アスパラガスと性欲の関係

a5c902a6b24c187e9ab622f17d5cd991_s
普段何気なく食べているアスパラガス。

実はアスパラギン酸やルチン、亜鉛など
性欲が上がる成分が意外と入っているんです。

そんなアスパラガスと性欲の関係を紐解いていきましょう!!

アスパラガスに入っている栄養素

66cf48d9bc8adaa96ed6029828b93c21_s
まずアスパラガスには
性欲に関係する以下の成分が入っています。

  • アスパラギン酸
  • ルチン
  • 亜鉛
  • 葉酸
  • ビタミンE

これらの成分が性欲に関係してくるんですね。

では1つずつ見て行きましょう。

アスパラギン酸が精力アップに!

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

アスパラギン酸はアスパラから発見された!

アスパラギン酸とはアミノ酸の一種なのですが
体内で作り出すことができないので、食べ物から摂取しないといけないのです。

1806年にアスパラの汁から発見された成分なので「アスパラギン酸」とついているのです。

アスパラギン酸と性欲の関係

アスパラギン酸は新陳代謝を促して疲労回復に効果があると言われています。
またカリウム、マグネシウム、カルシウムと言ったミネラルと結合して体の隅々まで運んでくれます。

これらのことから、疲労回復に効果があるとされています。

さらにこのアスパラギン酸は興奮系の中枢神経にも働きかけるため「勃起」をするための指令を出してくれる効果もあるんです。

お酒を飲むと「たたない」という経験をしたことがあると思いますが
その原因は「中枢神経」が麻痺しているから。

アスパラギン酸はその逆で勃起に必要な「興奮」を促す中枢神経を刺激してくれるのです。

その他の嬉しい効果

その他にも尿の合成をサポートし、スムーズに尿の排出をしてくれる効果があります。

アスパラを食べてトイレに行った時に意識してほしいんですが
「おしっこがとても臭くなる」と思います。

これも
尿の合成を手助けして、積極的に排出する時の「嬉しい副作用」とも言えます。

そういった点で、スムーズに「アンモニア」という毒素をデトックスしてくれる嬉しいものなのです。

ルチンが血管強化作用に!

82aaa68faad1f1d5e070994e2ca94017_s
さらにアスパラガスには「ルチン」という成分が多く入っています。

このルチン、毛細血管を強化し、血流を良くする働きがあるのです。

勃起というのはペニスに血液が流れ込んでおこるものです。

つまりメタボの人やドロドロ血の人は勃起不全になりやすいのです。

逆に生活習慣が良かったり、運動を適度にしている人は血液がサラサラなので勃起しやすいんですね。

そういった意味で、ルチンは血液サラサラ効果があるので、勃起しやすい体質にしてくれるのです。

血液をサラサラにしてくれるということは
「脳卒中」「動脈硬化」などの予防にもつながります。

性欲に関係するその他の栄養素

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s
アスパラガスにはアスパラギン酸、ルチン以外にも性欲に関係する栄養素が入っています。

亜鉛

それほど多くはないですが、亜鉛も含まれています。
亜鉛は精子をつくる時に重要な役割を果たします。
精子量が増えると性欲もアップします。

葉酸

アスパラガスには他の野菜に比べて多くの葉酸が入っています。
葉酸と性欲は直接関係ないですが
葉酸をしっかりとると「元気な精子」がつくられやすくなります。

葉酸をしっかり摂取することによって「染色体異常」の精子が減少し不妊にも役立つのです。

また葉酸は血液を作る作用もあるので元気な体を維持できます。

ビタミンE

ビタミンEにも血液をさらさらにする効果があります。

またビタミンEは男性ホルモンの分泌を促進するので精子量がアップし性欲増加につながります。

アスパラガスのその他効能

これらの栄養素から以下のような効能が期待されています。

疲労回復、風邪予防、がん予防、高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、老化予防、貧血予防
参考

まとめ

このようにアスパラガスは性欲と関係する栄養素がたくさん入っています。

特にアスパラギン酸は中枢神経に働きかける作用があるので、大事な夜の前に食べておきたいですね。

またルチンが血液をさらさらにする効果もあるので、大事な夜の前だけでなく、定期的に摂取し勃起しやすい体にしておきたいですね。