ムイラプアマって何?

0712-6

日本では馴染みのない精力剤の一つにムイラプアマがあります。

ムイラプアマは主成分ではなく、サポート成分として精力剤に使われる事が多いです。

しかし、ヨーロッパではムイラプアマは広く知られており、特にハーブ医療においてその効果が注目されています。

ムイラプアマは、アマゾンの熱帯雨林やブラジル原産のボロボロノキ科に属するハーブであり、高さ5mほどの低木です。

ブラジルの薬局方にも登録されており、根については日本においても医薬成分として扱われています。

  • 英国ハーブ薬局方ではインポテンツの治療に、
  • ドイツでは中枢神経の強壮剤として、
  • アメリカではインポテンツや月経に伴う不快症状の改善

に効果があるとして人気を集めています。

また、ムイラプアマは無駄になる部分がないと言われるほど、樹木のありとあらゆる部分に

  • 強壮効果
  • 神経障害への効果
  • 胃腸不良に関する効果

があるとして利用されてきました。

特にブラジルやアマゾンなどでは「精力が宿る木」としてその媚薬効果を求めて先住民族らに古くから愛されてきたという歴史を持っています。

ムイラプアマに含まれる成分

0712-7

ムイラプアマの成分については、1920年代から研究が始められており、現在分かっている成分は次の通りとなります。

  • 遊離長鎖脂肪酸
  • クマリン
  • ムイラプアミン
  • アルカロイド
  • エステル化合物
  • アフファレジニック酸
  • セスキテルペン類
  • フォルバフェーネ
  • βレジニック酸

上記の通り、脂肪酸類や脂肪酸エステル類を豊富に含む事が分かっています。

また、ムイラプアミンという特徴的な物質も含んでいる事が報告されていますが、これらの成分がどういったメカニズムで精力増強や健康効果を示すのかは今だ解明されていません。

ムイラプアマの効果

3366663a4ee9351998161448ba236921_s

ムイラプアマは、含まれる成分がどのような作用機序を持っているのかは明らかにされていませんが、精力増強や健康に有効である事は様々な研究によって報告されています。

EDの改善

ムイラプアマは、EDの改善など勃起力を高める効果があると、臨床実験から明らかにされています。

フランスで行われた実験では、ムイラプアマの摂取によりED患者の51%が効果を感じたと回答しています。

性欲の増強

ムイラプアマは、性欲を高めてセックスの頻度をあげるという効果も報告されています。

ある臨床実験では、ムイラプアマの摂取により55%の男性で性交中の勃起の安定性が改善され、66%のカップルでセックスの頻度が増加し、70%の男性で性的な衝動が強化されたというデータが報告されています。

血流の改善

ムイラプアマには、クマリンという成分が含まれています。

この成分は抗酸化物質として働くポリフェノールの一種であり、血流を改善する効果があります。

クマリンは血液を固まりにくくさせる効果を有しており、この働きによって血液をさらさらに保ち、循環をよくする事ができるのです。

勃起するためには、血流を促進する必要があるため、クマリンのこの血流改善効果も勃起力改善に一役買っていると考えられます。

その他の効果

ムイラプアマには、その他にも様々な効果が報告されています。

  • 心身の疲労を回復させる
  • 虚弱体質を改善する
  • コレステロール値を低下させる
  • ストレスを緩和する
  • 赤痢への効果
  • リウマチへの効果
参考URL
http://www.inkacocina.com/
http://www.wakasanohimitsu.jp/

ムイラプアマの副作用

freee151108348695_TP_V

ムイラプアマには、重篤な副作用は報告されていません。

ですが、医薬品にも指定されている事からも過剰摂取は避けるようにしましょう。

特にムイラプアマに含有されているクマリンという成分には、過剰摂取をすると肝臓に障害を引き起こす事が報告されています。

マウスによる安全性試験では、毒性はないと報告されていますが、作用機序など不明瞭な部分が多いハーブですので、摂取する際は、用量・用法はきちんと守るようにしてください。

まとめ

ムイラプアマは未解明の部分が多いハーブですが、様々な研究によって精力への効果が報告されているのも事実です。

特に勃起力を高めるのに有効である事からEDでお悩みの方には、効果が期待できます。

ですが、医薬品として扱われる事が多く、クマリンを含む事からもくれぐれも摂取量には注意しましょう。