ホルモン様の働きもあるため、ホルモンバランスの異常による

  • 不妊
  • 更年期障害
  • 月経異常

などを改善する事ができます。

免疫力を向上させる

ローヤルゼリーに含有されている類パロチンやアミノ酸には、免疫力を向上させる作用もあります。

生活習慣病を予防する

血流の改善効果や血管の老化防止、血圧やコレステロール値の低下作用によって、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を改善・予防する事ができます。

さらにローヤルゼリーを用いた研究によって、糖尿病を予防する効果も報告されています。

骨粗鬆症を予防する

ローヤルゼリーには、骨の代謝を促進する類パロチンが含有されています。

そのため、骨粗鬆症を予防する効果も期待できます。

ローヤルゼリーの副作用

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

ローヤルゼリーは長い食歴を持つ健康食品である事から、副作用の危険は少ないと考えられます。

しかし、タンパク質を豊富に含む事から、アレルギーの発症に注意が必要です。

特に免疫系が成熟していない小さな子供や喘息を持っている方、蜂アレルギーの方は摂取を控えるようにしましょう。

また、ビタミンB群は糖分を摂取すると消費されてしまうため、ローヤルゼリーを飲む時は糖分を一緒に摂取しないようにしましょう。

まとめ

ローヤルゼリーはアレルギーにさえ注意をすれば、若々しさを保つのに非常に優秀な食材であると言えます。

一方で精力への直接的な効果はあまり期待しない方がいいでしょう。

しかし、体力を増強し、健康体になる事で間接的に精力を増強する効果は見込めます。