ウコンって何?

ce14ecefac024289b5c9e567f634b489_s

ウコンは東インドが原産地とされているショウガ科クルクマ属の植物であり、寒さに弱く高温多湿を好むという性質を持っています。

そのため、日本においては鹿児島や沖縄で栽培されるのみとなっています。

ウコンの一種である秋ウコンはカレーに使用されるスパイスとしても有名であり、「ターメリック」とも呼ばれています。

ウコンは生薬として古い歴史を持っており、漢方の古典書には副作用がなく優秀な健康効果を持つ上薬に分類されています。

ウコンの種類と効果の違い

88bb58ec4ea7854f1f91b2aa0eabe2dd_s

ウコンと一言でいっても、実は種類がとても多く、現在では50種類ものウコンが確認されています。

中でも有用とされているのが、

  • 春ウコン
  • 秋ウコン
  • 紫ウコン

の3種です。

ちなみに、クラチャイダムと呼ばれる黒ウコンはバンウノン属に属する植物であり、通常のウコンとは属種が変わってきます。

種類が異なれば含有されている成分も違い、得られる健康効果が少しずつ変わってきます。

それぞれの種類の効果や成分については次の通りとなります。

春ウコンは整腸作用に優れている

春ウコンは、姜黄(きょうおう)と呼ばれる生薬であり、食物繊維やミネラル、カンファーなどの精油成分を豊富に含有しています。

一方でウコンの代表的な有効成分であるクルクミンはあまり含有していません。

食物繊維が多い事から、腸内環境の改善に効果が期待できます。

日本ではこの春ウコンが最も流通しています。

秋ウコンはクルクミンを豊富に含む

秋ウコンは黄色の色素成分であるクルクミンを多く含みます。

そのため、ターメリックとしてカレーなどの料理に使用されたり、食品着色料としても広く利用されています。

有効成分であるクルクミンを豊富に含有する事から、特に肝機能や抗酸化機能が健康効果として期待できます。

紫ウコンは血行改善に効果的

紫ウコンは栽培や保存が難しい事から、ウコンの中では希少性が高い種類となります。

ガジュツという生薬名を持っており、断面が紫色である事から分かる通り、クルクミンを含有していません。

一方で、紫色素であり、抗酸化力の強いアントシアニンを豊富に含有している事から、血行改善などに効果が期待できます。

参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/

ウコンに含まれている成分

1025-5

ウコンに含まれている成分は次の通りとなります。

  • 食物繊維
  • マグネシウム
  • リン
  • カルシウム
  • クルクミン
  • カンファー
  • シネオール

ウコンには豊富な食物繊維とミネラルが含有されている他、カンファーやシネオールなどの精油成分も多数含まれています。

そして、ウコンの健康効果を支えている成分が、クルクミンです。

クルクミンの働き

クルクミンは、黄色の色素を呈するポリフェノールの一種です。

ウコンは二日酔い対策に効果があると有名ですが、これはクルクミンの肝臓への作用によります。

クルクミンは、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあり、この働きによって二日酔いが緩和されるのです。

また、クルクミンは胆汁の分泌を促進し、肝臓の機能を回復させる働きもあります。

胆汁はコレステロールから生成されるため、クルクミンによって胆汁の分泌量が高まると、胆汁生成のためにコレステロールが大量に使用されるようになり、血中のコレステロールを低減させる事ができます。

クルクミンは肝臓への効果だけではなく、高い抗酸化力を持つ成分としての一面も持っています。

摂取されたクルクミンは体内でテトラヒドロクルクミンと呼ばれる強力な抗酸化力を持つ物質に変換されます。

テトラヒドロクルクミンによって活性酸素が除去されると、細胞の劣化やがん化を防止する事ができます。

クルクミンの効果をまとめると次のようになります。

  • 肝機能の改善
  • 肝臓の解毒機能の向上
  • コレステロールの低減
  • 体の老化防止

ウコンの効果

c4313548f63bc0399b0cc6da732b5614_s

ウコンの健康効果は主に、クルクミンと精油によってもたらされます。

肝臓への効果が広く知れ渡っていますが、ウコンにはそれだけではない多岐にわたる作用が報告されています。

血流を改善する

ウコンに含まれているクルクミンは、高い抗酸化力によって過酸化脂質の生成を抑制します。

過酸化脂質は、血管にこびりついて血液の通り道を狭めてしまいます。

また、クルクミンには胆汁分泌促進によるコレステロール低減作用があるため、血液をサラサラに改善する効果も期待できます。

心身をリラックスさせる

ウコンに含まれる精油成分の一つにカンファーが挙げられます。

カンファーは楠に多く含有されている事から、樟脳とも呼ばれており、優れた防虫効果を発揮します。

実はカンファーには心身をリラックスさせる作用や血行を促進する作用もあります。

そのため、ウコンの摂取により、心因性のEDを改善する効果が期待できます。

参考:http://www.wakasanohimitsu.jp/

肝機能を高める

ウコンに多く含有されるクルクミンには、胆汁の分泌を促進する事により、肝臓の負担を軽減し、肝機能を高める効果があります。

肝臓は解毒や代謝、排出など生命維持に欠かせない役割を担っています。

肝機能を高める事は、健康的な生活を送る上でとても大切な事なのです。

生活習慣病を予防する

ウコンには、コレステロールの低減や過酸化脂質の生成抑制作用があります。

過酸化脂質や余剰したコレステロールは血管の壁にこびりつき、プラークという塊を形成して、動脈硬化を進行させます。

ウコンによって動脈硬化が防止されると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを低下させる事ができます。

また、国民病とも言われる糖尿病は活性酸素によってその罹患リスクが高まる事が報告されています。

ウコンの抗酸化作用は、糖尿病の予防にも繋がるのです。

脳機能を高める

ウコンが豊富に含有されているカレーの摂取によって脳機能が高まったという研究結果が報告されています。

実はウコンに含まれるクルクミンには、脳を健全にするという作用もあります。

さらに、最近の研究では、アルツハイマーの原因となるタンパク質の蓄積を抑制する事で、アルツハイマー病を予防するという効果が報告されています。

体の老化を防止する

クルクミンは体内で強力な抗酸化物質に変化します。

高い抗酸化力によって活性酸素が除去されると、細胞や血管の劣化を抑制し、体の老化を防止する事ができます。

また、精子は酸化ストレスに弱いため、精子の保護にも効果が期待できます。

ウコンの摂取量と副作用

8c5af673fcbfa421519d57067fdd95be_s

ウコンの健康効果を得るためには、1日あたり0.5mg以上の摂取が推奨されています。

また、ウコンの有効成分であるクルクミンが油に溶けやすい性質を持っている事から、油分と一緒に摂取するとより効果的です。

ウコンは、肝臓に働きかけるため、肝臓に何らかのトラブルを抱えている方は自己判断での摂取を控え、医師に相談するようにしてください。

また、妊婦や授乳中の女性も同様に摂取に際しては、医師への相談を推奨します。

ウコンは副作用が少ない生薬として有名ですが、過剰摂取には注意する必要があります。

長期間過剰摂取する事で、肝臓障害を起こす危険があるため、サプリメントなどを利用する際は、服用量をしっかり守るようにしてください。

まとめ

ウコンには肝機能の向上を始め様々な健康効果がありますが、精力に関しては間接的な効果しか期待できません。

間接的な作用についても、他の精力剤の効果よりも見劣りするため、精力アップを見込んでの使用はあまりおすすめできません。