日本において、古くは縄文時代から食べられていたと言われるうなぎ。

夏バテ予防にうなぎを食べると良いと言いますが、うなぎを食べると本当に精力がつくのでしょうか?

精力アップにうなぎのどんな成分が有効なのかについて、まとめてみました。

栄養価の高いうなぎで精力パワーアップ!

0cffb8c2b1c5f3fde65ba42bf58186b2_s

国内だけではなく海外でも食されているうなぎは、大変栄養価の高い食材として知られています。

うなぎには、私たちの体の健康維持に欠かせない栄養分が豊富に含まれていますが、主に下記のような成分が含まれています。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2)
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ミネラル(亜鉛、鉄など)
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)

これらのうなぎの栄養素の中には、精力増強に効果があるとされているミネラルやビタミン類が多く含まれており、「うなぎを食べれば精がつく!」と言われているのも納得できると言えるでしょう。

うなぎのビタミンBが精力増強に効果的なその理由とは?

一般的に、うなぎに含まれているビタミンB群は、美容と疲労回復に効果があるとされている成分です。

さらに、うなぎのビタミンBは精力低下を止め、男性機能を正常に維持するために欠かせない男性ホルモンや、成長ホルモンの働きを活発にしてくれるという嬉しい作用があるのです。

ビタミンB群は、脳のエネルギー源となる炭水化物などの糖質をエネルギーに変える助けをします。

ビタミンB群の働きによってエネルギーが満たされた脳は、成長ホルモンや男性ホルモンを活発に分泌するようになります。

ちなみに、成長ホルモンは成長期はもちろん、大人になっても体内で分泌されているホルモンで、私たちの体をいつまでも若々しく保つ助けをしてくれます。

精力増強に必要不可欠な男性ホルモンの分泌を促進し、若々しい肉体を保つために必要な成長ホルモンの分泌をも促すうなぎのビタミンB群。

精力をアップさせたい男性にとって、まさにうってつけの栄養素なのではないでしょうか。

ビタミンEが男性機能を高めるってホント?!

アンチエイジングと美容に効果的なビタミンEですが、実は精力低下や勃起不全を改善するのにも効果があります。

ビタミンEに老化防止の効果があるとされているのは、ビタミンEが強い抗酸化作用を持っているからに他なりません。

この抗酸化作用によって体内の細胞の老化を防いで血管をも若々しく保ち、さらに血管拡張の作用によって血液をサラサラにします。

つまり、血行を促進するために、海綿体組織に血液がまんべんなく行き渡るようになり、血行不良によるEDの方の悩みを解消してくれるのです。

さらに、うなぎのビタミンEには、精子の数を増やす働きだけではなく、活性酸素から精子を守ってその質と運動力をも高める働きをすることが明らかになっています。

そして男性機能の向上を高めるためには、男性ホルモンの働きが欠かせませんが、ビタミンEはホルモンの生成と分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きをします。

精力向上に必要なビタミンEですが、うなぎにはそのビタミンEが豊富に含まれおり、100g中に4.9mgものビタミンEが含まれています。

ビタミンEの1日の摂取目安量が6mg~7mgであることを考えると、市販のうなぎ1パック(およそ160gほど)を食べると、1日に必要な量のビタミンEを十分摂取することができるでしょう。

ただし、うなぎに含まれるビタミンEが、精力増強と男性機能の向上に効果があると言っても、過剰摂取は骨がすかすかになる、骨粗しょう症の原因になるとされているため注意が必要です。

参考URL
うなぎのビタミンE含有量に関する参照サイト
http://www.yamabuki.co.jp/

うなぎに含まれるミネラルとEPA(エイコサペンタエン酸性)が効く!

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s

うなぎには、精力アップの強い味方である亜鉛と鉄が含まれています。

主に赤血球を作る成分である鉄ですが、体内の鉄分が不足してしまうと疲れやすくなってしまいます。

疲れやすい体では、スタミナもなく精力がみなぎっているとはとても言えないでしょう。

そのため、うなぎに含まれている鉄分を体内にとり入れるなら、スタミナがつき精力アップが期待できます。

また、亜鉛と鉄は精子や精液の生成に深く関わりがあります。

  • 鉄は精子が作られるのを促進し、
  • 亜鉛によって精子が合成され、精子を活発にします。

興味深いことに、淡水魚に分類されているうなぎには、海の幸である他の魚介類同様、

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

が含まれています。

精力アップに効果があるのはうなぎに含まれているEPAで、血液の流れを妨げるコレステロールに作用し、血栓ができるのを防いで血行をよくします。

そうして血液の流れが良くなるため、勃起力を強めるのに効果があります。

うなぎ100g中には、

  • 亜鉛:2.7mg
  • 鉄分:0.8mg
  • EPA:742mg

が含まれています。

それぞれに1日に必要とされている摂取量にはわずかに届かない程度ですが、その他の食材とうまく組み合わせることによって、1日に必要な摂取量を満たすことができるでしょう。

参考URL
うなぎの亜鉛と鉄分、EPA含有量に関する参照サイト
http://www.ccnet-ai.ne.jp/

まとめ

今回は、精のつく食べ物として知られているうなぎが、本当に精力アップに効果があるのかどうかについてご紹介しました。
夏の土用の丑の日には欠かせない食材であるうなぎですが、天然うなぎの本当の旬は、脂ののった冬の間だそうです。
ビタミンやミネラルが豊富で精力増強も期待できるうなぎ、ぜひとも積極的に食べるようにしたいですね。