ウミヘビって何?

1025-7

精力剤などで利用されるウミヘビは、エラブウミヘビ(学名ラチカウダ・セミファシアタ)と呼ばれる種類のウミヘビであり、エラブーやエラブウナギなどとも呼ばれています。

東南アジアやオーストラリア周辺の暖かい気候の海に生息しており、日本では沖縄に存在しています。

滋養強壮や男性の自信を保つ用途で古来から使用されており、特に琉球王朝では珍重されてきました。

ウミヘビは内臓の脂肪組織から抽出した脂質がエキスとして利用されるのですが、ウミヘビ一匹あたりエキスは15g程度しか抽出する事ができません。

この事からも中国においては幻の霊薬として扱われてきました。

ウミヘビに含まれる成分

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s

ウミヘビには良質な脂質やビタミンが豊富に含有されています。

ウミヘビに含まれている成分は以下の通りです。

  • DHA・EPA
  • α-リノレン酸
  • ビタミンD3
  • ビタミンA
  • ビタミンE

また、脂質やビタミンだけではなく、ウミヘビには以下の通りミネラル類も含有されています。

  • よう素
  • マグネシウム
  • カリウム

こちらでは、特に健康や精力アップに効果を発揮する脂質とビタミンD3の作用を詳しく見ていきましょう。

DHA・EPA・α-リノレン酸の作用

DHAやEPAは青魚に豊富に含まれる成分として有名ですよね。

オメガ3系の脂肪酸であるα-リノレン酸は、摂取すると体内でDHAやEPAに変換されます。

つまり、ウミヘビはDHAやEPAの優秀な供給源となっているのです。

DHA・EPAには、様々な効果が報告されていますが、今明らかとなっているのは次の2つの作用です。

  • 中性脂肪を低減させる
  • 血小板凝集を抑制する

つまり、血液をサラサラに保って血流を促進する作用があるのです。

参考URL:http://info.fujifilm.co.jp/

ビタミンD3の作用

ウミヘビはDHA・EPAの優れた供給源としてだけではなく、ビタミンD3の非常に優秀な摂取源としての一面も持っています。

ウミヘビに含まれるビタミンD3量は青魚の1.5倍以上にもなるんですよ。

近年の研究によってビタミンDは心身の健康に非常に重要な役割を果たしている事が明らかとなっています。

特に動物性のビタミンDであるビタミンD3は植物性のビタミンD2よりも高い活性を持つ事で注目されています。

ビタミンD3の代表的な働きは次の通りとなります。

  • テストステロンの増加
  • リンおよびカルシウムの吸収促進
  • 骨の形成・成長促進
  • 免疫力の強化
  • 神経細胞の保護および増殖・分化の促進
  • 遺伝子の働き調整

ビタミンDの神経細胞への働きによってうつ病を改善する事ができます。

また、遺伝子の機能への働きでは、糖尿病を改善する効果が考えられており、実際にビタミンDの体内濃度が高いと糖尿病リスクが低い事が報告されています。

精力アップにおいて注目すべきは、男性ホルモンであるテストステロンへの作用です。

今までビタミンDとテストステロンのポジティブな関係性は様々な論文によって報告されており、ビタミンDによってテストステロンの量が増加する事が支持されています。

参考URL:http://www.daito-p.co.jp/

ウミヘビの効果

max16011542_TP_V

ウミヘビはビタミンD3とDHA・EPAを豊富に含む事で様々な健康効果と精力への効果を人間にもたらしてくれます。

ウミヘビの摂取で得られる効果は以下の通りとなります。

男性ホルモンの向上

ウミヘビには青魚の1.5倍以上ものビタミンDが含有されています。

ビタミンDにはテストステロンを上昇させる作用が報告されているため、精力全体を底上げする効果が期待できます。

血流改善

ウミヘビに含有されている良質な脂肪酸には、血液をサラサラにする作用があります。

そのため、ウミヘビの摂取によって血流を改善する事が可能です。

また、ウミヘビに含まれているビタミンEは末端の血流を増加させる作用があるため、ED改善や勃起力の向上に効果が見込めます。

生活習慣病の予防

DHAやEPAには、中性脂肪や悪玉コレステロールを低減させる働きが報告されています。

この事により、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどを改善して生活習慣病を予防する効果が期待できます。

また、ビタミンDには糖尿病との関係性も報告されているため、ウミヘビ摂取によるビタミンDの不足防止で糖尿病リスクを低減させられる効果も考えられます。

精神疾患の改善

ビタミンDには神経細胞への作用も確認されており、実際にビタミンDの不足によってうつ病や様々な精神症状が現れるようになります。

ウミヘビはビタミンDのよい供給源となるため、これらの精神疾患を予防・改善する事ができます。

骨粗鬆症の防止

ビタミンDにはカルシウムの吸収を促進して、骨の形成をサポートする働きがあります。

したがってウミヘビ摂取により、骨粗鬆症のリスクを低減させる事が可能です。

免疫力の強化

ビタミンDには、免疫力を強化する働きも確認されています。

実際に行われた研究により、ビタミンDの摂取でインフルエンザの罹患リスクを低下できたという報告がなされています。

老化防止

ウミヘビには抗酸化ビタミンであるビタミンAとビタミンEが含有されています。

この事から活性酸素による細胞の劣化を抑制し、老化を防止する効果が期待できます。

ウミヘビの副作用

PAK75_ipaddoctor20141025131129_TP_V

ウミヘビ摂取による副作用の報告はありません。

また、ウミヘビは副作用がなく、穏やかな作用を示す食材として評価されています。

そのため、ウミヘビ摂取による副作用は心配する必要はないでしょう。

しかし、ビタミンDを過剰に摂取すると高カルシウム血症を起こす事例も報告されているため、ウミヘビにおいても過剰に摂取する事はおすすめしません。

まとめ

ウミヘビには現代人が不足傾向にあり、健康や精力において重要な役割を果たすビタミンD3が豊富に含有されています。

また、血流改善の頼もしい成分であるDHAやEPAも豊富に含まれているため、特に気力の低下や体の重さを感じている男性におすすめの食材です。