国内のスーパーマーケットでは、一年を通して姿を見掛ける「あさり」。

しかし、一年中旬なわけではありません。一般的にあさりの旬は、2~4月ごろとされています。

春先と秋の産卵期前のアサリの身は、よく肥えて美味しく、栄養も満点。

ただ美味しいだけではなく、精力増強にも効果のあるあさりですが、あさりのどんな成分が精力アップに効くのでしょうか?

あさりに含まれている成分について

fa3f78f500c9071b0e16f83011eb95e4_s

あさりには、下記の成分が豊富に含まれています。

  • 豊富なアミノ酸類(オルニチン、タウリンなど)
  • ビタミンB2
  • ビタミンB12
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • ミネラル(鉄分、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)

肝臓に効果があるあさりが精力アップに効く理由

aaa935aa09a5c4768ab6e370edad4313_s

良質なタンパク質の源であるあさり。

食品に含まれる、必須アミノ酸の含有量を評価した数値であるアミノ酸スコアにおいて、あさりのアミノ酸スコアは81(上限100)となっています。

つまり、あさりにはアミノ酸がたっぷり含まれている、と言えるでしょう。

あさりに含まれているアミノ酸には、体内でタンパク質に変わるものと変わらないものが存在します。

体内でタンパク質に変わらないアミノ酸は、遊離アミノ酸と呼ばれ、そのままの形で機能することになります。

そんな遊離アミノ酸の一種であるオルニチンは、私たちの腸で吸収され、肝臓を保護するのに大きな役割を果たします。

疲労の原因となるアンモニアの分解と解毒を行う肝臓は、オルニチンの助けによってアンモニアを代謝します。

そうすることで私たちの身体は疲労回復し、疲労と過労によって低下していた男性ホルモンの機能を向上させることで、精力アップに繋げることができます。

あさりのタウリンで血液サラサラになって精力復活!

あさりの主な旨味成分であるタウリン

アミノ酸の一種であるタウリンにはさまざまな効能があり、血中の悪玉コレステロールを撃退し、新陳代謝を活発にしてくれます。

そして、肝臓の排出とろ過機能をサポートし、中性脂肪が肝臓にたまることで引き起こされる脂肪肝になるのを防ぐ働きがあります。

つまりタウリンは、生活習慣病の予防に効果があるとされているため、「あさりのタウリンってすごい!」と感動するのも当然でしょう。

しかしそれだけに止まらず、コレステロールを撃退して高血圧や動脈硬化を防ぎ、勃起機能をもアップさせてくれるので、タウリンが精力向上に効果があることが理解できるのではないでしょうか。

お酒の飲みすぎで勃たなくなったらタウリン頼み?

あさりに含まれるタウリンは、アルコールの摂りすぎで減退した勃起力と精力を回復させることができます。

アルコールが体内に入ると、それを分解しようとビタミンB類やビタミンC、そして亜鉛などのミネラルが大量に消費されてしまいます。

実は、アルコール分解で消費されるこれらの栄養素は、男性ホルモンの分泌するなどの男性機能を維持するために欠かせないものです。

つまり、アルコールを飲みすぎると、精力を維持するのに必要な栄養素をその分解で使用してしまうため、勃起力が減退することになります。

しかしタウリンには、酵素を活性化させて胆汁の分泌を増加させる作用があります。そうすることによって肝臓機能を助け、アルコールの分解を早めるのです。

アルコールの分解が早まれば、それだけ精力を回復するのも早まるというもの。

「今日は飲みすぎたなあ。」という場合には、あさりを使った料理でタウリンを補給してあげると良いでしょう。

あさりの葉酸とビタミンB12で精力減退を改善しよう

妊活中の女性や、妊娠中の女性が積極的に摂取している葉酸ですが、実は男性にも効果がある成分だということをご存知でしたか?

妊娠力をアップさせる葉酸は、男性の精力減退を改善する効果が期待できます。

あさりに含まれている葉酸は、動脈硬化を予防する働きがあるため、血行不良による勃起不全になるのを防ぐことができるでしょう。

血液中のホモシステイン濃度が上昇すると、動脈血栓や動脈硬化になるリスクを高めます。

しかしながら、あさりに豊富に含まれているビタミンB12と葉酸を摂取することで、ホモシステインの代謝を促し、ホモシステイン濃度を下げることができます。

また、基礎代謝を上げて下半身の代謝をアップさせ、体のすべての機能を向上させるためには、代謝を促進する栄養素である葉酸が欠かせません。

そのため、生殖力や勃起力などの精力を回復させるために、葉酸を適度に摂取することが好ましいと言えるでしょう。

ちなみに、可食部のあさり100gに含まれているビタミンB12の含有量は、52.4マイクログラムです。

摂取しすぎても副作用のないビタミンB12が体内で不足すると、貧血だけではなく感覚異常やうつ病。さらには神経障害や慢性疲労のような症状が起こってしまいます。

これらは、直接的には精力減退とは関係がないかもしれませんが、体の異常は正常な精力を保つのを難しくさせるでしょう。

ですから、ビタミンB12をたっぷり含んだあさりを食べるなら、身体的にも感情的にも精力を向上して維持する助けになるのではないでしょうか。
参考URL:http://calorie.slism.jp/

まとめ

今回は、あさりに含まれている成分が、精力増強にどのような効果を発揮するかについてご紹介しました。

食材としても優秀なあさりなら、いろいろな調理方法で飽きることなく食べることができるのではないでしょうか?

特に旬の時期のあさりは栄養価もいつもよりも高いため、ぜひあさりの旬には精力アップを目指して食卓に登場させるようにしたいですね!